スペインの知将が森保ジャパンをぶった斬る「プレースピードが遅い」

日本代表

スペインの知将が森保Jをぶった斬る。 「プレースピードが遅い」

「日本のプレーはスローだった。ポゼッション率は高かったが、横パスが多すぎた。なかなか”ラインを破るパス”を入れられていない。中島翔哉(アル・ドゥハイル)、堂安律(フローニンゲン)の投入で、攻撃はスピードアップしたが……」

 スペイン人指導者、ミケル・エチャリ(72歳)は、1-0で勝利した日本代表のボリビア戦について、そう語っている。

 2012年、エチャリはバスク代表(FIFA非公認)を率いて、ボリビアを6-1と粉砕している。守りにおいては堅実なファイターだが、対応力に限界のあるボリビアを、戦術的に完全に打ち負かした。弱点を見極めるスカウティングは、まさに知将ならでは、だった。

 そのエチャリは、ボリビアと戦った日本をどのように評価したのか。

「日本はボリビア戦をテストと位置づけたのだろう。主力中心だったコロンビア戦からスタメンを全員入れ替えた。4-2-3-1というシステムで選手を試しながら、高いレベルでプレーできる個々の力量を見極める試合だったか。

 対するボリビアは、4-4-1-1を採用。守備のブロックを作って、カバーを怠らず、我慢強く守った。攻撃に関してはほとんど形を作れなかったが、守備は戦術的に整備されていた。

 日本はボールを支配し、ポゼッション率は70%を上回っている。しかし、プレーはスローだった。とくに前半は横パスが多すぎ、相手が守備ブロックを作る時間を与えてしまい、攻撃は立ち往生した。敵陣深くまで入れない時間が続いた。後半になっても、途中までは、その流れは大きく変わっていない。コンビネーションが円滑でなく、攻撃面は物足りなさが残ったと言える」

 エチャリは苦言を呈する一方、評価する選手もいた。

「ボランチに入った橋本拳人(FC東京)のプレーは特筆に値した。守備面での仕事の質は高かった。スペースを支配しながら、ボールが入るタイミングを迅速に予測。非常に鋭い出足で、インターセプトに成功していた。

 先発メンバーの中で、橋本は一番気に入った選手だ。

 中盤で橋本とコンビを組んだ小林祐希(ヘーレンフェーン)も、悪いMFではないだろう。左利きで、パスセンスには見るべきものがあった。ただ、守備面に課題があるように見えた。もうひとつ前のポジションのプレーヤーではないか。

 前線では、トップ下に入った香川真司(ベシクタシュ)の動きが鈍かった。ボールを受けに中盤に落ち、サイドにも積極的に流れていたが、効果的ではない。連係が思うようにいかず、ロシアW杯のようなプレーは見せられなかった。それは宇佐美貴史(デュッセルドルフ)、乾貴士(アラベス)も同じだろう。とくに宇佐美はほとんど存在感がなかった。

 一方で、1トップに入った鎌田大地(シント・トロイデン)は少なからず可能性を感じさせた。サイドに流れてから、ディフェンスの裏を取るように対角線に流れる動きは、感覚のよさを示していた。GKとの1対1は外してしまったが……」

 日本はボリビアの守りを崩せないまま、後半15分まで突入。そこで、中島、堂安、さらに南野拓実(ザルツブルク)を投入したことによって、局面は大きく変化している。後半31分、鮮やかなカウンターから中島が決勝点を決めた。

「得点シーンは、左サイドで橋本がサイドバックの佐々木翔(サンフレッチェ広島)と連係して、相手選手からボールを奪い返したところから始まっている。

 このカウンターで、堂安はボールをドリブルでポジション的優位なほうに運び、4対3という数的優位の局面を作ったうえで、南野へパス。さらに南野は、左サイドを駆け上がった中島へ、間髪入れずにパスを流している。中島はDFとの1対1から切り返して角度をつけ、右足でニアを破った。

 この夜のベストプレーだったと言えるだろう。

 中島、堂安、南野の3人は、その後も活溌に動き、チャンスを作り出している。

 中島はドリブルから鎌田との連係も積極的に試みていた。パスが跳ね返されても拾い、すかさず左足でGKの頭上を狙い、シュートをバーに直撃させている。そのこぼれ球を南野が狙ったシーンは、結局オフサイドになったが、連続攻撃には迫力があった。また、ショートコーナーから中島と堂安がパスをつなぎ、鎌田のヘディングシュートも演出。リードを許したボリビアが攻めに転じたことで、スペースが空いたこともあったとはいえ、3人の投入で攻撃は活性化していた」

 結局、日本は1-0でどうにかボリビアを下した。エチャリは、その戦いを以下のように総括している。

「日本はボリビアにほとんど攻撃をさせなかった。橋本を中心に安定した堅固な守りで相手に流れを与えず、オフェンシブな戦いを続けた。その点は、正しく評価するべきだろう。そして交代出場した中島や堂安で試合を決めた。

 ただし、敵陣に向かってのプレースピードを上げる、ということを課題のひとつとするべきだ」
(つづく)

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki

web Sportiva 2019.04.02
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jfootball/2019/04/02/post_46/

 

4 :2019/04/02(火) 07:16:53.31

判断のスピードが遅いからだろうね

 

5 :2019/04/02(火) 07:18:48.40

香川も宇佐美もオールドプレイヤーって感じだもんな

 

6 :2019/04/02(火) 07:19:16.14

激しく同意

 

7 :2019/04/02(火) 07:19:40.94

香川が交代してから速くなったな

 

14 :2019/04/02(火) 07:26:24.01

自己中2列目で停滞するからなぁ…

 

40 :2019/04/02(火) 07:43:53.18

コネコネJAPANの悪夢はもう勘弁してください

 

41 :2019/04/02(火) 07:44:10.33

バスク代表なんてあるんだ

 

43 :2019/04/02(火) 07:45:18.73

>>1
今回スタメンだった控えDFは縦パスが出せない連中だったからな。

 

49 :2019/04/02(火) 07:50:15.99

畠中ってやつのパススピードがいちいち遅かったな

 

73 :2019/04/02(火) 08:30:11.60

うまくハマれば早いんだから
その程度のレベルってだけだろ

 

84 :2019/04/02(火) 08:49:54.46

乾とかリーガでは、あのスピードでやれてるのに、代表だと遅くなる上にミスも増える

 

95 :2019/04/02(火) 09:02:30.88

「香川にマンマークついてきてただろ 」

ボリビアは香川にマークをつけるような警戒をしてないのでヨロシク

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00010036-goal-socc
ビジェガス監督
「韓国戦ではサイドチェンジに驚かされた。逆サイドをマークできず、(今日は)そこをケアした。
乾(貴士)を特にマークするように言った。彼は非常にレベルが高く、何度も突破を試みていて、そこは警戒していこうと話をしていた」

 

107 :2019/04/02(火) 09:12:34.50

香川を中島に変えただけで勝った試合って印象しかない

 

111 :2019/04/02(火) 09:27:04.53

>>107
正確には香川に変えて南野を入れてからだな
香川が消えてNMDが揃ったことで一気にスピードアップした
香川は「試合が動いたのは相手が疲労しただけ」とか見苦しい言い訳してたけど、おめーがいなくなったからだよ!とオモタ

 

118 :2019/04/02(火) 10:15:04.73

シュート撃たないし横パス・バックパスばかりで相手は全然怖くないだろうな

 

136 :2019/04/02(火) 10:45:48.99

宇佐美とか右でボールもったとき、縦行けばいいのに味方との連携頼りでショートパスをミスってカウンターくらってたからな
西との相性が悪かったのもあるが、個人のプレーも酷すぎた

 

139 :2019/04/02(火) 10:47:26.77

香川はほんとうに鈍かった
判断が遅いしパスも遅いしとにかく遅い

 

140 :2019/04/02(火) 10:48:11.07

わざわざ相手の守備陣形が整うのを待ってるからな。

 

141 :2019/04/02(火) 10:49:28.94

中島みたいにもっと切れ込んでミドルシュート打たないと

 

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554156883/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました