東京五輪代表「オーバーエイジ3枠」の“適任者”は? コロンビアに0-2完敗…見えた弱点

東京五輪まで残り8カ月…課題が多く残るなかでOA枠として必要な選手は?

 森保一監督率いるU-22日本代表は17日、国際親善試合のU-22コロンビア代表戦(広島)に臨み、0-2で完敗した。A代表のMF堂安律(PSV)とMF久保建英(マジョルカ)が初の同時先発となった一戦。3-4-2-1のシステムで2シャドーに堂安と久保が入ったが、後半には4バックに変更して前線に人数をかけた。だが、ゴールを奪うことができず、来年開催される東京五輪に向けて多くの課題を残す結果となった。本大会ではオーバーエイジ(OA)枠として、24歳以上の選手を3人まで起用することができるが、“適任”と言える人材は一体誰だろうか――。

 コロンビア戦の前半、日本は東京五輪世代が立ち上げから採用してきた3-4-2-1システムで主導権を握ろうとしたが、なかなか形を作れなかった。最終ラインが5バック気味となり、中盤からもボールを運べず。前線の3人に敵陣の危険な位置でパスが入ることは少なく、堂安と久保の連係で突破を試みたが、結局は後半に2失点。同17分からはMF三好康児(アントワープ)を投入し、システムをA代表と同じ4-2-3-1に変更して、2列目に左利きのアタッカーを3人並べる布陣となった。

 前線に4人を置くことで、チャンスは作り始めたが、最後までゴールを割ることはできなかった。試合後、堂安は「僕とタケ(久保)のところに入って前向いた時に、(上田)綺世くんとタケしか選択肢がなかった」と振り返った。久保も「ハーフタイムに意見として出ていたのは、せっかく3バックでやっているのだから、サイドを上げていこうと。攻撃の時に5バック気味になってしまうのはもったいない。ウイングバックを押し上げるためにどうするかということを、考えないといけないという話をしました」と語る。

 東京五輪まで残り8カ月。五輪世代でも欧州組が増え、A代表と兼任している選手もいるなかで、長期の合宿を組むことは難しい。今回、森保監督は「現段階のベストメンバー」を招集。DF冨安健洋(ボローニャ)や成長著しいMF田中碧(川崎フロンターレ)は負傷でメンバーから外れたが、コロンビア戦を終えてオーバーエイジとして“適任”と感じられたA代表の3選手を挙げてみたい。

◆柴崎岳(デポルティボ)

 最終ラインから中盤を経由して、個の打開力がある前線へとつなげる。3-4-2-1でも4-2-3-1でもボランチから中央、サイドへと展開する“かじ取り役”が柴崎にはできる。この日、縦パスがなかなか入らなかった理由を、堂安は「2ボランチが中にいて、シャドーも中にいて、センターバックが持った時に、僕のポジションとボランチのポジションがかぶるので縦パスが入れられない状況になっていた」と説明。柴崎はA代表では、主将のDF吉田麻也(サウサンプトン)の不在時にはキャプテンマークを巻くなど、チームを牽引する力もある。

足りないのは、得点力とサイドの制圧

◆大迫勇也(ブレーメン)

 所属するブレーメンとの交渉次第になる可能性が高いが、A代表も大迫頼みからなかなか脱却できないなかで、一発で仕留められる力はやはり東京五輪代表にも必要となる。前線でボールを収めて起点になることができ、決定力も備える“なんでも屋”。堂安との相性も良く、2列目を生かす力、気の利いたプレーができる。前線に1人入ることで、チームの攻撃の幅を広げられる人材だ。

◆酒井宏樹(マルセイユ)

 コロンビア戦では久保も話していたように、ウイングバックの使い方がポイントとなった。前半はピッチを広く使い、サイドと中央の使い分けが上手くいかずに攻撃が停滞。前線を追い越すプレーもあまり見られず、クロスからチャンスを作る回数はほとんどなかった。最近のA代表でもサイドがカギとなっているが、酒井の存在感は日に日に増している。特に堂安、久保、三好と左利きの2列目が多いなかで、いかに右サイドを制するかは中央を突破するためにも必要。オーバーエイジ枠として“適任”ではないだろうか。

 まだ、年末の12月28日にはU-22ジャマイカ代表との対戦もある。来年1月にはアジアU-23選手権(タイ)もあり、森保監督が率いてこれから実戦を積むことができる。東京五輪世代の成長にも期待しながら、日本として本大会でメダルを獲得できるように、オーバーエイジ枠の活用も心待ちにしたいところだ。

(Football ZONE web編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi)

Football ZONE WEB 2019.11.18
https://www.football-zone.net/archives/229784

U-22日本代表【写真:浦正弘】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191118-00229784-soccermzw-socc.view-000




 

3 :2019/11/18(月) 08:11:15.72

ボランチ本田

 

6 :2019/11/18(月) 08:13:13.58

本田がOA狙ってクラブでボランチでのプレー希望してるのはそこが狙い目だからだな
本田はともかくボランチは確実にOA使うだろう

 

10 :2019/11/18(月) 08:14:47.50

4バックにして右に橋岡使ってほしいな

 

13 :2019/11/18(月) 08:16:08

柴崎で問題ない。
世代別とAでW杯経験している選手はレベルが違うからね。

 

18 :2019/11/18(月) 08:18:06.77

酒井ゴリ使うなら右のCBで立田のとこ冨安だね。CBが豊富な世代だけど、おもったほど皆伸びてない。東京の渡辺くらいか。

 



19 :2019/11/18(月) 08:18:11.42

大迫と酒井は適任だろうね。
柴崎だけはない。日本国内では評価されてるけどほんと謎。

 

38 :2019/11/18(月) 08:25:49.86

俺は柴崎よりは長谷部を推したい

 

49 :2019/11/18(月) 08:28:12.06

サイドなんか走れれば誤魔化せるから酒井で使うのはもったいないからな
センターラインのポジションが一番重要

 

51 :2019/11/18(月) 08:28:19.24

ぶっちゃけ南野がほしい

 

61 :2019/11/18(月) 08:32:38

本田さんが仲間になりたそうにこちらを見ている

 

63 :2019/11/18(月) 08:32:58

森保は青山呼びそう

 

64 :2019/11/18(月) 08:33:45

昨日の中盤酷すぎたからボランチ本田は全然ありだと思ったな~話題性、視聴率の関係からも損は無いよね

 

77 :2019/11/18(月) 08:39:48

長谷部が一番適任

 

95 :2019/11/18(月) 08:47:14.13

ボランチは柴崎が弱いったって、他にそれ以上はいないだろ。
長谷部はもうきついだろうしさ。

 

107 :2019/11/18(月) 08:50:47

ボランチは田中碧や齊藤未月もいるけどな

 

111 :2019/11/18(月) 08:51:11.28

得点力とポストプレーに於いて大迫以外ないやろな

 

121 :2019/11/18(月) 08:53:23

柴崎とかクラブで微妙なやつの就活の場に使われるのは勘弁してほしい

 

125 :2019/11/18(月) 08:54:40.38

組織作れないなら
中島でいい
守備免除で前線に張らせとけ

 

129 :2019/11/18(月) 08:56:51.83

とりあえず大迫か南野を呼びたいよな
上田はやっぱり臭覚の鋭いノーゴーラーだから代えなあかんと思う

 

133 :2019/11/18(月) 08:58:21.95

大迫断られて浅野あたりがきそう

 

134 :2019/11/18(月) 09:00:43.35

誰でもいいから、まず枠内シュート出来るやつが欲しい

 

145 :2019/11/18(月) 09:03:54.93

ボランチ2枚は確定
柴崎遠藤ならクラブも出してくれるだろ
中山じゃサッカーにならない

 

177 :2019/11/18(月) 09:12:19.49

柴崎はどうかなあ
でも昨日の中山見ちゃうと柴崎でもいいかって思えちゃうな

 

208 :2019/11/18(月) 09:22:00.32

キーパーにOA使ってくれ
あの1失点目とクロス対応じゃきついわ

 

223 :2019/11/18(月) 09:25:35.51

ボランチは大島、田中碧の川崎コンビが良さげだが、大島が怪我しそうだから、だめかな

 

244 :2019/11/18(月) 09:31:40

それにしても中山は何か悪いもんでも食ったのか?w

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1574032109/

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のタイトルとURLをコピー

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット