本田圭佑の人生すべてで貫かれる矜持「普通って何や」

未分類

本田圭佑の人生すべてで貫かれる矜持「普通って何や」

南アフリカ、ブラジル、そして昨夏のロシアと3大会連続でワールドカップの舞台に立ち、すべての地でゴールとアシストをマーク。日本代表の歴史に自らの名前をはっきりと刻み込んだ本田圭佑が、最も忌み嫌う言葉がある。

会話のなかで「普通は──」と切り出されたときに、無意識のうちに拒絶反応を示すという。

「普通は、と言われると『普通って何や』と、それこそ一日中考えてしまうんですよ。その意味で、僕は常識というものが大嫌いなんですよね」

サッカーに限らず、ピッチを離れた人生のすべてで貫き通し、これからも大切にしていく矜恃のような持論を展開したのは2017年6月。表情に浮かんでいた不敵な笑みを、いまでも鮮明に覚えている。

当時は2014年1月から3年半にわたって所属し、小学生のときから夢見てきた「10番」を託されてきたセリエAの名門、ACミランを契約満了で退団することが決まっていた時期。まもなく無所属となるというのに、焦燥感の類は微塵にも伝わってこなかった。

むしろ、自身の新天地がどこになるのかを、楽しんでいる節もある。ミランにおける最後のシーズンは、実質的な戦力外を味わわされた。ピッチに立つ時間が減少すれば、必然的にゲーム体力とゲーム勘も削がれていく。31歳になる直前の当時の本田は、年齢的な衰えも感じていたはずだ。

やり取りを展開していたメディアから、新天地に関して核心を突く質問が飛んだ。出場機会を優先するのか、と。待っていましたとばかりに、本田は再び持論を展開し始めた。

「試合に出ることを優先して移籍した、ということが過去にないので。自分が成長できる、あるいは自分が面白いと思えるような刺激的なところへ、常に挑戦心をもっていっているので。次も出場機会がトッププライオリティーになるわけではないんですね。面白いから行きたい、と思えるクラブがあるかどうかがものすごく重要で、もちろんその次に試合に出られるかどうか、とは考えるんでしょうけど」

本田の言葉はウィットに富んでいる。ゆえにお互いに交わす言葉の中身も、どんどん深みを増してくる。メディアからはこんな質問がかぶされた。刺激とは何ですか、と。

「同じルーティーンがあまり好きじゃないので。環境もそうですけど、常に未開の地みたいなところがすごく好きですし、自分の知らないエリアに行くことも好きですし、自分の考え方から来るありとあらゆる好奇心が、ひと言でいえば僕にとって刺激に近いですかね」

「日本という選択肢は考えたことがないです」

本田のなかで定められる「刺激」にのっとれば、新天地から除外される国が出てくる。仮説を立てたうえで、確認の意味も込めて直撃した。刺激を考えると、日本への復帰は──と。

「正直言うと、日本という選択肢は考えたことがないです」

間髪入れずに言葉を返してきた本田は、ちょっぴり申し訳なさそうな表情を浮かべていたことを思い出す。続いて「悪くとらえないでくださいね」と断りを入れながら、こんな言葉を紡いだ。

「これからもないですね。日本には僕がいなくても、頑張っている選手が大勢いる。みんなが頑張っている日本はちょっと窮屈というか、海外の2メートル近い大男たちと喧嘩したい日本人というのもいるわけです。そういうところに刺激を求めていく日本人も、何人かはいないといけない。そういう点で、我々の役割分担というのも職種に関わらずあるのかなと考えています」

ミランの次にメキシコの名門CFパチューカを選んだ本田は、2018年夏には活躍の舞台を南半球へ移す。しかも、オーストラリアの強豪メルボルン・ビクトリーFCでプレーしながら、実質的なカンボジア代表監督に就任。現役選手と指導者、それも代表監督という二足の草鞋を履き始めた。

異例の挑戦を許可してくれたことが、メルボルン・ビクトリーへの移籍を後押しした。ただ、メルボルンでのプレーは1年だけと当初から決めていたという。退団と次なる新天地を探すと明言している本田の思考回路には、いま現在もJリーグへの復帰は記されていない。

かつては中村俊輔が、最近では内田篤人が「ヨーロッパで積み重ねてきた経験を還元したい」という理由で、日本でプロの第一歩を踏み出した横浜F・マリノス、鹿島アントラーズへそれぞれ復帰した。ここでも「普通は帰ってくる──」と言いたくなるが、本田の考え方は180度異なるのだろう。

メルボルン・ビクトリーの一員としてアジアチャンピオンズリーグ(ACL)を戦う過程で、サンフレッチェ広島のホーム、エディオンスタジアム広島へ乗り込んだ今年3月。一時は同点に追いつくゴールを決めた試合後に、後に続く若手選手たちへ「どんどん海を渡れ」と檄を飛ばしている。

「若手に対してずっと海外へ行けと言ってきた理由は、Jリーグに居座るのは時期尚早だと思うからです。ドイツのブンデスリーガのように選手が国外へ移籍することなく、自国でプレーしていても十分にワールドカップを目指していけるようなリーグになるには、日本はまだ時間がかかる。どう考えてもまだまだ海外に打って出て、いろいろと経験を積んだほうが選手としては伸びますよね」

各国のナショナルチームが活動できる、国際サッカー連盟(FIFA)が定める国際Aマッチウィークにカンボジア代表監督を務めている関係で、本田自身は昨夏のロシア大会後に、日本代表とは一線を画すと明言している。それでも、日の丸へ抱く憧憬の思いは萎えていない。

本田が貫く流儀

来夏に開催される東京五輪。開幕時で23歳以下という年齢制限が設けられているなかで、最大3人が招集される年齢無制限のオーバーエイジでの出場へ、真っ先に名乗りをあげている。一生に一度、巡ってくるかどうかわからない、自国開催の五輪という位置づけが本田の挑戦者魂をかき立てる。

自分よりもはるかに若い外国の大男たちと、前述した「喧嘩」を繰り広げたくなったのだろう。ちょっと物騒に聞こえる「喧嘩」の定義を、本田自身は「本当の喧嘩は好きじゃないですよ」と苦笑しながら、こう語ったことがある。

「10年以上海外で生活していますけど、許せないと思えるシーンはサッカー以外にも本当にいろいろあるんですね。そのたびに『日本人をなめるな』と伝えてきたし、そういう戦いが人生において一番価値がある、非常に重要だと思っているので」

プロの第一歩を踏み出した名古屋グランパスから、オランダのVVVフェンローへ移籍したのが2008年1月。以来、ロシアのCSKAモスクワ、ミラン、パチューカ、メルボルン・ビクトリーと日本を含めて世界の6ヵ国でプレーしてきた。

本田が貫く流儀を踏まえれば、7つ目にしておそらく現役最後になるかもしれないチームを、日本に求めることはない。東京五輪の舞台に立ち、公言している金メダル獲得を目指す力を身にまとうためにも、新天地の照準を再びヨーロッパへ、レベルの高いリーグへ定めているはずだ。

パチューカへ移籍したときも、出演したテレビ番組で「誤解してほしくないんですけど、ヨーロッパからも数多くのオファーがあったんですよ」と明かしている。それでもメキシコを選んだのは標高の高い高地にあるチームで、ロシア大会へ向けて心肺機能を鍛え直す作業を自らに課す狙いがあった。

人生観が反映された本田の数々のコメントをあらためて振り返ると、ビッグマウスという言葉を思わず連想してしまう。頼もしく響いてくると同時に、大口ばかり叩きやがってと、ときには反感を買うこともあるだろう。それでも不敵な言葉を繰り返す意義を、本田はこう明かしたことがある。

「自分のことが弱い人間だとわかっているから、周囲に対してあえて言うことで、逃げ道をなくしてきたんですね」

あえて自分を追い込み、プレッシャーをかけることでさらなる成長を促す。他の日本人とは一線を画すと言っていい生き様を貫きながら、弱さもあるとはばかることなく認める。ときおりのぞかせる人間臭いギャップもまた、まもなく33歳になる本田の魅力と言っていいかもしれない。

藤江直人

2019/06/07 07:00
https://forbesjapan.com/articles/detail/27613

本田圭佑 Mike Hewitt – FIFA/Getty Images
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190607-00027613-forbes-spo.view-000

 

21 :2019/06/07(金) 07:13:14.01

普通はミランの10番だった事は恥ずかしくて隠すよね

 

27 :2019/06/07(金) 07:18:07.41

普通とは腕時計を片手にすること

 

30 :2019/06/07(金) 07:20:29.35

本田氏のブレないメンタルだけは凄いな、この感じがいつまで続くのか興味ある

 

39 :2019/06/07(金) 07:24:38.49

少なくてもサッカーやっているうちは言葉狩りみたいなことしないでもらいたいね結果だけゆーてきたやんさんざん

 

57 :2019/06/07(金) 07:41:30.31

>>39
結果

イタリア
 3回ワーストイレブン選出
 契約更新断られる
  ↓
メキシコ
 契約更新はしても良いけど給料1/10以下でと言われて退団
  ↓
オーストラリア
 契約更新の話すら無し

 

45 :2019/06/07(金) 07:32:13.18

それでJより下位のオージーリーグにいくんですか。
ACLで日中韓で332なのに。

 

60 :2019/06/07(金) 07:43:47.67

まあサッカーの才能あってよかったよな

 

63 :2019/06/07(金) 07:49:08.18

Jは本田みたいなスピードのない選手は厳しいからな。

 

71 :2019/06/07(金) 08:05:13.15

実質的監督ってなんすか

 

74 :2019/06/07(金) 08:05:56.21

>>71
普通じゃないことです(^^)v

 

87 :2019/06/07(金) 08:25:36.57

>>1
面倒くさい人だなぁ・・・

 

99 :2019/06/07(金) 08:47:17.77

Aリーグがいくら低レベルでも勝ち点1しか取れないのは普通じゃないよね~?w

 

114 :2019/06/07(金) 11:34:59.90

欧州サッカーのオフシーズン
それはケイスケホンダにとってのハイシーズンである
みよ、彼の躍動を!

 

119 :2019/06/07(金) 13:17:55.17

話題作りで必死すぎて泣ける
これ以上、晩説を汚すなよ

 

120 :2019/06/07(金) 13:21:20.98

晩節じゃねえよ
ケイスケホンダにとってサッカー選手はまだ助走に過ぎひんのや
止まるんじゃねぇぞ

 

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1559858617/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました