長友よりも堂安よりも…35歳の長谷部誠が欧州で一番活躍できた理由

長友よりも堂安よりも……35歳の長谷部誠が欧州で一番活躍できた理由

 ロシアW杯から約1年が経ち、主要欧州サッカーリーグの18/19シーズンが終わろうとしている。メインイベントであるヨーロッパリーグ、チャンピオンズリーグの決勝も終わり、欧州でも主要どころの選手たちは代表モードやその前のつかの間の休暇に入り、メディアでは移籍の噂が絶え間なく飛び交う時期がやってきている。

 18/19シーズン、欧州では苦戦する日本人選手が多かった。岡崎慎司はポジションを掴みきれず、香川真司は移籍してもスタメンを掴みきれず、長友佑都も負傷で安定して出場を続けることはできなかった。W杯で日本代表を救った大迫勇也も負傷に見舞われたし、乾貴士は新天地となるはずだったスペイン・ベティスでチャンスをつかめず、この冬にアラベスに移った。W杯1ゴールの原口元気もドイツ・ハノーファーでの活躍を誓い背番号10を背負ったが、チームは二部に降格した。

 そんな中、ひとり気を吐いたのが長谷部誠だった。W杯敗退と同時に代表引退を発表、昨夏ブンデスリーガが開幕した頃は「モチベーションの問題」(本人談)でスタメンから外れていたが、一旦やる気を取り戻すと、チームの中心に返り咲いた。リーグ戦では全34試合中28試合にフル出場。UEFAヨーロッパリーグ(EL)では準決勝進出の文字通りの原動力になった。しかも、ドイツでもっともメジャーなスポーツ誌が選ぶシーズンベストイレブンにも選出された。日本からの投票が影響するウェブでの選出などとは違う、れっきとした現地の評価だ。

酒井よりも堂安よりも、なぜか長谷部

 フランス・マルセイユの酒井宏樹もリーグ戦では26試合先発と安定した出場を続けたが、ELでの活躍も鑑みると長谷部に軍配が上がる。オランダ・フローニンゲンの堂安律も全34試合中30試合出場、28試合でほぼフル出場したが、オランダリーグとドイツリーグではレベルやメンバー争いの厳しさに差があるのは否めない。

 つまり18/19シーズンで一番活躍したのは、日本代表引退した長谷部誠だったのだ。おっさんジャパンと平均年齢の高さを揶揄されたロシアW杯メンバーの中でも2番目におっさんだった長谷部が、並み居る若手を物ともせず、欧州組日本人選手の中で一番活躍したのだ。しかも、ここ数年の長谷部と比べても成長が見られるのは本当に、ハンパないの一言だ。

35歳の長谷部が“成長”できたふたつの要因

 なぜ、現在35歳の長谷部が過去の自分を超えるような成長ができ活躍できたのか。その要因は二つあるように思う。一つは、代表を引退したことそのものだ。代表を引退したことで、格段に時間の余裕ができた。18/19シーズンが始まってからの18年9月、10月、11月は、日本国内で日本代表戦は行われた。そして、19年に入り1月はUAEでのアジアカップ、3月はまた日本国内で2試合行なっている。 

 長谷部本人には、私も直接「代表引退と、今季活躍の因果関係は?」と聞いたことがあるし、他の記者陣がたずねるのを複数回聞いたことがある。どの時も返事は「たまたま自分が好調になった時期と代表引退が重なっただけ」と答えている。だから、本人の実感としては代表引退が今季好調の要因とは言い切れないようだ。だが、普通に考えれば身体を酷使するサッカー選手という職業で1年に5回、ロングフライトを伴う遠征をおこなっていれば疲労だって、時差ボケだって影響するはずだ。

 かつて、大迫勇也がケルンで7得点を挙げ、評価を確立しポジションを確固たるものにしたのは16/17シーズンだった。当時、ハリルホジッチジャパンで大迫は代表落選が続いた時期だった。代表選手が抜けるインターナショナルウィークにしっかりと休養をとり、戦術の確認とトレーニングを行えたことが安定した活躍の要因だと大迫は認めていた。さらに、代表に招集されないことで2連休などがとれるため「ヨーロッパを旅行しました。あれはあれで楽しかった」と精神的なリフレッシュに繋がっていたとも話している。

 欧州のクラブのメディカルスタッフは、日本代表がその活動に伴って長時間のフライトを強いられることを気にしている、と日本代表関連のドクターから聞いたことがある。疲労も蓄積するし、それが直接的間接的に負傷の要因になるという認識なのだという。代表戦を日本で戦った直後、例えば火曜日に日本で試合をして、土曜日にドイツのどこかでアウェイ戦などとなると先発から外れることが増えるのも、こうしたメディカルの観点からのアドバイスもあるそうだ。となると、代表を引退したことは、本人はそう自覚していなくても、欧州でのプレーにとってプラスだったのだ。

「ハングリー精神を取り戻した」きっかけ

 さらに言えば、代表主将としての精神的なストレスから解放されたことも大きいだろう。今季の長谷部は何かから解放されたような、明るい様子がとても印象的だった。代表戦に関しても「練習とかあって見られない」と言うことが多かった。いやいや、国外にいても日本のテレビを鑑賞する方法はいくらでもある。でもあえてそうしないことが、きっと長谷部の今の心境を表している。

 もう一つは、長谷部が元来持つ「強気」「闘争心」の部分だ。昨年夏は、ロシアW杯が終わり、代表引退も発表し、バーンアウトとまでは行かなくても少し精神的に難しかったのだろう。「モチベーションをあげるのが難しかった」と話している。結果的に、シーズン開幕から3試合は起用されていない。ただ、その3試合で闘争心に火がついた。「一回外されて、もう一回奮起した」「ハングリー精神を取り戻した」と長谷部自身は表現している。

 以前に内田篤人について、長谷部に話をしてもらったことがある。負傷が回復せず日本復帰かドイツ残留か悩む内田に長谷部は「何を弱気になっているんだ」と冗談抜きに欧州残留を強く勧めたのだそうだ。そのやりとりを見ていた内田の親友、吉田麻也は「ハセさんはああ言ってたけど、あの状況で強気だったらすごすぎるよ」と内田の気持ちを慮っている。長谷部の強気、闘争心の一端を見た気がした。

 そうした厳しさを自分自身にも求めていたということなのだろう。今季の自分の戦いを「純粋に選手としての評価が問われるシーズン」と位置付けていた。代表という肩書きも、プレッシャーも、負担もなくなり、一選手として欧州でどれだけ通用するかを楽しんでいたようだった。厳しさを楽しんでいたからこそ、のシーズンだったのかもしれない。

 誰もが年をとって成長できるわけでもない。肉体を資本とするアスリートともなれば時間はより残酷に迫る。それでも成長を続ける長谷部には勇気付けられるばかりだ。

了戒 美子

文春オンライン 6/2(日) 11:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190602-00012145-bunshun-spo&p=1

 

10 :2019/06/02(日) 14:38:24.99

代表を辞めて1人のサッカー人として勝負できるようになったからかな。ただ代表での経験が生きてることは言うまでもない。長谷部だけがたどり着けた景色。

 

11 :2019/06/02(日) 14:39:21.74

代表に拘束されてないのが一番大きいだろ
しかもクラブでは日本代表より格段上の監督が指揮しているのだから

 

15 :2019/06/02(日) 14:42:58.72

整えたからだろ言わせるな

 

26 :2019/06/02(日) 14:51:46.52

マガトにメンタルを鍛えられたからな

 

27 :2019/06/02(日) 14:52:41.93

>>26
まー確かに大久保も息が長いな

 

30 :2019/06/02(日) 14:55:51.26

クラブで活躍して代表に呼ばれて消耗して調子崩して・・・
みたいな流れは高原ぐらいから見てきたな
想像以上にハードなんだろうな

 

41 :2019/06/02(日) 15:10:10.28

バックパスが抜群に上手いから
前線にボール回せなくても生き残れる

 

55 :2019/06/02(日) 15:52:39.08

>>41
中盤の底、リベロのポジションだから評価されてる部分はあるよね。

他の日本人選手は前目で勝負してるからね。

 

58 :2019/06/02(日) 16:04:23.30

>>55
ボラやセンバで成功した日本人なんてほぼいないから
そこで体格に恵まれてるわけでもない長谷部がやってるのは普通にすごいわ

 

42 :2019/06/02(日) 15:10:42.03

なぜ堂安の名前が出るか?
本田ばりの右足オモチャをプッシュするのやめてくれ

 

61 :2019/06/02(日) 16:11:12.82

こうした連中は必ず酒井を完全無視か「酒井もいたが」のように一言申し訳程度に触れるだけという共通点がある
ようは試合なんか見てないんだろう

 

62 :2019/06/02(日) 16:13:15.74

昔はかなりのヤンチャだったんでしょ?

 

107 :2019/06/02(日) 19:36:21.41

チームがリーグでも特筆されるほど躍進して、その中心選手としてこの年齢の選手が活躍してたんだからな

 

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1559453661/