「年のせいにされるのだけは僕のプライドが許さない」31歳の吉田麻也が日本代表戦直後もプレミア先発フル出場で活躍できるワケ

サウサンプトン

「年のせいにされるのはプライドが許さない」31歳の吉田麻也が、日本代表戦直後も“プレミア先発フル出場”で活躍できるワケ【現地発】

代表戦後に気合の入ったパフォーマンスを披露

 現地時間10月19日に行われたプレミアリーグ9節のウォルバーハンプトン対サウサンプトン戦で目を引いたのは、吉田麻也の軽快な動きだった。

 日本代表の10月シリーズで、吉田はホームのモンゴル戦とアウェーのタジキスタン戦の2試合で先発。代表戦を終えると、タジキスタンから英国にとんぼ返りし、ウォルバーハンプトン戦のわずか3日前にサウサンプトンの練習に再合流した。だが、短い調整期間と長距離移動の疲れを物ともせず、先発したウォルバーハンプトン戦で盤石の守備を見せた。

 その吉田はシーズン序盤こそベンチを温める機会が多かったが、秋口に入って先発の座を奪い返した。これで、サウサンプトンでは公式戦4試合連続で先発中。守備の要として最終ラインを再び束ねるようになったが、日本代表の10月シリーズを含めると、26日間で6試合をこなすハードスケジュールとなった。しかも、この中には「英国→日本→タジキスタン→英国」の長距離移動も含まれている。

 そうなると、不安が広がるのは「肉体疲労」と「パフォーマンスの低下」だ。近年を振り返っても、岡崎慎司や香川真司を含め、プレミアリーグに身を置いた日本代表選手は「代表戦での疲労」を理由にスタメンを外れることが多かった。

 だが、吉田は代表戦直後のウォルバーハンプトン戦で先発フル出場。ピッチ上でも、疲労面の懸念を微塵も感じさせなかった。「コンディションは良い」との本人の言葉通り、パフォーマンスは非常に良かった。

 そこで、吉田に聞いてみた。日本代表とプレミアリーグをこなす過密日程は11月まで続くが、どのように体調管理に取り組んでいるか、と。吉田は「気を付けてますね」と答え、次のように説明を続けた。

「今年から僕のトレーナーさんがイギリスに来てくれているんです。今までは定期的に日本から来てくれていたんだけど、イギリスに居てくれるようになりました。そこはデカイですね。相当大きい」

 今シーズンから英国で生活を始めた専属の日本人トレーナーは、吉田の自宅から5分圏内の距離に居を構え、万全のサポート体制を整えているという。実際、ウォルバーハンプトン戦後も自宅で施術を行い、試合翌日もマッサージなどのメンテナンスを行った。

 もちろん、クラブでもメディカルチームのサポートを受けているが、専属トレーナーの渡英で“吉田専用”のより細かいケアができるようになった。しかも、メンテナンスが急遽必要になっても、直ちにトレーナーが飛んできてくれるのは選手にとって非常に心強い。吉田も「日本のトレーナーは明らかに腕がいい」と全幅の信頼を寄せていると明かした。

「休みたいと思ったら、あっという間にポジションを取られる」

 吉田は今年8月で31歳の誕生日を迎え、サウサンプトンでは2番目の年長者となった。専属トレーナーを英国に呼び寄せたことは、ベテランとして、よりメンテナンスに力を入れようとする決意の現れだろう。

 ただし、コンディション維持に関して、トレーナーの渡英以外は大きな変化がないという。むしろ重要視しているのは、これまで続けてきたことを継続して行うこと。ストレッチやリバカリーなどのルーティーンワークを欠かさずこなし、常にベストコンディションを保つよう努力を重ねてきた。食事や睡眠、サプリメントにも気を配ってきたという。吉田は語る。

「スポーツ医学や栄養学が進化し向上している中で、自分自身もそのレベルアップについていかないといけない。僕がプロ選手になったくらいの頃は、31歳なんて大ベテランで、おっさんみたいな感じだったけど、自分がその立場になった今は『全然まだまだだな』と思う。自分のやれる事は、しっかりとやっています。

 僕は若い頃からそういうことをやるタイプだった。その延長でいろんなことにトライしてきて、悪いものや合わないものを削ぎ落としてきた。そして今、本当にいいものだけをやっている。だから、今では生産性と効率性が上がり、やる量はそんなに増えてないです。昔、カズさんから『歳をとると準備の時間がものすごく長くなる』って聞きましたけど、今のところ、僕は昔と変わっていないかなと思います」

 サウサンプトンではオーストリア人のラルフ・ハーゼンヒュットル監督が「世代交代」を推し進め、チームを改革中だ。吉田によれば、対戦相手が同等か格下のときは「勢いを優先して」若手を起用し、格上と戦うときは「経験を重視して」ベテランを起用する傾向があるという。それゆえに、シーズン序盤の吉田は、先発メンバーから外れる試合が多かった。

 だが、日本代表DFの目標は常時出場にある。「ストライカーと違い、1~2試合で評価がガラッと変わるわけではない。結果を積み重ねていき、長い月日が経った時に初めて評価されるポジションだと思う」(吉田)というように、勝利やクリーンシート(無失点試合)の“結果”を掴み続けることで、自身の評価を確かなものにしたいと力を込めた。

 さらに、定位置確保に向け、吉田は決意の程を語る。

「代表明けで使われた試合は、絶対にパフォーマンスを落とせない。ちょっとでもパフォーマンスが落ちると、やっぱり絶対に年のせいにされるので。それだけは僕のプライドが絶対に許さない。

 (今は連戦が続いているが、プレミアでも代表でもどんどん試合をこなしたい心境?)やりたい。やりたくない選手はいないでしょ。ちょっと休みたいって思う選手は、そう思った瞬間、プレミアリーグではあっという間にポジションを取られるから。ここだけではなく代表でもそうですけど、1秒たりとも譲る気はないです」

 日本代表でもサウサンプトンでも、常時出場を目指している吉田。その決意の言葉には行動が伴っている。実現させるために、何をすべきかを考え、どうすればいいか逆算して行動に移しているのだ。

「1秒たりとも譲る気はない」の言葉の裏に、吉田の絶えまない努力と確固たる信念が見えた。

取材・文●田嶋コウスケ

サッカーダイジェストWeb 2019年10月25日
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=65723

気合の入ったパフォーマンスを続けている吉田。 (C) Getty Images
https://www.soccerdigestweb.com/photo/id=65723&page=1&no=01

 

4 :2019/10/25(金) 09:20:28.16

プライドで無理して怪我しないでねw
体は消耗品だから

 

7 :2019/10/25(金) 09:23:26.71

監督に直談判して干されるかと思いきやこういう世界で戦うには自己主張は必要だな。

 

8 :2019/10/25(金) 09:23:29.53

なんだかんだで試合出とるな
インテル長友級のしぶとさ

 

13 :2019/10/25(金) 09:52:02.21

吉田くらいの戦力は2~3番手のDFとして抱えておくのにちょうどいいんだろうな。

 

22 :2019/10/25(金) 10:52:01.94

プレミアで高さで優位に立てる吉田はマジ強い
競り合いでハリー・ケインにも負けないし
日本で過小評価されすぎ

 

24 :2019/10/25(金) 10:54:59

マヤ恐ろしい子!

 

33 :2019/10/25(金) 11:45:35.42

プレミアでここまでやれるのはすごいよ
プレーが良くない時期もある、それでも生き残れるのは築き上げた評価もあるんだろう

 

34 :2019/10/25(金) 11:47:43.08

プレミアにはバケモンばっかり居るからなそらパフォーマンス維持は死活問題だな落ちたら一瞬で飲み込まれるわな

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571962738/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました