山口蛍「このチームは一つのきっかけで大きく変わることができる。僕らにはアンドレス(イニエスタ)という希望がある」

ヴィッセル神戸

834 :2019/04/29(月) 13:36:50.68

覆面記者の目
明治安田J1 第9節 vs.川崎F
https://www.vissel-kobe.co.jp/app/?corner=report&id=20190100010320190428
>試合後、山口は「このチームは一つのきっかけで大きく変わることができる。僕らにはアンドレス(イニエスタ)という希望がある」と語っている。

 

836 :2019/04/29(月) 13:37:34.37

>>834
蛍さん相変わらずポエってんなあ

 

839 :2019/04/29(月) 13:39:04.48

>>834
いや、その希望がベンチとかならわかるけど一緒に出てましたやん?
桜時代もそうだけどコイツキャプテンとか向いてねーなww

 

842 :2019/04/29(月) 13:41:08.91

イエニスタ ─希望─

 

846 :2019/04/29(月) 13:42:51.14

>>834
とりあえずイニエスタにボール集めるってやってたけど、個人でどうにかしてくれるタイプじゃないからなぁ
トレーナーが体ボロボロって話してたようにそもそも去年より衰えてきてるし。イニエスタが体ぶつけられてロストも珍しいことじゃなくなってきた

 

847 :2019/04/29(月) 13:43:03.24

絶望のサンペール
希望のアンドレス

 

857 :2019/04/29(月) 13:54:30.15

覆面記者の特徴
・スペインサッカーに精通
・野球、競馬にも明るい
・歴史好き

この人もう隠す気無いだろw

 

867 :2019/04/29(月) 14:06:49.18

>>834
>「一体、どうしてしまったのか?」

冒頭のクセが強すぎて正体隠す気ないな

 

933 :2019/04/29(月) 15:04:00.63

覆面記者の目
https://www.vissel-kobe.co.jp/app/?corner=report&id=20190100010320190428

「一体、どうしてしまったのか?」
今、ヴィッセルサポーターの多くは、こんな気持ちになっているのではないだろうか。
筆者もその一人だ。
「史上最高のヴィッセル」。
そう呼ぶに相応しい陣容で臨んだ2019シーズン。
開幕戦こそ落としたものの、チームは確実に成長曲線を描いていた筈だった。
しかしここへ来て、まさかのリーグ戦4連敗。
試合後の選手たちの表情は、どこか自信なさげでもあり、自分たちのチームに起こっている事象を巧く捉え切れていないようにも見えた。
しかしである。
「負けに不思議の負けはなし」という。
この数試合、ヴィッセルが見せた戦いをつぶさに検証すると、そこには敗れるだけの理由があったことが解る。
理由があるということは、解決策もあるということだ。
これが、明らかに相手に技術面で上回られているのならば止むを得ないという考え方もあるのかもしれないが、幸いにもそうした問題は発生していない。
選手個々の能力値で見た場合、ヴィッセルがリーグでも上位の存在であることは間違いない。
ならば問題を正面から受け止め、それに対する解決策を見出していくことができれば、状況は必ず好転する。
今、厳に慎むべきは、この状況をメンタル面の問題として捉えてしまうことだ。
それは問題解決から最も遠ざかってしまう行為であり、原因不明の『スランプ』に陥る要因となってしまう。

 
>選手個々の能力値で見た場合、ヴィッセルがリーグでも上位の存在であることは間違いない(キリッ

 

936 :2019/04/29(月) 15:06:31.44

>>933
>「史上最高のヴィッセル」

凄く不吉な響きがあるんだが

 

939 :2019/04/29(月) 15:07:02.02

>今、厳に慎むべきは、この状況をメンタル面の問題として捉えてしまうことだ。

吉田孝行「次の試合にスタメンで出たいという気持ちがない選手がいた。見ていて歯がゆかった」

 

957 :2019/04/29(月) 15:24:22.38

覆面記者の記者僕わかったよ?小宮さんでしょう?

 

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1556469198/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

  1. Loveヴィッセル より:

    蛍、前で戦う貴方が希望で、ずるずる下がる貴方が絶望なのですよ。
    貴方が、前で相手のボールを取りに戦うときは、抜かれてもダンクレーがカバーできているのですよ。(ビデオで確認できていると思うよ)
    貴方がハーフエリアからPAまで、相手の前でずるずる下がったときが、ダンクレーも大崎も仕方なく下げられて、相手にフリーでシュートとパスを好きにされているのですよ。松本戦で他のみんなのチームにカモと思われているのですよ。
    吉田監督さま。敵の立場になって考えてビデオを見ましょう。
    バルサ化が崩れるのが、いつもそこからになっています。
    以前よりは良くはなってますが、まだ出てますよ。その点、サンペールのほうが、対応が早いと思われますが、日本代表を交代さすのはビビリますか。
    充分すぎるくらい、連敗をさせたんですから、根性を決めて動きましょう。
    開幕から見て、守備が崩壊してはバルサ化のバランスが取れないチームのようですので、守備の安定の上で、バルサ化があるということを信じて、ご自分の意思を貫き通してください。

タイトルとURLをコピーしました