「厳しい道の方が成長できる」東福岡高で競争を勝ち抜く力身につけた荒木遼太郎、より成長するために鹿島へ

鹿島アントラーズ

「厳しい道の方が成長できる」。東福岡で競争を勝ち抜く力身につけたMF荒木遼太郎、より成長するために鹿島へ

 今月9日に来季からの鹿島アントラーズ加入が発表された東福岡高(福岡)MF荒木遼太郎主将(3年)が、鹿島入りを決めた理由、挑戦心などを語った。12日は同校で約2時間のトレーニング。台風19号の影響のために翌13日のプレミアリーグWEST・京都U-18戦が延期となった東福岡はこの日、いくつかのバリエーションからのシュート練習やセットプレーの練習を行ったが、荒木は強風の中でも精度の高いプレースキックや右足ボレーでのゴールなど光る動きを見せていた。

 憧れの鹿島入りが発表されてから3日。荒木は「高校とプロでは生活の面も、サッカーに懸ける思いなども全然違うと思うので、そういった準備はプロになる前にして、来年からプロのサッカー選手の一員としてサッカーの面でも生活面でもしっかりとしたい」と力を込めた。東福岡でサッカーをするのは最大でもあと3か月ほど。日常からできる限りの準備をして、プロのステージに臨む意気込みだ。

 荒木は下級生時から名門・東福岡の主力を務め、昨年はU-16日本代表としてAFC U-16選手権優勝。今年、U-17日本代表にも選出されたゲームメーカーの進路は注目されていたが、「選手層がとても厚いですし、ACLとか世界でも戦えるチームと言ったらアントラーズだし、常勝軍団というチームでプレーしたいというのがあった」。自分が最も成長できる環境として昨年のACL優勝チームで、J年間王者8度の「常勝軍団」加入を決めた。

「より厳しい道の方が成長できる」

 これは荒木が選んできた道でもある。ロアッソ熊本ジュニアユースから15年度全国2冠、そして“高校年代最高峰のリーグ戦”プレミアリーグWESTで戦う東福岡へ進学。「(監督の)森重(潤也)さんだったり、日本一を経験しているスタッフの方々から日本一の指導を受けることができるし、何人もプロを出しているのでプロへの道に近づけるのかなと思った」。中学時代から技術面などに定評があったMFは東福岡での成長を選んだ。

 東福岡では簡単にポジションを掴んだ訳ではない。2年時途中までは「競争を勝ち抜く力が無かった」という。だが、チームのために献身的に守備をすること、コンスタントに自分の力を発揮することなど、部員300人による競争を勝ち抜く力、チャンスをモノにする力を身に着け、公式戦で目立つプレーを続けたことが“トップクラブ”への加入を実現させた。

 プレミアリーグに在籍し、選手権予選6連覇中の東福岡では多くの関係者から見られる機会を得た。Jクラブのアカデミーではなく、高体連の強豪校で3年間を過ごしたことが将来の選択肢を増やしたことも確か。そして、日本一を知るスタッフの指導、本人の才能、競争を勝ち抜くための努力もあって希望する進路を勝ち取った。

「赤」のチームとは縁がある。「小学校からずっと赤」と微笑む荒木は小学生時代に所属したFCドミンゴ鹿央、シャルムFC熊本、熊本ジュニアユース、そして“赤い彗星”こと東福岡と「赤」系統のユニフォームを着用。そして、次はディープレッドの鹿島のユニフォームをまとうことになった。

 プロ1年目から公式戦に出場するチャンスを目指し、そこで結果を残すこと。東福岡から鹿島入りしたMF本山雅志(現北九州)のような活躍をすること、本山や憧れのMF柴崎岳の背負った「10」にもこだわる。「自分も先輩に負けないくらいの活躍ができるように、(中高と背負った)10番という番号にもこだわりたいなと思います。それをつけて頑張れたら良い」。九州を代表するタレントだが、フィジカル面などまだまだ課題がある。それでも、本山らを育てた東福岡の志波芳則総監督が「素直」と認める荒木は、努力を続けて再び競争を勝ち抜き、目標をクリアする。

 まずは東福岡で結果を残す。「インターハイも怪我で出れなくて、(その怪我の影響でU-17ワールドカップに出場するU-17)代表も自分選ばれなくて、今年は悔しい1年になっているので選手権では糧にして、日本一を獲ってやるという気持ちが人一倍強いので、日本一の練習をしていきたい」。昨年度の選手権は同じく鹿島入りするFW染野唯月を擁した尚志高に敗れて2回戦敗退。今冬は染野やFW松村優太(静岡学園高、鹿島内定)、ライバルのFW西川潤(桐光学園高、C大阪内定)を上回る活躍を見せ、「自信はついてきている」という仲間とともに日本一を勝ち取ってから鹿島でのスタートを切る。

(取材・文 吉田太郎)

ゲキサカ 19/10/12 18:11
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?287559-287559-fl

鹿島アントラーズ加入が決まった東福岡高MF荒木遼太郎主将
https://web.gekisaka.jp/news/photo?news_id=287559

 

2 :2019/10/12(土) 19:06:02.42

東福岡から鹿島と言えば本山
日本一の天才だったと思ってる

 

3 :2019/10/12(Sat) 19:13:57

本山は確かにいい選手だったけど、さほどでもないよな

 

5 :2019/10/12(土) 19:22:03.14

鹿島今年は高卒3人取るのか。ユースから昇格はないのかな

 

13 :2019/10/12(土) 20:25:19.99

>>5
U17落ちたけどGKに有望なのがいて、それが上がる可能性が高い

 

7 :2019/10/12(土) 19:30:30.07

本山は怪我さえなければまさに天才だった
でも怪我をしまくってたから結局凡庸な選手ほど名を残せなかった

 

8 :2019/10/12(Sat) 19:32:01

>>1
武器がないから無理

 

9 :2019/10/12(土) 19:48:32.45

本山はサッカーの才能だけなら日本一だった
ただアスリート能力が低かった

 

23 :2019/10/12(土) 22:15:03.40

>>9
確かにそれなんだよな
後は性格が温厚すぎてアスリート向きじゃなかった

 

10 :2019/10/12(土) 19:57:39.53

本山の話しかされてなくてひどい

 

11 :2019/10/12(土) 19:58:59.51

本山は高校時代リアルキャプテン翼言われてた

 

14 :2019/10/12(土) 20:28:12.40

小田さん…

 

16 :2019/10/12(土) 20:56:49.83

部活からプロに行くのは大変
ユース組と同等の活躍をしてもダメ
同じなら自分らで育てたユースを取るから、ユースよりはっきりと抜きん出てないとプロ入り出来ない
だからこそ、そこを突破してきた部活上がりは一気に代表主力まで駆け上がる選手が多い

>>1にも期待

 

17 :2019/10/12(Sat) 21:01:16

高卒3人取って2人腐らせて足りない分は清水から取るんだろ?

 

19 :2019/10/12(土) 21:28:06.60

>>17
前回まとめて高卒年代獲得した年に入ったのは
柴崎、昌子、梅鉢とユース上がりの土居

4分の3はモノになってるな

 

25 :2019/10/12(土) 22:39:11.93

>>17
ちなみにプラチナ世代と呼ばれた2011年から鹿島に加入した高卒全選手

2011年
昌子源:トゥールーズFC
柴崎岳:ディポルティーポ・ラ・コルーニャ
梅鉢貴秀:ツエーゲン金沢

2012年
伊東幸敏:在籍中

2013年
植田直通:サークル・ブルッヘ
豊川雄太:KASオイペン

2014年
カイオ:ベンフィカ
杉本太郎:松本山雅FC

2015年
久保田和音:ファジアーノ岡山(レンタル中)

2017年
小田逸稀:在籍中
安部裕葵:FCバルセロナB

2019年
関川郁万:在籍中

 
2011年から数えると高卒選手は12人獲ったが3人が在籍中、6人が海外移籍、2人が他のJチーム、1人がレンタル移籍中
まあ、思ったほど悪くはないな
結構育ててるほうじゃないかな

 

18 :2019/10/12(土) 21:16:43.48

そういやヴィッセルに行った干菓子福岡のクリロナ何処にいんのや?、

 

21 :2019/10/12(土) 22:04:52.73

今年の東福岡は県予選も安泰ではないのに日本一は無理だろう
良い選手が入って来なくなって弱体化が顕著だからな

 

22 :2019/10/12(土) 22:06:40.01

なんか3年もしないうちに海外に逃げそうな予感

 

24 :2019/10/12(土) 22:37:54.25

鹿島はすぐに試合に出れるからいいな
川崎なんて三好レベルでも出られないからな

 

28 :2019/10/13(日) 01:36:43.88

うーんまぁでも三好は上手いよねぇ。鹿島来てくれたら面白そう

 

29 :2019/10/13(Sun) 16:19:49

ちょうど10番空いてるし

 

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570874575/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました