地獄から這い上がってきた宮市亮「ようやくサッカー選手らしくなってきた、サッカー選手になった。そんな感じです」

ザンクトパウリ

地獄を見た宮市亮「ようやくサッカー選手になった」

地獄から這い上がってきた宮市亮に「今、楽しいですか?」と聞いてみる。

「ようやくサッカー選手らしくなってきた、サッカー選手になった。そんな感じです」

笑っていた。少し恥ずかしそうにしながら。ただ、言葉は力強かった。プロになって9年、26歳になった。けがも完全に癒え、ようやくサッカー選手としての日々を思う存分、生きている。

「毎日痛みもなく練習場に行って、練習着に着替えて、外に出て、サッカーをして、週末に向けて準備する。週末は試合に出てゴールを決める。もう、半端ないです」

大迫の活躍で流行語になったフレーズも飛び出した。

アーセン・ベンゲル監督に才能を認められ、18歳の誕生日に名門アーセナルと契約を結んだ。中京大中京高の卒業式にも出ず、Jリーグも経験せず直接、欧州に渡った。

存在そのものが日本の明るい未来だった…

10代で日本代表に初招集され、国際Aマッチデビュー。あの時は、宮市の存在そのものが、ある意味、日本サッカーの輝ける未来だった。

だが、度重なるけがに泣かされ、いまだに1シーズン通してプレーした経験がない。今はドイツ2部。北部の大都市ハンブルクのザンクトパウリというチームで、開幕からずっと戦力として存在感を示し、シーズン終盤の激しい1部昇格争いに力を注ぐ。

「ここまで、けがもなく、常にいい状態。今シーズンは1度も離脱していない。それが大きなこと。離脱せず、毎日毎日練習を積み重ねることがどれだけ大事かを、身に染みて実感しています」

練習から常に100%を求められ、日々、過酷な生存競争にさらされている。その先にようやく、週末のリーグ戦や各国代表での国際Aマッチ、晴れ舞台がある。注目を浴びる試合の90分は、気の遠くなるような日々の地道な積み重ねの先にだけある。今は、それを確かな手ごたえともに痛感する毎日だ。

「昔、若い時はビッグクラブ、プレミアリーグにいましたし、もちろんプロなんで結果を求めるんですけど、とにかく結果だけを求めていた。バクチというか、1発当ててやろうと。でも、けがをして地道に積み重ねて結果を出すことが大事で、それでしか結果は出ないんだということを学びました。結果は出すものじゃなくてついてくるものだと」

日本人離れした爆発的なスピードで相手をぶち抜くプレースタイルを引っさげ、欧州に乗り込んだ。高校時代、100メートルを10秒84で走った。異次元ともいえるスピードは欧州でも通用した。だが、常にフルスロットル。いつもけがと隣り合わせ。復帰しても、すぐまたアクセルをベタ踏み。取り返そうとして、けがを繰り返す悪循環。いつしか自分を見失ってしまった。それが長い、長いトンネルの入り口だった。

「常に焦りがあった。早く結果を出さないといけないと。海外に行って、まわりを見たら、ビッグクラブでみんなどんどんステップアップして上に行く。ネイマールも同世代。毎日すごく焦っていた。とにかくあいつらに追い付きたいし、できる、できるはずだって」

いつしかもう、宮市亮ではなくなってしまう。

エジルになろうかと思った

「アーセナルに行って、自分の持ち味だったスピードが長所と思えなくなった。今思えば、速いし、できていたんですけど。その当時は、全くまわりが見えていなかった。まわりがうますぎて、自分なんて全然だめなんじゃないかと自信を失っていた。エジルのパスがいい、あんなパスを出せたら、もう足なんて速くなくてもいい。もうエジルになろうかと思った時もありました。自分が見えなくなった。隣の芝は青く見えるじゃないですけど、自分にないものを求めすぎて、自分を見失ってましたね、当時は」

スピードという最大の武器を信じられなくなった。ドイツ代表でワールドカップ(W杯)も制した同僚の司令塔メスト・エジルは練習からため息がでるほど、サッカーがうまかった。あこがれ、本気でなろうとしたことさえあった。今は笑い話にできるが、当時は本気だった。

器用なタイプではない。物事を突き詰めて考えるまじめな性格。日常生活なら、それらすべてがプラスの要素として、いい人・宮市を形作るが、世界中からダイヤモンドの原石とスターだけを集めた極限の日常では、気持ち1つでその長所がマイナスに。

「フェラーリより強く、速く」

欧州では、自分探しの旅をしている悠長な時間はない。心と体のバランスを崩し、けがの直後も、1発で取り戻そうと無理をして、けがを重ねる悪循環。泥沼にはまりこむ。以降、移籍を繰り返し、結局アーセナルを飛び出し、ドイツ2部に新天地を求め再起を期す。

しかし、ここでも挫折が。無理がたたったのか、選手生命を脅かす2度のけがを負う。致命傷ともいえる膝の大けが。左、右と、前十字靱帯(じんたい)断裂を2度も。「もう終わった」なんていう声もあった。

「けがした瞬間は、もう、この世のネガティブな要素がすべて体に襲ってくるような、そんな感覚でした。ずっとYahoo!とかで前十字靱帯と調べたり、手術のことを調べたりしていました」

家族や周囲にも支えられ、合計2年以上の長期離脱を、無駄にはしなかった。けがの功名と表現すれば簡単すぎるが、自分自身を見直す時間とし、宮市亮という存在を取り戻していく。ようやくつかんだ、サッカーをプレーできる日常。単純だが、その計り知れない喜びで、大事なことに気づく。

「あの時は焦っていた。地道な取り組みでしか結果は出せない。今、焦りなんてものは全くない。むしろその焦りがないことで、サッカーを楽しめている。今、サッカー選手であることがどれだけ幸せなことか」

2度、膝を手術してもらったドイツの名医からは、リハビリ後に「お前の膝はもうフェラーリより強く、速く走れる」と背中を押された。完治した両膝への手ごたえも頼りに、1日1日、1歩1歩着実に、地道に前に進む。

ごく身近なJリーグから踏み出さず、いきなり欧州、それも最高峰のプレミアでプロの世界に飛び込んだ。それゆえ、これだけ回り道をしたという見方もある。「今、18歳だとして、アーセナルから話が来たら?」と聞くと「行きます」と即答だった。

「プロとして大事なもの、こういうメンタリティーでいてはいけないんだというものを若くして感じられたことが、今に生きている。もう自分を確立しました。リハビリの期間中、生きていく道はここしかないんだ、スピードを高めていくだけだと確認できた。アーセナルの時は速いといっても、ただ、親からいただいた天性のものを発揮する、それだけ。それでけがをした。今はけがをしない走り方、速く、力強く、自分の武器を感覚的ではなく、研ぎ澄ませて、考えられるようになった。自分の武器をさらに明確にできるようになりました」

あの時があるから、今がある。けがも乗り越えた。つらい思いも、前向きに振り返ることができる今があるから、迷わず言うことができる。10代に戻って、やり直すとしても同じ道を選ぶ。

宮市亮は死んでいなかった。生き返った、いや、生まれ変わった。

今はもう、未来もまわりも気にならない。焦りもない。そんな宮市が、話の途中に何げなく、こうつぶやいた。

「でも、やっぱり、僕も日本代表でW杯を戦うために、海外に行きましたし」

やはり今も、宮市亮は、日本サッカーの未来になり得る。遅いなんてことはない、そう信じたい。

今を必死で生きる。地道な積み重ねの先にだけ、未来がある。

「今シーズン、毎日毎日しっかりやっていたら、結果はついてくる。結果がついてくれば、その先に、どんな未来でも待っているのがヨーロッパのサッカーの世界ですから」

こうして壁をクリアし、這い上がっていく。【八反誠】

日刊スポーツ 4/6(土) 13:59配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-00010000-nksportsg-socc

2019年4月、まだ肌寒いハンブルクの街を歩く宮市
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-00010000-nksportsg-socc.view-000

 

11 :2019/04/06(土) 18:07:18.32

8割くらいでやってるのに今だ相手ぶっちぎるほどの加速力があるな・・
相手のタックルがアフターになりまくってるし、宮市もしっかり転ぶようになってるわw

 

18 :2019/04/06(土) 18:10:57.32

アーセナルの青田買いは成功率1割

 

21 :2019/04/06(土) 18:12:17.06

素直によかったなって思うわ

 

37 :2019/04/06(土) 18:18:30.02

もうクリロナみたくスペシャルなワンタッチゴーラーでいいよ。
下手に足をひっかけられなければ。
今シーズンは全部ヘッドだっけ?続けよう。フィニッシャーを続けよう。

 

48 :2019/04/06(土) 18:22:05.15

YAHOOで調べるんだ

 

50 :2019/04/06(土) 18:23:20.74

代表入りするかな

 

57 :2019/04/06(土) 18:26:33.88

カタールには間に合うな

 

65 :2019/04/06(土) 18:29:39.69

宇佐美、柴崎と同い年だよね

 

76 :2019/04/06(土) 18:35:05.51

今の所属クラブから愛されてるからな
クラブと一緒に昇格してほしいわ

 

84 :2019/04/06(土) 18:37:24.26

日本代表入るとしたらどのポジなん?

 

102 :2019/04/06(土) 18:41:32.59

>>84
中島、乾の左サイド
ここには奥川も控えてるしすごい競争だわw

 

112 :2019/04/06(土) 18:45:50.24

>>102
クラブでは先発は殆ど右サイドじゃね?

 

103 :2019/04/06(土) 18:42:12.16

ベンゲル被害者の会

 

122 :2019/04/06(土) 18:49:11.31

チームメートだったワイナルドゥムは出世したぞ

 

135 :2019/04/06(土) 18:53:14.46

>>122
一方カスタイニョスは朝鮮リーグまで落ちぶれてる

 

124 :2019/04/06(土) 18:49:34.42

出続けてればまた代表に呼ばれるかもしれんな。森保さんだし。

 

136 :2019/04/06(土) 18:53:57.82

>>1
関根や井手口や奥川よりブンデス2部で活躍してるからな

 

143 :2019/04/06(土) 18:57:07.29

まあブンデス2部で大活躍とまではいかないけど戦力になってるレベルだから良かったな

 

174 :2019/04/06(土) 19:14:01.75

普通のペースで試合にでて1年間やっとやりきれそうねw

 

179 :2019/04/06(土) 19:17:07.82

[選手名]: 宮市亮(みやいちりょう)
[国籍]: 日本人
[出生地]: 愛知県岡崎市
[生年月日]: 1992年12月14日
[身長]: 183cm
[体重]: 70kg
[ポジション]: FW (WG)
宮市亮
[利き足]: 右足
[チーム]
中京大学附属中京高等学校
2011-2015 アーセナル
2011 →フェイエノールト(loan)
2012 →ボルトン(loan)
2012-2013 →ウィガン(loan)
2014-2015 →トゥウェンテ(loan)
2015- FCザンクトパウリ
[タイトル・記録]
FAカップ 2012-13
FAカップ 2013-14
FAコミュニティ・シールド 2014
など

 

181 :2019/04/06(土) 19:17:53.83

宮市亮
|年|年齢|年俸(円)|チーム|出場数|得点数|
アーセナルに加入 1試合 0得点
2011 (19)  3,000万円
フェイエノールト(loan)に移籍 12試合 3得点
ボルトン(loan)に移籍 12試合 0得点
2012 (20)  3,880万円
ウィガン(loan)に移籍 4試合 0得点
2013 (21)  3,000万円
トゥウェンテ(loan)に移籍 10試合 0得点
2014 (22)  2,000万円
FCザンクトパウリに移籍 23試合 2得点
2015 (23)  2,000万円
2016 (24)  2,500万円
2017 (25)  3,000万円
2018 (26)  3,000万円

年俸総額 1億9380万円 62試合 5得点

 

194 :2019/04/06(土) 19:24:52.48

2018-19 ブンデスリーガ2部 ザンクトパウリ

19試合 3G0A

だってよ

 

195 :2019/04/06(土) 19:25:25.74

ネイマールの十分の一でもダイブ能力を身につけていたら

 

198 :2019/04/06(土) 19:26:39.25

>>195
上手に倒れる技術は必要かもな
ファウルとれれば、もっといいんだろうけどw

 

224 :2019/04/06(土) 19:45:43.24

宮市曰く怪我する前より速くなったって言ってたみたいだけどマジかな?

 

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554541397/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました