吉田麻也に昌子源、冨安健洋、そして東京五輪世代 “弱点”から「人材の宝庫」となった日本代表センターバック

日本代表

吉田に昌子、冨安、そして東京五輪世代 “弱点”から「人材の宝庫」となった日本代表センターバック

 日本代表がコロンビア・ボリビアに挑んだ3月2連戦明けの週末。欧州ではリーグ戦が再開され、吉田麻也(サウサンプトン)、昌子源(トゥールーズ)、冨安健洋(シントトロイデン)という欧州組センターバック陣が先発フル出場を果たした。

 とりわけインパクトが強かったのが、パリサンジェルマンと初対決となった昌子だ。

「パリだからといって、チャレンジしなかったらフランスに行った意味がない。安パイなプレーをしていてもしょうがない」と代表期間に語っていた通り、彼は世界最高レベルのチームに積極果敢に挑むつもりだった。

 ブラジル代表のネイマールやダニエウ・アウヴェス、ウルグアイ代表のエディンソン・カバーニ、アルゼンチン代表のアンヘル・ディマリアといった各国代表エース級の選手が軒並み欠場し、超一流と言えるのは20歳のフランス代表FWキリアン・ムバッペくらいだったが、新世代のスターの凄さを昌子はまざまざと体感させられることになった。

 立ち上がりは慎重な入りを見せ、前半の相手得点シーンもVAR判定で取り消しになるなど、無失点で耐えていたトゥールーズ。だが、後半29分にワンチャンスで叩き込まれてしまう。右からのクロスをムバッペは右足で軽くコントロールして瞬く間にボレー。その速さと正確さには昌子も「人間ができる加速じゃない」と語ったというから、どれだけ驚いたか分かるだろう。こういった世界最高峰を日々体感できる環境に行ったことは、彼のみならず、日本サッカー界全体の収穫だ。

 吉田はイングランドで8シーズン目を過ごし、昌子は欧州5大リーグに参戦。20歳の冨安も今夏にはトップリーグへの飛躍が有力視されている。「今の日本代表を見ると、2列目アタッカー陣の次に選手層が厚い」と評されるほど、センターバックは人材豊富になりつつある。

「麻也君やトミはもちろんいますし、3月に呼ばれた弦太(三浦=G大阪)や槙之輔(畠中=横浜FM)もいい選手。欧州にはナオ(植田直通=セルクル・ブルージュ)もいる。僕は鹿島アントラーズでナオと一緒にやっていて、実力はよく分かっている。それにU-23世代には板倉(滉=フローニンゲン)君や中山(雄太=ズヴォレ)君もいて、彼らもいつこっち(A代表)に来てもおかしくない状態にいると思う。僕もロシアワールドカップに出たからって一歩リードしているって思いは全然ないですね」と昌子も危機感を募らせるほどだ。

 振り返ってみると、日本サッカー界はこれまでセンターバックの人材難にあえいできた。ご存知の通り、98年フランス大会から6回のワールドカップに出ているが、ベスト16入りしたのは2002年日韓、2010年南アフリカ、2018年ロシアの3大会。ある程度の成果を収められたのは計算できるDFがいたからだ。

 2002年を見てみると、フィリップ・トルシエ監督の「フラット3」という特殊戦術を忠実にこなせる森岡隆三、宮本恒靖、故・松田直樹、中田浩二がいたことが大きかった。大会中に森岡がケガをした際、宮本がカバーに入れたことも幸運だった。2010年は中澤佑二、田中マルクス闘莉王の鉄板コンビが相手の猛攻を跳ね返し続けた。「2人の一方、あるいは両方がいなくなったら日本の守備は崩壊する」と評されるほどの圧倒的存在感を誇った。

 そして2018年も欧州で実績を積んだ吉田が最終ラインをけん引。フランクフルトでセンターバックをこなして「ベッケンバウアーの再来」とまで言われた長谷部誠がボランチの位置からフォローしてくれたのも大きかった。

 ただ、こうして名前を挙げたメンバーがフル稼働できたからよかったものの、何らかのアクシデントで1枚、2枚と選手が欠けたら、日本の16強入りという歴史はなかったかもしれない。それほど限られた人材で乗り切ってきたのだ。

 しかし、ロシアの後はその状況が大きく変わりつつある。川島永嗣(ストラスブール)が代表から遠ざかっているGK、長谷部が去ったボランチ、大迫勇也(ブレーメン)への依存度の高い1トップの3ポジションは不安が増大しているのに、なぜかセンターバックは確実に国際経験値も、選手の能力も上がっている。そのアンバランスさは森保一監督の大きな悩みに他ならないだろうが、堅牢な守備システムを構築することは勝利への絶対条件。センターバックの人材が厚くなってきたことは前向きに受け止めていいのではないか。

 もっとも、さらなる競争激化のためには、植田や中山、板倉が所属クラブで定位置を確保し、コンスタントに出場機会を得ることが重要テーマになってくる。彼らが試合に出なければ、いくら欧州にいたとしても、森保監督は招集には踏み切れない。特に植田は足元のつなぎを重視する指揮官に認めてもらおうと思うなら、継続的にピッチに立ち、課題のビルドアップ能力を向上させる必要があるだろう。

 東京五輪世代の2人は、森保監督が兼任監督という点を考えるとかなりチャンスがある。すでに冨安がA代表に定着していることを考えれば、欧州での活躍は彼と同じ流れに乗れることを意味する。そこは本人たちも十分理解しているはずだ。

 彼らに続く海外挑戦組が出てくることも、今後を考えるとプラスだ。三浦に対しては槙野智章(浦和)も「チャンスがあれば海外へ行け」とアドバイスしたというから、彼自身もその気になっているかもしれない。昌子がパリサンジェルマンのムバッペや、モナコのラダメル・ファルカオ、リヨンのムサ・デンベレといったフランスリーグ得点ランキング上位に名を連ねるアタッカーと対峙し、挫折と前進を繰り返しているように、そういう厳しい環境に身を置くことは成長の早道だ。

 吉田もイングランドに行ってから飛躍的な進歩を遂げている。そういうクラスのセンターバックが何人も出てきて、指揮官が試合や状況に応じて選手を使い分けできるようになれば、日本代表の戦い方の幅も広がってくる。

 吉田、昌子、冨安という三枚看板の牙城を脅かす人材は出てくるのか。そして吉田らもさらなる高みに駆け上がるのか。彼らの所属クラブでの一挙手一投足が楽しみだ。(文・元川悦子)

アエラドット 2019.4.8 17:00
https://dot.asahi.com/dot/2019040800001.html?page=1

欧州の舞台で成長を続ける昌子(写真:getty Images)
https://dot.asahi.com/print_image/index.html?photo=2019040800001_1

 

3 :2019/04/08(月) 20:41:14.91

吉田?
アジアカップの決勝で戦犯を体現してたのに?
若いの育てろ、若いの

 

8 :2019/04/08(月) 20:45:55.29

三都主_宮本_坪井_山田暢
のDFラインを忘れてはいけない。

 

9 :2019/04/08(月) 20:45:58.65

CB はずっと吉田しかいなかったからなあ
吉田だって良いときも悪いときもあるが常に使わざるをえなかった
3人いればそのときの調子を見てスタメン決められるのは大きい

 

15 :2019/04/08(月) 20:51:14.65

候補は多いけどベスト16を越えるにはもっと突き抜けたのがいないとな

 

60 :2019/04/08(月) 21:15:35.12

>>15
ベスト16を超えるのは突き抜けた存在じゃなく
サブ組もスタメンと同等のレベルを維持してる選手層の厚さだろ

 

31 :2019/04/08(月) 20:59:41.87

中澤なんて下手くそ過ぎると言われてたのに、いつの間にか足元もうまくなってた

 

32 :2019/04/08(月) 20:59:43.53

本当のビッグ3はDFラインにおった

 

37 :2019/04/08(月) 21:03:08.27

今野と森重しか居なかったザック可哀想

 

43 :2019/04/08(月) 21:09:53.20

昌子は顔が旧世代過ぎる

 

46 :2019/04/08(月) 21:10:55.87

まぁ一時期に比べたら隔世の感はあるよね、でも
原石はいるけど宝庫と呼べるほど数いないでしょ
吉田と冨安が怪我したらどーすんだろって思うよ

 

48 :2019/04/08(月) 21:11:06.30

町田は早く海外行ったほうがいいわ。

 

54 :2019/04/08(月) 21:13:34.38

将来的に四大レギュラー期待できるのは富安くらいだがな

 

77 :2019/04/08(月) 21:23:39.04

清水の立田に期待してます

 

81 :2019/04/08(月) 21:33:15.80

公平に見て昌子のフランスでの守備ガバガバなんだがw

 

85 :2019/04/08(月) 21:39:29.85

仙台の常田いいぞ

 

116 :2019/04/08(月) 21:59:10.27

たまたま東京五輪世代が豊作だっただけでこの下の世代はやっぱり不作だぞ

 

125 :2019/04/08(月) 22:04:08.31

>>116
どのぐらい不作?

確か宇佐美とかいた時は2、3点取っても相手がCB目掛けて蹴りまくって負けちゃうぐらい不作だったぞ

 

128 :2019/04/08(月) 22:08:57.50

>>125
U20だと橋岡、瀬古、小林、あと三國かな
橋岡は良いけど身長が182でCBには少し低い、瀬古はフィジカルバカだし、三國はデカいだけ

 

122 :2019/04/08(月) 22:02:58.57

岩波はどうしてんだろ?
ここに割って入れそうかい?

 

126 :2019/04/08(月) 22:05:02.05

橋岡には期待しとるわ

 

131 :2019/04/08(月) 22:12:33.29

森岡と宮本ってどれ位、差があった?
確か、オーバーエイジで森岡呼んだほどだから、トルシエの評価は完全に森岡が軸だったと思うけど

 

135 :2019/04/08(月) 22:22:09.13

東京世代も冨安以外は身長で過度に期待されすぎてる気がするけどね
立田とか試合見る度に地上戦でやられてるし
一番伸びしろがありそうなのは町田かな

 

145 :2019/04/08(月) 22:28:55.65

冨安がいなかったら絶対イラン戦負けてた
アズムンに圧勝出来る日本のCBは冨安しかいない

 

148 :2019/04/08(月) 22:37:44.07

>>1
人材の宝庫
サウサンプトン(イングランド)
トゥールーズ(フランス)
シントトロイデン(ベルギー)
セルクルブルージュ(ベルギー)
フローニンゲン(オランダ)
ズヴォレ(オランダ)

?????

 

182 :2019/04/08(月) 23:51:00.02

>>148
それな、アジアの代表チームじゃ突出し過ぎてて凄すぎだよな

 

151 :2019/04/08(月) 22:49:03.64

昔茶野、坪井、田中誠の急造DFラインでチェコに勝った時は眼を疑ったなw
その当時に比べたら、CBは格段に海外組増えて、質も上がったのは分かるが、一向にセットプレーでの失点が減らないのは何故なんだろうか‥

 

155 :2019/04/08(月) 22:55:18.73

>>151
田中誠がケガしてハワイにいた茂庭を追加招集して
坪井がワールドカップ初戦で足がつって茂庭を出さざるを得なくなったのを思い出したぜ

 

157 :2019/04/08(月) 22:59:50.51

吉田も昌子もクラブでは攻撃的CBって印象で守備の所は相方に頼ってる感じだしな
富安には頑張ってもらわんと

 

174 :2019/04/08(月) 23:23:11.98

確か下の世代のCBも190cm位あるよな
何かどんどんデカくなってる

 

188 :2019/04/09(火) 00:01:32.40

富安と昌子って吉田より上だろ

 

195 :2019/04/09(火) 00:49:00.96

昌子入ってからトゥールーズの失点減ったけど
得点が少ないから勝ててない

 

208 :2019/04/09(火) 02:53:29.72

数だけいても……

 

215 :2019/04/09(火) 05:41:28.24

鹿島の町田に注目だろ

 

218 :2019/04/09(火) 06:38:34.75

ロンドン世代がガチでCB冬の時代だったな
リオで持ち直して東京は豊作になったと

 

223 :2019/04/09(火) 08:18:51.66

町田は左利きのCBなんだよな
超貴重だから代表に呼んでもいいくらいだろう

 

236 :2019/04/09(火) 10:22:59.31

中澤トゥーリオはそこまでとは。阿部がアンカーやってようやくって感じ。
吉田昌子のコンビが今のところ最強ね

 

237 :2019/04/09(火) 11:23:25.51

吉田昌子も長谷部ありきだと思うが

 

243 :2019/04/09(火) 13:07:06.45

ずっと日本のウイークポイントは守備だったからな
なんとも頼もしいバックス陣が揃った

 

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554723623/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました