宇佐美貴史の覚醒を導いた食事改革「体重は2、3kg落ちました。身体が軽くて全然違う」

宇佐美貴史の覚醒を導いた“食事改革” 「2、3kg」の減量に成功「身体が軽くて全然違う」

ハリルの“秘蔵っ子”が9カ月ぶりに代表帰還、復調の要因を明かす

 デュッセルドルフの日本代表FW宇佐美貴史は、2月から3月にかけてブンデスリーガ2部で4試合連続ゴールを挙げるなど、まさに絶好調だ。その一方で、過去には潜在能力を買うバヒド・ハリルホジッチ監督から体脂肪率で苦言を呈されたこともあった。ただしここに来て「2、3kgの減量」に成功した模様だ。国際親善試合マリ戦(23日)とウクライナ戦(27日)に向けて9カ月ぶりに招集された日本代表のトレーニング後、“食事改革”について語っている。

 昨夏アウクスブルクからデュッセルドルフに移籍した宇佐美。2016年夏に二度目のドイツ挑戦を決意して以降、出番に恵まれていなかったこともあり「最初の半年がすごくきつかったし、コンディションが上がっているようで上がっていなかった。試合に出てみたら、きついというケースもありました」と、試合勘が整わず苦労したことを明かした。ただし、こうも続けている。

「冬のシーズンオフにいろんな話をして、トレーニングや勉強をして積み重ねましたね。『このままじゃダメだ』というのを最初の半年で思ったので、そこが生きていると思います」

 冬の移籍市場でFW原口元気が加入したことが精神的にも大きかったと同時に、普段からの取り組みも変えたようだ。

「例えば食事ですね。そういったところを教えてくれる人と出会う機会があって、食事を摂るタイミング、どういった栄養素を摂ればいいかというアプローチを聞きました。変えたことで体にフィードバックがきています。ストレスを抱えないように、息抜きで甘いものを食べることもありますが、基本的には消化を邪魔するものは一切カットしています」

「感覚的に絞れているし、筋力もつきました」

 この“食事改革”の効果はてきめんだったようだ。「体重は2、3kg落ちました。感覚的に絞れているし、筋力もつきました。身体が軽くて、全然違うな」と、プレーのキレに直結していることを実感している。ドイツでの「生きるか死ぬか、自分の居場所を守れるか守れないかという競争」の中で、宇佐美の取り組みが変化し、好循環が生まれたのは間違いなさそうだ。

 それでも本人は「今現在、跳ね返りというのでいい部分は出ています。ただ、それが全てではないと思いますし、やってきたことが正しかったと言い切るのは早いと思う。この2試合で成功して、ワールドカップに出られても成功とは限らないですしね」と慢心していない。

 10代の頃から期待され続けた天才アタッカーは、心技体が揃った状態でロシア・ワールドカップ出場に向けたサバイバルに臨む。

Football ZONE WEB 2018.03.21
https://www.football-zone.net/archives/95490

 

5 :2018/03/21(水) 23:27:00.55

今頃こんなこと言ってるのか

 

8 :2018/03/21(水) 23:28:47.84

10年前からやっとくべきことだったんじゃ

 

12 :2018/03/21(水) 23:32:11.15

でもガンバでは体重有ったときの方がパフォーマンス良かったんだよなぁ
天皇杯の山形との決勝ではDFをフィジカルで吹っ飛ばしてゴール決めてた。

体脂肪のこと言われて、ダイエット始めてから急激にゴール数とか落ちたし。

 

17 :2018/03/21(水) 23:36:11.36

あんなガリガリだとスタミナ切れるんちゃうか
脂肪あった方がいいだろ

 

41 :2018/03/21(水) 23:50:25.62

コイツ体重や体調の管理が難しいタイプなんだろ
前から思ってるけど

 

42 :2018/03/21(水) 23:50:28.00

やっぱり宇佐美に必要なのは色々と教えてくれる人だったか
原口とか岡崎みたいにもっと早く自分から動いてたら

 

46 :2018/03/21(水) 23:51:49.93

メッシも基本は糖質コントロールしてるだろ。
野菜と肉中心の食事にしたら体調が良くなったといってた。

減らしすぎたらダメなだけ。

 

48 :2018/03/21(水) 23:53:44.56

某野菜ソムリエ兼管理栄養士に戦力外通告

 

49 :2018/03/21(水) 23:54:06.47

立場的にも年齢的にもここまで追い込まれないと栄養管理レベルのストイックさを維持できないのもある意味すごいな

 

56 :2018/03/21(水) 23:57:48.76

体脂肪についてはハリルが正しかった

 

72 :2018/03/22(木) 00:13:44.58

メッシ
「23歳までチョコやケーキや炭酸飲料を食べていた。
今は肉や魚や野菜を規則正しく食べている」

ロナウド
「高タンパク食品、炭水化物、果物、野菜をバランス良く食べる。
水分補給にも気を付ける」

レヴァンドフスキ
「ミューズリー、牛乳、豆乳、精白小麦を止めて、アーモンドミルク、ライスミルク、ココナッツミルクに変えた。
チョコはカカオ100%を食べる」

ピサロ
「ジャガイモ、トマト、ナス、精白小麦、牛乳、パンを食べなくなった」

アグエロ
「肉、パスタ、砂糖を減らした」

イグアイン
「肉を減らして、魚介類を増やした。砂糖と果物を蜂蜜に変えた」

 

89 :2018/03/22(木) 01:31:05.95

代表の紅白戦は左サイドやってるみたいなんだけど右で見てみたいんだよな

 

111 :2018/03/22(木) 02:15:27.44

代表にそういうコーチいないのか? いないでハリルはああだこうだ言うのか?

 

121 :2018/03/22(木) 02:31:32.16

>>111
代表の栄養管理者の仕事は招集から解散まででしょ
身体を作るのは本人とクラブの仕事
クラブを転々とする海外組は、本人に自覚がないとどうしようもない

 

136 :2018/03/22(木) 05:04:02.01

嫁の飯は長生きできるぞ。
引退後なら最高だ。
アスリートの飯はまた特殊だからな。

 

146 :2018/03/22(木) 06:46:42.86

2、3k落とすのに何年かかってんだよ

 

171 :2018/03/22(木) 09:39:42.62

ハリルの体脂肪に文句言ってたやつらはどうすんの

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1521642246/