柴崎岳所属のデポルティボ、アンケラ監督解任を発表!新監督にルイス・アンヘル・セサル氏が就任

デポルティボ

柴崎デポルティボがアンケラ監督解任 セサル新監督

日本代表MF柴崎岳所属のデポルティボ監督が、開幕からわずか10試合で解任された。デポルティボが7日、監督のフアン・アントニオ・アンケラを解任したと発表した。クラブの公式サイトが伝えている。

また、デポルティボは同日、新監督にルイス・アンヘル・セサルが就任したことを発表した。これまでラシン・フェロール、ヒムナスティック・タラゴナ、ポリデポルティボ・エヒド、アルコヤーノ、アルバセーテ、ルーゴ、バリャドリードで監督を務め、昨シーズンは3部リーグ降格の危機にひんしていたテネリフェで最後の4試合を指揮し、チームを見事2部リーグ残留に導いた。

アンケラは今夏、デポルティボ監督に就任したが、チームは2部リーグ開幕から10試合を戦うも、開幕戦でオビエドに勝利してから1度も勝利がなく、6日にホームで行われた第10節アルメリア戦で9試合連続未勝利となっている。その成績は1勝5分け4敗の勝ち点8で降格圏内の20位に低迷している。

アンケラは2部リーグで今シーズン、約1カ月前に解任されたオビエドのセルヒオ・エヘアに続き、2番目に更迭された監督となった。

ヘタフェからデポルティボに今シーズン完全移籍を果たした柴崎は、アンケラ指揮下の開幕からの10試合中8試合に出場し、その全てをスタメンでプレーし1アシストを記録している。

柴崎はアンケラ最後の試合となったアルメリア戦、後半45分まで出場した。スペイン紙アスの評価は2点(最高3点)で、チームの中でベルガンティーニョスと並び2番目に高い評価を受けた選手となった。

チームが新監督を迎えた中、柴崎は日本代表でW杯予選2試合を戦うため、13日に行われる次節ラス・パルマス戦を欠場しなければならない。

(高橋智行通信員)

日刊スポーツ 2019年10月8日10時34分
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201910080000199.html

 

2 :2019/10/08(火) 12:03:37.30

まぁ10戦1勝の20位なら解任になるよね

 

3 :2019/10/08(火) 12:03:51.77

柴崎はチーム選びミスりまくるな

 

16 :2019/10/08(火) 12:22:36.65

>>3
柴崎は、アンケラ指揮下の開幕からの10試合中8試合に出場し、その全てをスタメンでプレーし1アシストを記録している。

干されてたわけではないし主力として使われててその表現合ってるかな

 

9 :2019/10/08(火) 12:09:55.59

代表に行ってる間に居場所なくなるパターンじゃん

 

14 :2019/10/08(火) 12:17:10.27

>>1
サラゴサのフェルナンデスがPSM無しでも香川中心のチームに作り替えたように
新監督もスペイン人のプライドなんか窓から捨てて現日本代表の柴崎中心のチームに作り替えろ

 

22 :2019/10/08(火) 12:40:02.48

再びベンチおよびベンチ外の憂き目に、あの日々が

 

47 :2019/10/08(火) 13:26:52.13

2部リーグの20位って…

 

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570503727/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました