日本代表の3バックがテストにならなかった理由。攻撃の鍵は2シャドー、不発の堂安律が見せた機能性(西部謙司)

日本代表の3バックがテストにならなかった理由。機能しても…疑問が残るその効果【西部の目】

日本代表は5日、キリンチャレンジカップ2019でトリニダード・トバゴ代表と対戦し、0-0で引き分けた。森保一監督就任後、初めて3バックで戦った日本代表だったが、この試合から得られたものは何だろうか。(取材・文:西部謙司)

効果がどれぐらいあるのか

 A代表では初の3-4-2-1。出来については、コンディションが全く整っていない相手に得点ゼロという結果が物語っている。もちろん、最初から何もかもうまくいくはずがない。

 アルベルト・ザッケローニ監督のときはさんざん試して、最終的には諦めてしまったが、ワールドカップを勝ち抜くために対応力はカギになる。今後も試すべきだし試していくはずだ。

 ただ、システムが機能するかどうかというより、機能したとしても効果がどれぐらいあるのか疑問が残ってしまった試合だった。

「3バックも4バックも原理原則は変わらない」(森保一監督)

 例えば、後方からのビルドアップで相手とのズレを作り、相手の対応を見て、その逆をとっていくという手法自体はフォーメーションにかかわりなく同じである。しかし、あえて3バックをオプションに持とうとしているのは、ズレの作り方に幅を持たせたいからだ。また、3バックのほうが対戦相手との兼ね合いでズレを作りやすいという事情もあるだろう。

 簡単にいえば、相手を迷わせやすい。ところが、トリニダード・トバゴは全くハイプレスを仕掛けてこなかった。そのため、3バック採用理由の1つであるはずのビルドアップ効果についてはほとんど問われずじまい。本来ならあるはずの第一関門が素通り状態だった。

 そしてアタッキング・サードへボールを運んでいく第二関門もほぼノーチェック。つまり、この試合でテストできたのは最後の崩しの部分だけだった。結果は、少なくとも中島翔哉は相手の脅威になりうるという、テストした甲斐のない回答が得られただけだった。

崩しまではフリーパス

 3-4-2-1における崩しのキーマンは2シャドーだ。トップの大迫勇也に当ててシャドーへつなぐ。シャドーのキープからウイングバックのオーバーラップ、インナーラップ。ペナルティーエリアの脇への潜り込み、そしてシャドー自身のカットインなど、ハーフスペースにいるシャドーを経由することで、相手の出方の逆をついていく。

 本来なら、いかにシャドーへボールを渡すかがテストの焦点になるのだが、トリニダード・トバゴの守備が薄く、堂安律と中島の2シャドーは難なくパスを受けられた。

 ボールと逆サイドのシャドーには相手のサイドバックがマークしている。シャドーが少し中へ動けばサイドバックもついてくる。そこでサイドバックがタッチライン際に上がってきて幅を作る。

 このとき、トリニダード・トバゴは日本のサイドバックをフリーにしていた。サイドチェンジがサイドバックに通り、シャドーが元の位置に戻るだけでフリーになれた。トリニダード・トバゴの4-3-3のウイングがあまり守備をしていなかったからだ。

「3トップを残して(日本の3バックに対して)1対1にしたかった」(デニス・ローレンス監督)

 シャドーへボールを入れるまでの行程はフリーパス。サイドチェンジの3本に1本がミスになる精度の問題はあったが、それでもシャドーは簡単にボールを持てた。ところが、その利点を生かせたのは中島と長友佑都の左サイドだけだった。堂安はドリブル突破を抑えられ、酒井宏樹も1対1になったときには封じられていた。

機能しても薄かった効果

 後半の途中から新システムに慣れてきたのか、日本は終盤に3つの決定機を作っている。ただ、3-4-2-1はあまり関係ない形だった。南野拓実、伊東純也に代わった2シャドーが中島&堂安より上手くいっていたわけではなく、むしろ2人ともFWに吸収されてしまい、ボランチが攻撃をサポートした結果、ゴール前の人数が増えていただけだ。

 シャドーとしては機能していなかった。堂安は「不発」だったが、シャドーとしての機能はあった。南野、伊東に関しては機能性が「わからない」状態である。

 守備についても何ともいえない。ミドルゾーンのプレスには本来向いていないシステムにもかかわらず、5-2-2-1のゾーンでのミドルプレスを試みていた。

 この試合の守り方だと、マークの「ぼかし」が頻発する。いちおう自分の前に敵を置けていたが、ハーフスペースにいる敵とDFの間に距離が生じる。もう少し攻撃力のある相手だったら、「ぼかし」や受け渡しで生じる時差をつかれていたかもしれない。

 ただこれも、そこまでの攻撃力が相手になかったのでテストになっていなかった。カウンターに対しては冨安健洋、昌子源、畠中槙之輔が巧みに対処していたが、少し危ないケースもあった。

 新システムは不馴れではあったが、相手との兼ね合いで形のうえでは機能していた。それだけに、機能しても効果が薄いという事実はむしろ苦いものがある。

(取材・文:西部謙司)

フットボールチャンネル 2019年06月06日(Thu)10時00分配信
https://www.footballchannel.jp/2019/06/06/post324825/

2シャドーの一角として先発した堂安律【写真:田中伸弥】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190606-00010000-footballc-socc.view-000

 

7 :2019/06/06(木) 12:09:49.36

なんで速攻を仕掛けないのかと思ってみてたけど崩し方の練習をしていたんだね

 

10 :2019/06/06(木) 12:13:12.35

なんか3人とも相手の最終ラインに吸収されてるシーンが多かったね
横のラインになって三角形が出来てないから崩せない

 

13 :2019/06/06(木) 12:16:19.42

シュミットが代表の3バックはまさに大分のシステムって語ってたけど、
大分のシステムを知ってる人間がどんだけいるだろうか。

 

50 :2019/06/06(木) 13:11:45.33

>>13
ミシャが導入したかつて361言われてた3421だよ
もう10年くらい前からJリーグで流行ってて大抵のクラブは自分でやるか対戦してる
知らない方がおかしいくらい

 

126 :2019/06/06(木) 17:32:43.24

>>50
片野坂の3バックは、ちょっとどころか結構違うぞ
ミシャ・森保式はボランチが一枚降りてきて4バック風になるが、大分はそれをキーパーがやる

むちゃくちゃリスキーでこないだの久保くんさんのゴール的事故も散見されるけど、見てて面白い

とはいえ、昨日の代表がそれをやっていたかと問われると俺は???って気持ちだが

 

23 :2019/06/06(木) 12:26:51.06

攻撃に人数割いて押し込むのが代表の得点パターンだったからな
人数割かずに点とれてたのって最近だとハリルくらいだ

 

30 :2019/06/06(木) 12:33:09.81

WBになりきれなかった長友と酒井も大概では

 

35 :2019/06/06(木) 12:44:09.16

堂安はまずボールを置く位置が問題

 

54 :2019/06/06(木) 13:14:15.75

振り返ってみると、一番おしかったのは南野のシュートだったよな
やっぱ南野のシュート力は格段に高いわ

 

56 :2019/06/06(木) 13:15:51.56

>>54
伊東純也のシュートじゃね?

 

60 :2019/06/06(木) 13:19:50.90

SBをそのままWBはやめろ
今代表レベルでWBの適正があるのは誰だろ?

 

62 :2019/06/06(木) 13:22:48.02

>>60
まあ原口だろうそれは

 

63 :2019/06/06(木) 13:28:19.15

https://resources.fifa.com/image/upload/eng-32-0624-jpn-sen-actualformation-pdf-2967603.pdf?cloudid=yvv8drwmdcvih2yj7vny
https://imgur.com/7G8sKWG.jpg
ロシアの時みたいに状況に合わせた可変型にしてくれ
3バックだ4バックだとか無駄過ぎる

 

64 :2019/06/06(木) 13:32:35.78

伊東はサイドアタッカー特化型みたいなもんだからシャドーには合わない
かといってWBできるほど守備強度が高いわけでもないので3バックじゃ使いにくそう

 

70 :2019/06/06(木) 13:52:17.85

鈴木師匠が何度も言ってたけど3バックに対して向こうが前線3人で珍しい
普通は対応してシステム変えるからそのままってのは無いって皮肉だよな

 

72 :2019/06/06(木) 13:56:07.65

どんな選手より一番ポリバレント性ないのって監督だよね

 

73 :2019/06/06(木) 13:59:53.71

森保はザックばりに対応力が無い

 

79 :2019/06/06(木) 14:14:37.12

サイドからの攻撃にアイデアがない
身長低いんだから最終ラインとGKの間にアーリー入れるとか細かく繋いでペナ入るとか
ワロス連発はやめろ

 

85 :2019/06/06(木) 14:56:53.11

広島時代のシャドーと比べて完全に違った物だと言えるのは、
あくまで「サイドアタッカーをシャドーに据える」オプションだからか、
シャドーがサイドに張ってボールを受ける形を許容してるみたいなんだよな

広島時代はあくまで中央3人のセットで、
縦のスペースのギャップを作って崩すと言う形だったからちょっと違う

一方で、これがまたそんなに機能的じゃ無いと言うのが課題に見える
サイドで起点を作った時点で誰かがずれて前に入って来ないと、
ただただ4-2-3-1の枚数不足みたいな事になってしまうし、現にその形が多かった
どうすりゃ良いんだろうね。中盤が上がるのか逆サイドのWBが上がるのか知らないけど

 

104 :2019/06/06(木) 16:27:19.58

もうずっと堂安は代表で機能してないだろ
堂安を久保か原口に変える決断をしてほしい
伊東はウイングで使うべき

 

110 :2019/06/06(木) 16:59:37.43

堂安はアンデルソン・ロペスのプレーを見て勉強したほうが良いよ
札幌の右シャドーで左利き

 

144 :2019/06/06(木) 19:16:08.92

>>110
ロペスは右シャドウで左利きだけど右足オモチャじゃないからね
堂安も本田同様に右足使えないから動きやポジションどりが限定されちゃう

 

113 :2019/06/06(木) 17:05:15.72

3バックだと中島は中に入らなすぎでシャドーではない
南野の方が機能してたな

 

116 :2019/06/06(木) 17:12:28.08

右シャドーに狭いところでも前向けて
左利きでパスもドリブルもシュートもできる18歳を使ってみないか?

 

123 :2019/06/06(木) 17:25:44.89

西部みたく昔広島時代の森保の戦術を絶賛してた人が今批判してるからなあ
結構ヤバいよ

 

124 :2019/06/06(木) 17:29:02.32

後ろがダブついててな
もっと臨機応変に前でないと

 

125 :2019/06/06(木) 17:32:21.09

ミキッチや柏みたいな選手がいるの?

 

128 :2019/06/06(木) 17:34:41.11

中盤の守田柴崎がポンコツ過ぎて連携の取れた攻撃をするのが難しくなっていた

 

145 :2019/06/06(木) 19:16:59.89

なんか左利きの大久保みたいだよなこいつ

 

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1559790018/