ついに久保建英がA代表デビューか?!香川真司の練習回避で出場可能性が

ついに久保建英がA代表デビュー?!香川の練習回避で出場可能性が

 機転を利かせて、答えを胸中に封印した。自身の言葉が独り歩きしかねない状況を察して冷静沈着にして当意即妙のコメントでいなす。
 18歳になったばかりの少年が見せる所作とは思えなかった。
 初めて招集されたフル代表で、デビューが期待された5日のトリニダード・トバゴ代表とのキリンチャレンジカップでまさかのベンチ外になってから2日。メディアから飛んだ質問に対してMF久保建英(FC東京)がピッチ内のプレーと同じく鋭い切り返しを演じてみせた。

 久保をベンチ外にした理由を、日本代表の森保一監督は「少し緊張の糸を緩めながら、先に進んだ方がいいと思った」と明かしている。 J1戦線の首位を独走するFC東京の原動力となり、最近では海外移籍報道がかまびすしくなった。ただでさえ注目を集めるなかで、一連の状況が18歳になったばかりの心へさらに負担をかけるのではと、親心に近い心境で慮ったわけだ。

 賛否両論を呼び起こした指揮官の決断のもとで、それでも試合に出たい気持ちが強かったのか――と問われた直後だった。間髪入れずに「それを言って、森保監督といい関係になることはないですし」と切り出した久保はこんな言葉を紡いだ。
「とらえ方によっては、変に書かれてもあれなので。自分だけではなく、誰もが試合に出たいと思ってここに来ているので。ここで言うよりは、練習からアピールすることがすべてだと思っています」

 日本代表に招集された選手たちは試合前日までに一度、練習後にメディアの取材に応じる。今回のキリンチャレンジカップで言えば、5日のトリニダード・トバゴ戦までの3日間、そして9日のエルサルバドル代表戦までの3日間で、それぞれ9人ずつが取材エリアとなるミックスゾーンを通る。

 そして、エルサルバドル戦の舞台となる、ひとめぼれスタジアム宮城で行われた7日の初練習後の取材対応を割り当てられた一人が久保だった。森保ジャパンで初めて3バックが採用され、25本ものシュートを放ちながらスコアレスドローに終わった、トリニダード・トバゴ戦後はミックスゾーンを通らなかっただけに、当然ながらスタンドから試合を見た心境を問われた。

「悔しさというよりは、もう終わったことなので」

 過去は振り返らない、と言わんばかりに前を向いた久保は、もしも自分が出ていたら――という質問もこんな言葉でかわしている。

「点が入るときは入るし、入らないときは入らない。入ってもおかしくないシュートも何本かありましたし、自分がいれば点を取れると言うつもりはまったくありません。相手に関係なく、チャンスをもらえれば自分のプレーを見せるつもりですし、引き分けたからといって変わることは何もないですね」

 冷たい雨が降るなかで行われた7日の練習に、MF香川真司(ベシクタシュJK)とDF槙野智章(浦和レッズ)の姿はなかった。前者は股関節に、後者は首に違和感を訴えて全体練習を回避した。特に香川は前日6日の練習も途中で切り上げていた。状態が回復しなければエルサルバドル戦でベンチ入りする23人から外れる可能性も浮上し、その場合は久保と入れ替わることが濃厚となる。

 久保のフル代表デビューへ、森保監督は「チーム状況次第となる」と慎重な姿勢を見せていた。しかし、エルサルバドル戦で先発もありうると見られていた香川に不測の事態が発生した。試合に出る可能性が高まってきたのでは、と問われた久保は、しかし、いたって冷静沈着だった。

「高くなってきたかどうかはわからないですけど、みんなも準備しているので。自分は何も言うことはないし、チャンスがくれば準備はしているつもりです。自分はアンダー(U-22日本代表)でも3バックで戦っているので特に違和感はないし、すんなりと入っていけると思います」

 エルサルバドル戦のピッチに立てば、市川大佑(現清水エスパルス普及部スタッフ)がもつ国際Aマッチの最年少出場記録、17歳322日に次ぐ18歳5日の年少記録が生まれる。そして、市川が最後に日本代表としてプレーしたのが、偶然にもひとめぼれスタジアム宮城だった。

 日本中を熱狂させたワールドカップ日韓共催大会。2002年6月18日に行われた決勝トーナメント1回戦で、トルシエジャパンがトルコ代表に0-1で屈したとき、久保は1歳になった直後だった。もちろんリアルタイムで記憶には刻まれていないが、プロサッカー選手を志し、年代別の日本代表にも選ばれ続けてきた過程で、いつしかフル代表を意識するようになった。

「いつから見ているかは覚えていないですけど、ワールドカップにも行きましたし、だんだん近い存在になってきなかで、このタイミングで招集された。ここは実力の世界だと思うし、実力があればメンバーに入れる。自分が何をしゃべろうがそれは変わらないので、自分はピッチの上ですべてを表現するしかないと思っています」

 久保が言及したワールドカップとは、昨夏のロシア大会をさす。西野ジャパンのトレーニングパートナーとしてベースキャンプ地カザンへ帯同し、コロンビア代表に勝ち、セネガルと引き分けたグループリーグをスタンドで観戦したU-19日本代表に久保も名前を連ねていた。

 西野ジャパンの控え組と行った紅白戦では、FW岡崎慎司(レスター・シティ)が何度も見せた、攻守の切り替えの速さを含めたハードワークに感銘を受けた。その岡崎がロシア大会以来となる復帰を果たし、同じフル代表として日々の練習でボールを追っている。

 ロシア大会後に西野朗前監督からバトンを託された森保監督は、フィリップ・トルシエ監督以来となる五輪代表との兼任監督となった。兼任のメリットとして世代交代をスムーズに図れる点をあげたものの、フル代表に名前を連ねる東京五輪世代は、今回も招集されているMF堂安律(FCフローニンゲン)とDF冨安健洋(シントトロイデンVV)の2人にとどまってきた。

 ひるがえって6月シリーズでは、満を持すかのようにGK大迫敬介(サンフレッチェ広島)、DF中山雄太(PECズヴォレ)、そして久保と3人の東京五輪世代が加わった。チーム作りの軌跡を振り返れば、キリンチャレンジカップを戦う5人が現状では東京五輪世代の主軸候補となる。

 森保監督は56年ぶりの自国開催となる、来夏のヒノキ舞台の目標を金メダル獲得に設定。そのうえで、こんな条件をあげている。

「フル代表の試合に出られるくらいの力をもった選手がいなければ、目標達成は難しい」

 フル代表の短期的な目標は、2022年のカタール大会の出場権獲得へ向けて、9月から始まる見込みのワールドカップ・アジア2次予選となる。その前の最後のテストマッチとなるエルサルバドル戦でチャンスをもぎ取り、寄せられる期待を満たすパフォーマンスを見せれば――東京経由で21歳にしてカタールのピッチに立つルートが、久保の目の前ではっきりと輪郭を帯びてくる。

(文責・藤江直人/スポーツライター)

THE PAGE 6/8(土) 5:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190608-00010000-wordleafs-socc&p=1

 

2 :2019/06/08(土) 07:08:34.65

シンジありがとう

 

16 :2019/06/08(土) 07:12:26.92

使い潰さずに大事に育てろ
目先の話題作りじゃなく
スポンサー無視しろ
長いスパンで考えた勝利を考えろ

 

23 :2019/06/08(土) 07:17:19.43

って思うやんか~

 

40 :2019/06/08(土) 07:34:23.22

なるほど
森保がわけわからんことを言って久保くんを使わないから真さんはあえて仮病をしてその舞台を作ってやったんだな
さすがやで

 

63 :2019/06/08(土) 08:13:18.37

えー、香川出ないのかよ
今回も試合後にどんな迷言を吐いてくれるのか楽しみにしてたのに

 

66 :2019/06/08(土) 08:18:29.36

香川はクラブチームで先発で頑張るのが先じゃないの?
久保はFC東京で先発で頑張って最近は90分出てる。

 

80 :2019/06/08(土) 09:09:31.36

>>66
それ言い出したら香川以外にも該当する日本代表選手が複数おるな
そっちはええのか?

 

70 :2019/06/08(土) 08:30:05.32

香川さんと槙野でツイスターでもやったんか

 

85 :2019/06/08(土) 10:10:21.57

香川はこの後バルセロナに飛び
自主トレしなければいけないからね。

 

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1559945280/