イニエスタを擁するヴィッセル神戸は何位?J1全18クラブを「推定市場価格」の総額でランキング化

イニエスタを擁する神戸は何位? J1全18クラブを「推定市場価格」の総額でランキング化!

「1選手平均」では川崎が神戸を逆転

 J1リーグは平成最後のゲームとなる第9節を終え、FC東京が首位を快走。名古屋グランパスや大分トリニータが上位を賑わせる一方で、ガンバ大阪、ジュビロ磐田、サガン鳥栖といったクラブが下位に低迷している。

 先月いっぱいで移籍選手の登録期限がクローズされたのを受け、J1全18クラブの「推定市場価格」を新たに更新したのが、ドイツの移籍専門サイト『tranfermarkt』だ。

 推定市場価格は同サイトが全世界のフットボーラーを対象に付けている”市場価値”で、年齢や実績、過去に生じた移籍金などを総合的に判断して算出されている。今回は各クラブの登録選手全員の評価額を合算した総額で、ランキングを作成してみた。

 堂々1位に輝いたのは、浦和レッズだ。総額3070万ユーロ(約40億円)で、個人のトップ10にファブリシオ(375万ユーロ=約4億8000万円)とエヴェルトン(250万ユーロ=約3億2500万円)のふたりを送り込んでいる。日本人選手も杉本健勇、槙野智章、興梠慎三、柏木陽介の4人が200万ユーロ超えを果たしており、タレント集団の面目躍如といったところだ。

 僅差で2位に食い込んだのが、ヴィッセル神戸である。総額は2808万ユーロ(約36億5000万円)で、リーグトップのアンドレス・イニエスタ(675万ユーロ=約8億7800万円)がグッと数字を押し上げている印象だ。現在7人の外国籍選手を抱えているが、ルーカス・ポドルスキ(230万ユーロ=約3億円)やセルジ・サンペール(200万ユーロ=約2億6000万円)、ダビド・ビジャ(150万ユーロ=約1億9500万円)と、イニエスタに比べれば評価額はさほど高くない。浦和と同様、日本代表の西大伍や山口蛍など日本人の高額プレーヤーを多く抱えているのがポイントだ。公表されていないが、もし総年俸でランキング化したなら、間違いなくダントツの1位だろう。

 3番手は、リーグ2連覇中の王者・川崎フロンターレで2655万ユーロ(約34億5000万円)。チームトップは小林悠(270万ユーロ=約3億5000万円)で、新加入助っ人のレアンドロ・ダミアン(250万ユーロ=約3億2500万円)が続く。

 今回は推定市場価格の総合値で比較しているが、クラブによって登録選手数はまちまち。総額を登録人数で割った「1選手平均」を出してみると、浦和が約99万3500ユーロ、神戸が約85万90ユーロで、そして川崎が約88万5000ユーロ。こちらでは神戸を抜いて川崎が2位となる。

J1全18クラブの「推定市場価格・総額ランキング」はこちら

 現在リーグ戦で首位のFC東京は11番目の総額で、かつて数多の日本代表を擁したガンバ大阪は12番目(しかも登録人数は37名!)。今ランキングでは下位の湘南ベルマーレ、松本山雅、大分トリニータが、今季はここまで堅調な成績を残している。

 以下が、J1全18クラブの「推定市場価格・総額ランキング」だ。「※」は1選手あたりの評価額を示している。

1位:浦和レッズ 3070万ユーロ(約40億円) ※99万3500ユーロ
2位:ヴィッセル神戸 2808万ユーロ(約36億5000万円) ※85万90ユーロ
3位:川崎フロンターレ 2655万ユーロ(約34億5000万円) ※88万5000ユーロ
4位:鹿島アントラーズ 2510万ユーロ(約32億6000万円) ※73万8200ユーロ
5位:セレッソ大阪 2378万ユーロ(約30億9000万円) ※62万5800ユーロ
6位:名古屋グランパス 2203万ユーロ(約28億6400万円) ※64万7900ユーロ
7位:サンフレッチェ広島 1960万ユーロ(約25億4800万円) ※65万3300ユーロ
8位:サガン鳥栖 1913万ユーロ(約24億8700万円) ※59万7800ユーロ
9位:清水エスパルス 1830万ユーロ(約23億7900万円) ※61万ユーロ
10位:横浜F・マリノス 1820万ユーロ(約23億6600万円) ※60万6700ユーロ
11位:FC東京 1808万ユーロ(約23億5040万円) ※56万5000ユーロ
12位:ガンバ大阪 1740万ユーロ(約22億6200万円) ※47万300ユーロ
13位:北海道コンサドーレ札幌 1605万ユーロ(約20億8700万円) ※50万1600ユーロ
14位:ジュビロ磐田 1470万ユーロ(約19億1100万円) ※43万2400ユーロ
15位:湘南ベルマーレ 1353万ユーロ(約17億5900万円) ※38万6600ユーロ
16位:ベガルタ仙台 1348万ユーロ(約17億5200万円) ※48万1400ユーロ
17位:大分トリニータ 1253万ユーロ(約16億2900万円) ※39万1600ユーロ
18位:松本山雅 1163万ユーロ(約15億1200万円) ※32万3100ユーロ

サッカーダイジェストWeb 2019年04月29日
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=57855

ともに数多の好タレントを抱える神戸と川崎。日曜日に行なわれた注目の一戦は後者に軍配が上がった。写真:徳原隆元
https://www.soccerdigestweb.com/photo/id=57855&page=1&no=01

 

6 :2019/04/29(月) 09:31:38.47

鳥栖の順位が高いのが切ない
9試合で1点しか取れてないのに

 

9 :2019/04/29(月) 09:39:51.19

大分、湘南

監督の差で充分戦えるな

 

14 :2019/04/29(月) 09:53:09.83

神戸がダントツの一位だろって思ったら
三木谷がアホで8億の選手に30億払ってるって話か

 

19 :2019/04/29(月) 10:44:31.44

神戸が山雅より下位ってなんか笑

あと、誰を獲得したら強くなれるんだ神戸?

 

21 :2019/04/29(月) 11:14:04.42

もはや年俸の高さが恥さらしになってきたなw

 

25 :2019/04/29(月) 11:24:22.12

大分のコスパの良さよwwwwwww

 

27 :2019/04/29(月) 11:49:56.22

現在の順位

*1 FC東京(約23億5040万円)
*2 名古屋グランパス(約28億6400万円)
*3 サンフレッチェ広島(約25億4800万円)
*4 大分トリニータ(約16億2900万円)
*5 浦和レッズ(約40億円)
*6 川崎フロンターレ(約34億5000万円)
*7 北海道コンサドーレ札幌(約20億8700万円)
*8 横浜F・マリノス(約23億6600万円)
*9 鹿島アントラーズ(約32億6000万円)
10 湘南ベルマーレ(約17億5900万円)
11 松本山雅FC(約15億1200万円)
12 ヴィッセル神戸(約36億5000万円)
13 セレッソ大阪(約30億9000万円)
14 清水エスパルス(約23億7900万円)
15 ガンバ大阪(約22億6200万円)
16 ベガルタ仙台(約17億5200万円)
17 ジュビロ磐田(約19億1100万円)
18 サガン鳥栖(約24億8700万円)

 

30 :2019/04/29(月) 11:55:56.32

イニエスタさん、バルサ時代年俸8億だったような

 

32 :2019/04/29(月) 12:07:01.93

>>30
スペインは税引き年俸で発表するから税込なら20億円くらい

 

45 :2019/04/29(月) 19:39:58.51

杉本健勇の獲得ほんと無駄だったな

 

48 :2019/04/29(月) 20:55:09.82

セレッソて今そんな大した選手いないのに何でこんなたけーんだ?
逆に瓦斯が印象の割には低い

 

49 :2019/04/29(月) 21:04:01.43

>>48
清武

 

51 :2019/04/29(月) 22:16:54.40

>>49
清武1人だけでそんな市場価値あるんかいな
総合で見たら瓦斯の方が高そうな気がするけど

 

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556497568/