神戸FWビジャ、NYの新クラブのオーナーに!…2021年からアメリカ2部に参入

 ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表FWダビド・ビジャが、アメリカで新クラブのオーナーとなる。アメリカのリーグ機構『ユナイテッドサッカーリーグ(USL)』は12日、ビジャらがオーナーを務める新クラブ『クイーンズボロFC』が同リーグへの加盟許可を得たことを発表した。

 ニューヨーク市のクイーンズ区を拠点とするクイーンズボロFCは、2021年からアメリカ2部相当のUSLプロフェッショナルリーグに参入することが決まった。新クラブは、同区内にあるニューヨーク市立大学ヨーク校の新スタジアムを本拠地とする予定で、MLB(メジャーリーグ・ベースボール)のニューヨーク・メッツのホーム球場でもある『シティ・フィールド』でもいくつかのホームゲームを行うようだ。

 2015〜2018シーズンにMLS(メジャーリーグ・サッカー)のニューヨーク・シティでプレーしていたビジャは、ニューヨークの資産運用会社『クレイン・シェア』のジョナサン・クレインCEO(最高経営責任者)とともにオーナーを務めるという。

 ビジャは同サイトを通じて、「僕は4年間、ニューヨークに住んでプレーした。クイーンズは特別な場所だ。ここの文化や食、人々や彼らの人生への情熱、そしてもちろんサッカーが大好きだ。世界でこのような場所は他にない。クイーンズでフットボールクラブを設立するのは夢だ。これ以上の場所はないだろう」とコメントした。

 現在37歳のビジャは、バレンシア、バルセロナ、アトレティコ・マドリードなどで数多くのタイトルを獲得し、2010年にはスペイン代表の一員として南アフリカ・ワールドカップの優勝に貢献。ニューヨーク・シティで4シーズン過ごした後、2019シーズンから神戸でプレーしている。

 なお、アメリカでは元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏が、2020年からMLSに参入するインテル・マイアミの共同オーナーを務めており、USLでは元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏がフェニックス・ライジングの共同オーナーを務めている。

サッカーキング 2019.11.03
https://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20191113/997706.html




 

https://twitter.com/Guaje7Villa/status/1194267461908140036?ref_src=twsrc%5Etfw

 

2 :2019/11/13(水) 10:17:20.12

もしかして契約更新しないのか

 

3 :2019/11/13(水) 10:20:33.45

神戸は今季限りで退団か。
いくら金をかけても現在10位だし。

 

11 :2019/11/13(水) 10:47:51.63

Jクラブのオーナーになってくれよ

 

12 :2019/11/13(水) 10:50:04

昇降格制度ないんだから二部はずっと二部のまま
こんなんに参入してどうすんだ

 

13 :2019/11/13(水) 10:50:36

現役で下部チームのオーナーやってる人は何人もいるし
オーナーになったからって退団かどうかはわからない

 



22 :2019/11/13(水) 11:20:22.97

年齢的に神戸は1年で退団だろ。最初から神戸の降格を助ける目的での緊急補強やし
実際、期待以上にやってくれた

 

30 :2019/11/13(水) 12:02:07.55

今季限りでビジャは退団だな
来年からはオーナー兼選手としてアメリカ行きか

 

35 :2019/11/13(水) 12:19:29.13

もう一年は日本にいて欲しい。
日本人FWの手本として

 

39 :2019/11/13(水) 12:23:55.50

ビジャ観てて楽しいから得点王取ってほしい
できればもう1シーズン

 

59 :2019/11/13(水) 12:51:56.40

ビジャの事かわからんが、14時から神戸で記者会見だって
本当に退団かもな

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1573607691/

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のタイトルとURLをコピー

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット