2年連続で下位に低迷するガンバ大阪 宮本監督の重い言葉とチームの病巣

ガンバ大阪

553 :2019/04/26(金) 11:52:07.42

2年連続で下位に低迷するガンバ。宮本監督の重い言葉とチームの病巣。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190426-00839152-number-socc

 昨年は「奪還」、そして今年は「GAMBAISM(ガンバイズム)」をチームスローガンに掲げるガンバ大阪。しかし、2年連続でシーズン早々にスローガンを放棄するような足取りが続いている。

 近年、補強ではなく「補充」に終始しているフロントの見通しの甘さについては、これまでに何度も拙稿の中で指摘してきた。

 4月14日の浦和レッズ戦で0-1と惜敗。就任後、初となるリーグ戦3連敗を喫した直後の会見で、宮本恒靖監督は世代交代をめぐる悩みを、こう口にした。

 「そこのポジション(ボランチ)に関しては、今に始まったことでなく、ガンバがここ数年抱える、どうして行くんだという部分だと思う」

 長谷川体制の終盤は点取り屋不足に泣き、レヴィー ・クルピ前監督もまた、手薄なボランチの陣容に苦しんだ。そして、クラブのレジェンドでもある宮本監督もまた、万全とは言えないバックアップ体制の中で、苦悩のチーム作りを続けているのだ。

 8節を終えたガンバの立ち位置は15位。何らかの歯車が狂えば、予期せぬ低迷を強いられることはサッカー界において珍しい事柄ではないが、2年連続での低迷はチームの地盤沈下によるものだ。

「いい子ちゃんで勝てるほど……」

 まだシーズン序盤ではあるが、ひたひたと迫り来る降格圏転落の危機――。

 フロントだけではない。ピッチに立つ選手もまた、甘さを見せているからこそ、ホームで4敗1分けという数字が残っていると言わざるを得ないだろう。

 チームに巣食う一番の病巣は「負のGAMBAISM」である。

 「ガンバの選手はおとなしいという部分はあるけど、いい子ちゃんサッカーで勝てるほど甘くはない」

 浦和レッズ戦後、守護神の東口順昭は、あえて厳しい言葉を口にした。

 「いい子ちゃんサッカー」が、その顔をのぞかせたのは浦和レッズ戦のひとコマだ。スコアレスで拮抗していた後半42分、CKのこぼれ球をエヴェルトンに蹴り込まれ、決勝点を献上したガンバだが、シュートの瞬間、オフサイドポジションに立っていた興梠慎三の関与をめぐって、東口とゲームキャプテンの三浦弦太が飯田淳平主審に詰め寄った。

 試合終了のホイッスルと同時に、東口と三浦、キム・ヨングォンは再び飯田主審の元に駆け寄ったが、多くの選手は怒りを見せる様子もなかった。

宮本監督「少しおとなしすぎる」

 もちろん、サッカーにおいて審判は絶対である。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)システムを導入していないJリーグにおいて、時に微妙な判定が下されるのはやむを得ないことでもある。しかし、ワンプレーや勝利に対する執着の少なさが、今のガンバが抱える問題に見えてならないのである。

 「見ていてもどかしさもあるし、キャンプ中の練習試合でも同じようなことがあった。うちのチームがずっと持っているキャラクターというか、少しおとなしすぎるきらいもあるし、もっと声を荒げるようなシーンがあってもいい」

 浦和レッズ戦後、こう話したのは宮本監督だ。

 良くも悪くも淡々とプレーする選手が多いガンバだが、タイトル争いを演じてきた時代には必ずと言っていいほど、チームを引き締める「嫌われ役」が存在した。西野朗監督が率いた当時は、現在ヘッドコーチを務める山口智が最後尾から緩いプレーに目を光らせ、長谷川健太監督の時代には岩下敬輔(現サガン鳥栖)がチームにガッツをもたらしてきた。

 現在はそんなチームリーダーの不在がピッチ内の成績にも反映していると言えるだろう。

「心の隙」があるのではないか。

 序盤の失点癖は今年のガンバが抱える課題の1つだが、2-3で競り負けた横浜F・マリノス戦後にある主力が口にした言葉に、思わず耳を疑った。

 「試合の入りが緩かった」

 昨年はシーズン終盤にクラブタイ記録となる9連勝をマークしたが、絶体絶命の状況に追い込まれていた残留争いの危機感は、どこに行ったのか。

 「もっとお互いが要求しあって、喧嘩してもいいと思う。ひとりひとりがもっと何とかするという姿勢を見せないとチームは変わっていかないし、ズルズルと行ってしまう気配もある」(東口)

 手薄なポジションへのテコ入れも不可欠ではあるが、まず、ガンバに必要なのは選手の意識改革である。

 0-3で敗れたサンフレッチェ広島戦後、宮本監督が口にした言葉は実に重いものだった。

 「自分たちはタイトルを取ったことがあるチームだというような心の隙というか、そういうものがあるように思う」

 一人歩きしている感があるスローガンに拘泥することなく、指揮官はすでに現実的な戦いを見据えている。

宮本監督に今後求められること。

 浦和戦に続くホームゲームだった4月20日の大分トリニータ戦では昇格チーム相手に、5バックを採用。ファン・ウィジョとアデミウソンをベンチに温存し、後半勝負を挑んだガンバは、辛うじて連敗をストップした。

 今後、宮本監督に求められるのは「遠藤ありき」のチーム作りからの脱却ではあるまいか。依然、その戦術眼の高さと時折見せる輝きは残しているものの、守備面で明らかに不安を残す39歳の起用法は、チームの浮沈のカギを握ることになるはずだ。

 土曜の午後にも関わらず、17727人の観客しか集まらなかった大分戦。それでも昇格組に辛うじてホームで勝ち点1を手にした選手たちを待っていたのは、ブーイングではなく、後半の猛攻を讃える拍手だった。

 ユニフォームの左胸で燦然と輝く9つの星は、もはや過去のもの。かつてブラジルで取材していた当時、なんども耳にした決まり文句が、筆者の頭をよぎるのだ。

 「カミーザ ナォン ガニャ ジョゴ(ユニフォームで試合に勝つのではない)」

 常勝軍団として復権するのか、それとも過去の栄冠にすがるのか――。西の名門は、間違いなくその岐路に立っている。

(「JリーグPRESS」下薗昌記 = 文)

圧倒的な攻撃力を誇った頃のガンバは個性がぶつかりあっていた。今の選手たちは、どうか。 photograph by Getty Images
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190426-00839152-number-socc.view-000

 

555 :2019/04/26(金) 11:59:00.89

サトジュンの方がまだフロント批判ちゃんとしてて草
下薗これじゃダメだろ

 

556 :2019/04/26(金) 12:02:27.11

>>553
ボランチ問題
闘将タイプの選手がいない
遠藤ありきサッカーからの脱却

サポの誰もがわかってる事を長々と書かんでもこの3行だけで充分やで下薗さん

 

559 :2019/04/26(金) 12:15:32.11

>>553
遠藤に向かってスリングショットのゴム引いた下薗の姿が浮かんだw

 

560 :2019/04/26(金) 12:19:32.58

>>553
大分戦前のツイートで厳しい記事来るかと思ったが大したことなかった
ここで散々言われてること

 

561 :2019/04/26(金) 12:23:02.89

>>553
厳しい記事をかく宣言しておいてこれかよ
ぬるま湯やん。ズブズブやん
美砂さんの方がまだつっこんでるやん

 

562 :2019/04/26(金) 12:30:04.10

下園は散々高推しといて、やらかしたらダンマリだったり
自分で言ったことの責任とらないから信用してない

 

563 :2019/04/26(金) 12:30:18.92

宮本はん、決断の時やな
若手に入れ替えなされ

 

564 :2019/04/26(金) 12:35:30.80

何で宮本はフロントの言いなりで遠藤起用するだろうな
自分か遠藤のどちらを選ぶかって直談判しても勝てるだろ
何いい子になってんだ

 

566 :2019/04/26(金) 12:39:56.10

>>564
去年の就任直後にも言っていたが、ガンバ大阪に恩義を感じてるし、フロントの方針を無下には出来ないんだろうな。
それこそタイトル獲得して、監督の立場を不動のものにしたら、好きにできるやろうけど、
いうて、まだ監督就任から1年もたってないし、まだ我慢が必要やろな。

 

567 :2019/04/26(金) 12:45:37.65

去年のフロントの尻拭いをきっちりやり遂げただけでも十分発言権あると思うけどな

 

569 :2019/04/26(金) 12:47:41.83

問題点が一つだけなら、こんなにズルズルいってない
宿題消化しないまま引っ張ってきたから問題点が山積みになってる
一気に解消なんてことできんのやから一つずつ潰していくしかない

 

570 :2019/04/26(金) 12:49:22.23

昨季の戦力に上積み出来たなって感じることがほぼ無いからな
誰々が抜けたから誰々、でもボランチは知りません状態

 

571 :2019/04/26(金) 12:53:58.01

はっきりと遠藤脱却と明言したのは初めてじゃないか

 

572 :2019/04/26(金) 12:54:19.95

ツネならやってくれる
日曜は遠藤ベンチスタート
常勝軍団復活の時が来る

 

573 :2019/04/26(金) 12:57:13.36

そもそも契約更新してんじゃねーよ
遠藤イラネって4、5年前から思ってたわ。

 

575 :2019/04/26(金) 13:00:05.81

遠藤はシーズン終盤になると動きが良くなる

 

576 :2019/04/26(金) 13:01:42.30

以前はシーズン中盤には調子を上げてたけどね
ほんと衰えた

 

577 :2019/04/26(金) 13:04:38.71

代表選出されてた頃は代表ブーストもあった
だが今の遠藤はフィジカルの衰えた、ミスも増えた、ポジショニングだけが一級品のサッカー選手

 

578 :2019/04/26(金) 13:04:50.82

ここで言われてることがとかどうでもええ
Twitterみたいな多くの人が見るとこである程度周知されてる人がこういうこと載せただけで一歩
盲目なやつはともかく実はもやもやしてる人もそういう風潮に持ってける
まあサポがどんだけ求めようと何かが急に変わるわけじゃないけど

 

580 :2019/04/26(金) 13:09:54.85

下園が書きたかったのは遠藤外せってことだ
途中でベテラン云々あるのも遠藤のことだろう

番記者が外せって書いたのは確かに初めてな気がする

 

583 :2019/04/26(金) 13:12:35.27

>>568
だからルヴァンで結果を出し続けることが、大事。若手主体で結果を出し続ければ、ベテランを外す説得力が増す。
結果が出ないだけでは今のツネの立場では、独断では難しい。

 

584 :2019/04/26(金) 13:13:47.59

>>562
結局今回の記事も高を叩きたくないのがあるだろ

 

585 :2019/04/26(金) 13:18:09.51

特にボランチでの遠藤はもう駄目なのは分かりきってるけど
外部の人間のクルピでも内部の宮本でも結局外せないの
見ると高高江矢島市丸のレベルが低いんだろうけどな

結局フロントの責任

 

586 :2019/04/26(金) 13:19:12.80

ルヴァンで若手使って
負けたら「やっぱりベテランがいないと」
勝ったら「相手は二軍やから参考にならん」

 

587 :2019/04/26(金) 13:36:24.78

遠藤をクビにした上で並行してレギュラーレベルのボランチを取れるくらいの手腕がないのならJ1クラブである資格はない

 

588 :2019/04/26(金) 13:39:21.73

開幕戦の「試合の入りが緩かった」って倉田やったっけ。記事に実名晒してもいいと思う。

 

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1556101006/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました