日本代表 川島永嗣、ロシア大会以来の出場も「気負いはなかった。毎日W杯に出るつもりでトレーニングしてきた」

日本代表

川島永嗣、ロシア大会以来の出場も「気負いはなかった。毎日W杯に出るつもりで練習してきた」

日本代表は21日、コパ・アメリカ2019・グループC第2戦でウルグアイ代表と対戦し、2-2で引き分けた。この試合で先発出場したGK川島永嗣(ストラスブール)が1年ぶりの出場となった一戦を振り返った。

「自分たちがどれだけ凌げるか、耐えられるか」

18日のチリ戦後、川島はそう言ってウルグアイ戦のポイントを挙げていた。チリとの初戦は東京五輪候補のGK大迫敬介(サンフレッチェ広島)が先発入りし、川島はベンチから戦況を見つめることとなったが、ウルグアイ 戦ではスタメン入り。ロシアW杯のラウンド16・ベルギー戦以来、実に1年ぶりの出場だった。

久しぶりの出場にも「そんなに自分のなかで気負いはなかった」と川島。一方で「自分が任された意味っていうのは考えないといけないと思っていた」ようで、東京五輪世代が主体となった今回のメンバー編成で「この若いチームをどう自分が後ろからサポートしていけるか」を考えていた。それは試合に出場し、自分のプレーで伝えていくことも当然入っている。「まだまだやれたことはあると思いますし、また次に向けてそこは修正していきたい」と意気込んだ。

PKとセットプレーから2失点を許した日本だが、ルイス・スアレス(バルセロナ)とエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)の強力2トップの波状攻撃を、後ろから支える守護神として何度もストップ。度重なるピンチを救った。それはチリ戦での経験が大きかったと川島は話す。

「チリの時に0-1で負けていたときに2点目を取られたらかなり自分たち苦しくなると話をしていて、そこは耐えないといけないという意識は、この試合のなかでは強かった。守備陣が最後のところで体を張ってくれていた部分も大きい」

所属先のストラスブールでも今季、満足に出場機会は得ることはできず、出番を得たのは最終節の1試合のみだった。それでも「試合に出てなかろうが、毎日ワールドカップに出るつもりでトレーニングしてきた」という。その向上心は言葉にも表れる。

「正直、今日のロッカールームを見ても満足している選手は1人もいない。自分たちはやっぱり勝てたんじゃないかって気持ちのほうが強い」

「結果にこだわらないといけない」一方で、「こうやって若い選手がこれだけ躍動できることが一番大切」と話す川島。「これだけの経験をいま、若い選手たちができるっていうのはなかなかないこと。そういう意味で思い切った戦いができればいい」とグループリーグ最終戦も、この良い流れを継続して大会初勝利を目指すつもりでいる。

Goal 2019/06/21 13:44
https://www.goal.com/jp/ニュース/川島永嗣ロシア大会以来の出場も気負いはなかった毎日w杯に出るつもりで練習してきた/trwu52h5i1v41rvjltmm5ijxj

ウルグアイ戦で1年ぶりの出場を果たした川島永嗣(C)Getty Images
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00010025-goal-socc.view-000

 

7 :2019/06/21(金) 14:09:59.83

今日の川島は素晴しかった
だからこそW杯での糞プレー連発が残念だった

 

8 :2019/06/21(金) 14:10:33.23

川島がPKをとめさえすれば、勝てていた。知らんけど。

 

10 :2019/06/21(金) 14:12:06.95

今日のマン・オブ・ザ・マッチ
何点防いだんだよ

 

20 :2019/06/21(金) 14:17:01.85

こいつと岡崎だけが南米にビビってなかったな
寄せられてもファイトしてた。
その辺り柴崎や富安、植田もファイトしてほしかった

 

58 :2019/06/21(金) 15:21:22.79

>>20
はあ?誰もビビってなんかいなかったけど?

 

23 :2019/06/21(金) 14:23:16.10

ウルグアイのシュート29本枠内19本だったらしい
川島は今日の試合では間違いなく仕事をしている

 

26 :2019/06/21(金) 14:25:55.07

単純に川島は『やってくれた』時と『やっちまった』時のふり幅の問題。

 

29 :2019/06/21(金) 14:34:01.61

カワシマエイジのオーバーエイジを本気で考えるべき時が来たな

 

34 :2019/06/21(金) 14:36:53.93

川島ストラスブールから契約延長オファーもらってるけど正GKがベルギー代表のセルスで2番手GKが超有望株のカマラだからな…

なかなか試合出れないのは仕方ない

 

35 :2019/06/21(金) 14:37:57.65

今日のプレーみてJ復帰はまだないかなって思った まだ欧州で出来るでしょ

 

45 :2019/06/21(金) 14:58:09.39

守護神川島!

 

51 :2019/06/21(金) 15:06:04.23

不死鳥みたいな奴だな

 

52 :2019/06/21(金) 15:07:02.66

ハリル末期からロシアW杯にかけてあまりに糞過ぎたからな

 

53 :2019/06/21(金) 15:08:58.24

デカくないっすか?

 

56 :2019/06/21(金) 15:18:06.76

川島だからスーパーセーブに見えた点を差し引いたとしても今日はよく守ってたと思う。

 

60 :2019/06/21(金) 15:23:43.51

この試合川島がカバーニとの1対1を止めたとこがなぜか一番テンションあがったww

 

68 :2019/06/21(金) 15:38:41.31

「過去10年で最も過小評価されたGK」川島永嗣を現地取材する記者が絶賛!VARでのPKに持論も[6/21(金) 14:10]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00010028-goal-socc

『Opta』データによると、ウルグアイは日本戦で前後半合わせて29本のシュートを放っている。
これはコパ・アメリカ過去4大会の内、最多の数字だったという。
その内10本が枠内に飛んだが、川島は8本をセーブ。
36歳守護神の見事なパフォーマンスもあり、日本は優勝候補の一角である
ウルグアイと2-2の引き分けで終えることができている。

そんな川島のパフォーマンスを海外記者も絶賛している。
『beIN Sports』の特派員であり、現地で取材を続けるタンクレディ・パルメリ氏は、
自身のツイッターに「カワシマは過去10年間で最も過小評価されたGKだ」と投稿。
今季は所属したストラスブールでわずか1試合しかピッチに立つことができなかったが、
日本代表の守護神としてゴール前に立ちはだかった36歳守護神を称えた。

これが日本代表89キャップ目となった川島だが、出場はロシアW杯ラウンド16の
ベルギー戦依頼、実に1年ぶりの出場だった。長く日本代表を支え続けた36歳だが、
未だその存在感は際立ったものがあるようだ。

 

70 :2019/06/21(金) 15:44:39.73

ハイライン戦術使わないなら未だに日本最高ってのは分かる
がアンダー世代や森保本来の3バックなら絶対適応できないよ
良くも悪くもゴールライン上(たまにライン内)で守るオールドスタイル

 

71 :2019/06/21(金) 15:52:46.30

真のプロフェッショナルやわ川島

 

81 :2019/06/21(金) 17:21:57.12

今日は岡崎、川島が効いてたな。
2人のベテランがベテランらしい仕事してくれた。

 

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561093312/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました