久保建英の反骨心を刺激した「心ない言葉」

久保建英の反骨心を刺激した「心ない言葉」

 利き足の左足に心地よい感触を残し、胸中には呪縛から解き放たれた安堵の思いを抱きながら、ヨーロッパの4大リーグにおける日本人最年少ゴール記録を12年ぶりに塗り替えた18歳が、約8ヶ月ぶりに東京五輪世代となるU-22日本代表に合流した。

 10日のビジャレアルとのラ・リーガ1部第13節で移籍後初ゴールを決めたMF久保建英(RCDマジョルカ)が13日、広島市内で行われているU-22日本代表合宿に初日から2日遅れで参加。約30分間の軽めのメニューで練習を終えた後に、まだ記憶に新しいゴールを意外な言葉で振り返った。

「やっぱり数字で結果を残さないと心ない言葉とかも、何て言うんですかね、まあ見えたりしますし、そういう意味では自分の結果で周囲の反応とかを変わらせるしかないと思っていたので。そういうことがひとつできて、よかったと思っています」

 マジョルカのホーム、エスタディ・デ・ソン・モイシュへ駆けつけた、ファンやサポーターの目の前で待望の瞬間は訪れた。2-1とリードして迎えた後半8分。右サイドからゴール中央へシフトしてきた久保が、左サイドにいたMFアレックス・フェバスへ小さく手招きしながらパスを呼び込んだ。

 右足でトラップしたボールの置き場所を軽く整えた直後に、迷うことなく左足を振り抜く。ペナルティーアークの左側、約18mの距離から放たれた強烈な弾道が美しい弧を描きながら、ゴールの右隅へと吸い込まれていく。ダイブした相手キーパーもまったく手が届かない完璧な一撃だった。

 このときの久保は18歳5ヶ月6日。スペイン、イングランド、イタリア、ドイツのヨーロッパ4大リーグにおいて、FW森本貴幸(現アビスパ福岡)がセリエAのカターニャ時代の2007年1月に初ゴールを決めたときの18歳8ヶ月21日を更新する、日本人最年少ゴールでもあった。

 同時に肩の荷を降ろす一発でもあったのだろう。今夏に電撃的に加入した世界一のビッグクラブ、レアル・マドリードから期限付き移籍して、ビジャレアル戦はちょうど10試合目の出場だった。期待が大きかった分だけ、初ゴールを決めるまでに要した505分間は長すぎると受け止められていたのか。

 久保が口にした「心ない言葉」とは、自身に対して向けられ始めていた批判の類をさす。初ゴール以外にも先制点となるPKを自ら奪取するなど、マジョルカの全得点に絡んだ久保はスペイン国内で賞賛され、スポーツ紙『マルカ』が選出する第13節のベストイレブンにも名前を連ねて帰国した。

 もっとも、12日に母国日本へ降り立った瞬間に、モードは日の丸に切り替えられている。6月以降は主戦場をフル代表に移し、カタールワールドカップ・アジア2次予選を戦ってきた久保がU-22代表に招集されるのは、FC東京でプレーしていた3月のAFC・U-23選手権予選以来となる。

 ミャンマーの地でマカオ、東ティモール、ミャンマーに3戦全勝。来年1月にタイで開催される本大会出場をともに決めたDF板倉滉(FCフローニンゲン)、MF中山雄太(PECズヴォレ)、FW前田大然(CSマリティモ)ら9人の選手たちは、U-22コロンビア代表とのキリンチャレンジカップ2019(17日、エディオンスタジアム広島)に臨むメンバーに招集されている。

 久保自身も「知っている顔ばかりなので」と、コミュニケーションの部分でブランクは感じないと言い切った。それでも今回の合宿およびコロンビア戦の個人的なテーマを問われると、こんな言葉を紡ぎながら前を見すえた。

「今回の自分はニューフェイスだと思うので、アピールが大事なのかな、と。いつもそうですけど、今回はより大事なのかなと思っています。東京オリンピックへのふるいじゃないですけど、メンバー選考の一環だと思っているので、その意味ではしっかりと気を引き締めていきたい」

 森保一監督のもとで、東京五輪へ向けた代表チームが立ち上げられたのは2017年の年末。その後のすべての活動を海外での公式戦や国際親善試合が占めてきたなかで、日本国内で初めて開催されるコロンビア戦は、来夏に迫った東京五輪に臨む男子代表チームのお披露目の場となる。

 ゆえに森保監督はメンバー発表の場で、コロンビア戦へ向けて招集した22人を「現時点におけるベストメンバー」と明言。兼任するフル代表の指揮官として14日のキルギス代表とのアジア2次予選を戦った後に、敵地ビシュケクから広島入りしてコロンビア戦の指揮を執る。

「自分だけでなくみんなが今回選ばれたことに誇りをもって、なおかつ責任を感じながら今回の親善試合を戦うことで、観に来てくれる方々に『いいチームだ』と思ってもらわないと。(今後へ向けて)期待してもらえるようなサッカーができれば」

 コロンビア戦の意義をこう位置づけた久保自身、一生に一度訪れるかどうかわからない、母国で開催されるスポーツ界最大の祭典の舞台に立つ自分の姿を常に思い描いてきた。

「オリンピックに関しては代表の枠が少ないなかで、その枠を争っていくものだと思っていますし、その枠のなかに入りたいという気持ちが変わったことはないですね」

 U-22代表が長く採用してきた[3-4-2-1]システムがコロンビア戦でも継続される場合、中盤の攻撃的なポジションは、1トップの背後に左右対で並ぶシャドーの2人となる。今回は久保をはじめ、三好康児(ロイヤル・アントワープFC)、食野亮太郎(ハート・オブ・ミドロシアンFC)、そしてU-22代表に初めて名前を連ねる堂安律(PSVアイントホーフェン)とすべてヨーロッパ組となる。

「ヨーロッパ組だから、ではなく、それぞれのチームで結果を残している選手が呼ばれていると思っています。その意味ではどこでプレーしているのかとか、所属しているクラブで先発メンバーが決まるわけでもない。今回は残された練習が少ないけど、そのなかでよりいい状態の選手が選ばれると思う」

 招集されたヨーロッパ組8人のなかで、4大リーグでプレーしているのは久保だけとなる。フル代表の一員として、ワールドカップ予選でプレーしたのも久保と堂安しかいない。それでもフル代表で培った経験などを還元して、などという役割を担うのか、という問いに対しては苦笑を浮かべた。

「立場はどうであれ、いまはU-22代表の選手としてこうしている。みんなで切磋琢磨して、言いたくないようなことも言い合えるような関係があることが強いチームだと思うので。お互い遠慮することなく、いろいろなことを言っていけたらいいと思っています」

 久保や堂安らが合流した13日をもって、招集された22人全員が顔をそろえた。14日にはサンフレッチェ広島との練習試合を実施。ピッチのなかでコンビネーションを、外ではコミュニケーションを深めながら、コロンビア戦へ臨むチームへ久保は自らを適応させていく。

(文責・藤江直人/スポーツライター)

THE PAGE 11/14(木) 6:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00010002-wordleafs-socc&p=1

リーガで初ゴールをマークした久保建英がU-22代表合宿に合流(写真:なかしまだいすけ/アフロ)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00010002-wordleafs-socc.view-000

 

12 :2019/11/14(木) 09:22:25.64

1ゴールだけで大騒ぎ

 

26 :2019/11/14(木) 09:32:17.65

別に久保じゃなくても攻撃的なポジションなのに10試合で無得点なら叩かれるわな

 

52 :2019/11/14(Thu) 09:40:24

代表はいいからリーガに集中してほしい久保は呼ぶな
いつも代表明け調子悪いんだし今の活躍もやっと戻ってきたって感じだろ

 

53 :2019/11/14(Thu) 09:40:33

あのチームで得点することの難易度は半端ないだろ。
ポンコツDFとポンコツボランチ。奪ったボールは確認せずに適当に前に放り込む。
高確率で相手選手に当たって戻ってくる。
この繰り返し。

 

60 :2019/11/14(木) 09:43:59.16

もっと守備しろ

 

61 :2019/11/14(木) 09:44:16.19

成績だけ見ればそんなに他のリーガ10代選手と変わらんけど
ここまでが酷かったな

 

111 :2019/11/14(木) 10:08:27.33

10試合以上出場して1点取れたらヒーローになれるスポーツだったのか

 

233 :2019/11/14(Thu) 11:43:51

>>111
実質3点だけどな
そして前節は全ゴールに絡んでた

 

137 :2019/11/14(木) 10:39:30.71

その週のリーガのベストイレブンというのが普通にすごい

 

138 :2019/11/14(Thu) 10:39:56

応援してるよタケ
雑音に惑わされるなよ

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1573690644/

コメント

タイトルとURLをコピーしました