中島、南野、堂安の2列目は不動なのか?香川復帰による“新旧融合”の秘めたる可能性…宇佐美は流れを変えるジョーカー役

中島、南野、堂安の2列目は不動なのか? 香川復帰による“新旧融合”の秘めたる可能性

攻撃の“スイッチ役”である左の中島は不動 右の堂安とトップ下の南野は…

 森保ジャパンは3月22日、キリンチャレンジカップでコロンビア代表(日産スタジアム/19時20分キックオフ)と対戦する。今シリーズの大きな見どころは、ロシア・ワールドカップ(W杯)以来の代表復帰となったMF香川真司(ベジクタシュ)の起用法だが、それに伴い浮上するのが新体制を牽引してきたMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)、MF南野拓実(ザルツブルク)、MF堂安律(フローニンゲン)の処遇だ。“2列目トリオ”は不動なのか。選手たちの言葉も基に、組み合わせを探る。

 ロシアW杯後に就任した森保監督は、リオデジャネイロ五輪世代を積極的に起用。なかでも、トップ下・南野、左に中島、右に堂安という2列目は、推進力と連動性を備えた攻撃の重要なオプションとなった。今年のアジアカップは中島が不在だったものの、FW大迫勇也(ブレーメン)を頂点に据えた顔ぶれが、これまでの森保ジャパンにおける“ベストメンバー”だった。

 そのなかで今回、香川がロシアW杯以来の代表復帰。2列目に新旧融合の可能性が浮上している。

 2列目で最も「不動」なのが中島だろう。ドリブル突破を含めて個で局面を打開し、チャンスメークする力は、南米の強豪ウルグアイのDFディエゴ・ゴディン(アトレチコ・マドリード)やDFマルティン・カセレス(ユベントス)も苦しめたほど。南野も「翔哉がボールを持って前を向いて仕掛けるのは武器になる」と話しており、攻撃の“スイッチ役”として同じサイドアタッカーのMF乾貴士(アラベス)をリードしていると言える。

 では、右の堂安はどうか。現状では、ロシアW杯以来の復帰となったMF宇佐美貴史(デュッセルドルフ)よりも森保ジャパンで試合数をこなし、中島や南野とのコンビネーションも上を行く。“香川との共演”という面では宇佐美が経験値で勝るが、堂安自身は不安はないと話している。

「(僕は)イメージでやるタイプじゃない。感覚でピッチに立って、このへんに出してくれるだろうなとか、このへんに出したらいるだろうなという感覚でやるタイプ。(香川は)僕がいちいち説明する必要もないくらいの素晴らしいトップクラスの選手」

 宇佐美の方が試合途中に流れを変えるジョーカー役の適性があることを踏まえても、現時点では堂安が最有力候補だろう。

A代表初招集の鈴木は香川を称賛「技術も高くて頭もいいし、守備のことも考えている」

 そして、最大の焦点となるのが、再び「10番」を託された香川が、南野が君臨してきたトップ下に割って入るかだ。

 新体制初陣でキャプテンを務めたMF青山敏弘(サンフレッチェ広島)は、森保監督が“9.5番”タイプの役割を求めていると明かしていた。香川が「タイプは違うと思っている」と言うように、南野がよりストライカーに近いトップ下で、縦への推進力とスピードを持ち味とするのに対し、香川は実質的なゲームメーカーとして、スペースを上手く使いながら、周囲の選手と連動して攻撃にリズムを生んでいく。新体制で初招集とはいえ、香川にはそのハンデを埋められるだけの技術と経験がある。

 また、A代表初招集のFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)は、香川の守備面にも、「技術も高くて頭もいいし、見ていた以上に守備のことも考えているなという印象」と太鼓判を押している。実際、過去にはMF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)の“0トップ起用”でトップ下として守備のタスクをこなす経験もしており、ハードワークの部分でも不安はない。

「これまで招集していなかった選手を含めてチームとして経験値を上げて、日本代表の選手層を厚くする底上げをしていきたい」

 森保監督は前日会見で“融合”によるベースアップ化を掲げている。今回はエースの大迫が不在で、FW登録も鈴木と鎌田大地(シント=トロイデン)の初招集組2人のみ。南野は1トップ起用に備えて頭でイメージを描いていることも明かすなど、様々なシチュエーションが考えられる3月シリーズだが、いずれにしてもトップ下・香川は今後の有力なオプションとなっていくだろう。

Football ZONE WEB 2019.03.22
https://www.football-zone.net/archives/177956

(左から)MF中島、MF南野、MF香川、MF堂安【写真:Yukihito Taguchi&Getty Images】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190322-00177956-soccermzw-socc.view-000

 

5 :2019/03/22(金) 06:55:40.06

そりゃ今までの2列目崩していきなり香川入れたりしないだろうし、あっても途中投入でしょ
ボリビア戦はどうなるかわからんけど

 

7 :2019/03/22(金) 07:11:17.35

中島がダメな相手に宇佐美を投入したってドリブルで抜けないだろ・・・

 

8 :2019/03/22(金) 07:16:47.66

2戦目が乾香川宇佐美の2列目になるのか

 

9 :2019/03/22(金) 07:17:54.40

僕はイメージでやるタイプじゃない → うん
このへんに出してくれるだろうなと感覚でやるタイプ → は?

 

12 :2019/03/22(金) 07:24:20.74

まだ宇佐美とかw
過去流れ変えられた試しがあったかよw

 

14 :2019/03/22(金) 07:29:30.10

なんで堂安のライバルは宇佐美限定なんだよ
左中島、右乾でいいじゃん
もう堂安も宇佐美も諦めろよ
代表レベルじゃないだろこいつらは
なんでしつこく重用するんだかねぇ

 

15 :2019/03/22(金) 07:31:24.44

宇佐美は単なる数合わせだからコパで大活躍とかしないともう代表に呼ばれないと思うが

 

17 :2019/03/22(金) 07:34:23.63

>>14
堂安に関しては東京五輪あるからなあ、A代表で経験積ませたいんでしょうよ
宇佐美は・・・

 

18 :2019/03/22(金) 07:34:44.95

>>7
中島は捏ねるなら、比較して球離れの速い宇佐美なら流れ変わる可能性が多少は

 

20 :2019/03/22(金) 07:36:58.42

宇佐美は流れを変えるジョーカー役 (悪い意味で)

 

23 :2019/03/22(金) 07:40:45.33

乾が右でええやん。
クラブでもやってるやろ。

 

24 :2019/03/22(金) 08:08:12.04

堂安とかアジア相手に何も出来なかったやつより、宇佐美使えよ。

 

25 :2019/03/22(金) 08:11:02.46

長友居ないのは痛いな。なんだかんだ言っても停滞した時の上りは武器になる

 

26 :2019/03/22(金) 08:17:45.48

なんで、サッカー界最高峰のラ・リーガでレギュラーを取っている選手を控えにするのか全く分からん!
サッカーの世界は、実力は関係ないのか?

 

37 :2019/03/22(金) 09:37:04.94

アジアカップ見た限りだと右は伊東のほうがいい感じだったように思えるのだがね
まあ今回いないけどさ

 

41 :2019/03/22(金) 09:58:36.55

堂安がもう少し点に絡むかハードワークできるようになればなぁ
若いし、タイプ的にもここから伸びそうな雰囲気は大いに感じるけど

 

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1553204769/