大宮や京都を指揮したピム・ファーベーク氏が63歳で死去…長年ガンと闘う

かつて大宮アルディージャや京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)でも指揮を執り、韓国代表やオーストラリア代表でも指揮を執ったピム・ファーベーク氏が他界した。63歳だった。

ファーベーク氏は、長年にわたりガンを患っており、闘病生活を送りながらも古巣であるスパルタ・ロッテルダムの技術委員会のメンバーとして働いていた。

ファーベーク氏は、NACやローダ、スパルタ・ロッテルダムでプレー。しかし、24歳で度重なるケガの影響により現役引退を余儀なくされていた。その後はトレーナーへの道を歩み、1984年7月にユニタスで監督業をスタート。その後は、デ・フラーフスハップやフェイエノールト、ワゲネンヘン、フローニンヘン、フォルトゥナ・シッタートとオランダのクラブで監督を務めていた。

1998年7月に日本へやってきて大宮の監督に就任。大宮がJ2に参入した初年度に監督を務め1年半という短い期間だったが、オランダ式の組織的なサッカーを植え付け、現在の大宮の礎を築き上げた。その後はオランダ代表のスカウトを務め、フース・ヒディング監督の下で韓国代表のアシスタントマネージャーに就任。日韓ワールドカップでの4位に貢献していた。2003年7月から京都の監督に就任するも、残留争いの中で解任された。

その後も、韓国代表やオーストラリア代表で監督を務め、オーストラリア代表ではアジア予選を初めて戦う監督として就任。2010年の南アフリカ・ワールドカップでも指揮を執った。その後、モロッコの育成年代を指揮し、2016年12月からはオマーン代表の監督に就任するも、今年2月に退任していた。

古巣であり、技術委員を務めていたスパルタ・ロッテルダムもファーベーク氏の死を報告。「スパルタ・ロッテルダムは、家族、友人、知人、そしてスパルタのファミリー全員が、この大きな悲しみを乗り越えるための力になることを願っている」とコメント。週末のヴィレムⅡとの試合では喪章をつけることも発表した。

超WORLDサッカー! 11/28(木) 22:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-00365197-usoccer-socc

写真:Getty Images
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-00365197-usoccer-socc.view-000




 

7 :2019/11/28(木) 23:53:16.17

アジアカップで日本と対戦したときもガンに侵されてたのか…

 

9 :2019/11/28(木) 23:59:33.58

大宮と韓国代表のイメージ
ご冥福をお祈りします

 

13 :2019/11/29(金) 00:08:32.77

大宮時代だったと思うが
主審に講義しまくった結果退場くらって、直でメインスタンドの空いてる席に座ってたシーンを覚えてる

 

20 :2019/11/29(金) 01:06:07.18

三浦の前だっけ?
弟も三浦の後に大宮で監督やってたな

 

22 :2019/11/29(金) 02:16:38

ヨルンが先に待ってるよ(´・ω・`)

 



31 :2019/11/29(金) 04:22:49

オーストラリアの監督してた印象が強い

 

35 :2019/11/29(金) 06:15:57

ピムに捧げるJ1昇格

 

36 :2019/11/29(金) 06:46:30

jをちょいちょい首になってたな
オージー監督やってる時に
オージー代表は日本代表よりすげえんだぞって岡田にドヤってた

 

41 :2019/11/29(金) 10:44:00.13

ある意味J2戦術の一形態を作り上げた、とも言えるよね
戦術J2の創成期に居ただけだが

 

42 :2019/11/29(金) 11:06:11

ユ・サンチョルもステージ4の膵臓ガンだそうだ

 

43 :2019/11/29(金) 11:31:31.40

弟が大宮の監督やってたときに3人同時交代して度肝抜かれてたな
ご冥福をお祈りします

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1574952379/

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のタイトルとURLをコピー