青森山田優勝の原動力!チリ国籍のMFバスケス・バイロンに日本帰化待望論

未分類バスケス・バイロン

青森山田優勝の原動力! チリ国籍のドルブラーに日本帰化待望論

 第97回全国高校サッカー選手権は、青森山田(青森)の2年ぶり2度目の優勝で幕を閉じた。流通経済大柏(千葉)との決勝(14日、埼玉スタジアム)で、MF檀崎竜孔(だんざき・りく=3年)の決勝弾をアシストしたのが、チリ国籍のMFバスケス・バイロン(3年)。檀崎や、同僚のDF三國ケネディエブス、相手DF関川郁万ら、大会後にJクラブ入りするホープが居並ぶ中、大志を抱いて東北社会人リーグ1部・いわきFCへ加入する異色のドリブラーがひときわまばゆい輝きを放った。

 後半18分、スタンドがどよめいた。右タッチライン際でパスを受けたバスケスが、懐の深い切り返しを2度も見舞ったからだ。まず中へ。直後に縦へ。マークについた2人の相手選手を置き去りにし、利き足とは逆の右足から放ったクロスは、檀崎の勝ち越しゴールのおぜん立てとなった。

 「僕の切り返しには誰でも引っかかります。小学生の時に大人とサッカーをしても、あの切り返しだけは無敵でした」

 チリで生まれ育ち、9歳で家族とともに来日。南米仕込みのトリッキーかつ重心の低いドリブルの原点は、母国でいとこと繰り広げたユニークな練習にある。

 「ボールを使わずにシミュレーション練習をしていました。どちらがうまくコケられるかって。日本で本格的にサッカーを始めてドリブルをすると、PKを多くもらいました。倒れ方がプロみたいだとよく言われて」

 中学卒業時にはJクラブのユースから声をかけられたものの、厳しい環境で成長したいと青森山田を選んだ。待っていたのは、公式戦に出られない日々だった。

 「それじゃあプロに行っても通用しないぞ」

 黒田剛監督に厳しく求められたのは、守備の意識と右足の精度の向上。最終学年になって要求を満たし、最初で最後の選手権で一戦ごとに脅威を増していった。

 関係者の間では「日本に帰化してほしい」との期待の声が高まっている。18歳はちょっぴり戸惑いながら「20歳にならないと帰化はできない。まだ2年あるので、両親とも話していきたい。どうなるか分からないけど、今の夢はチリ代表です」と明かした。

 卒業後は東北社会人リーグ1部のいわきFCへ加入する。数えると“J5”に当たる下部リーグ。外国人枠扱いとなるため、J1などでは出場機会が限られるが、いわきFCの外国人選手はバスケスを含めて2人。J1をしのぐ練習環境も見て、急がば回れの心意気で、海外移籍を含めた飛躍を狙う道を選んだ。

 「すべては自分次第。強い志があれば大丈夫」。なおさら2年後の決断が楽しみになる。(スポーツジャーナリスト・藤江直人)

zakzak 2019.1.16
https://www.zakzak.co.jp/spo/news/190116/spo1901160002-n1.html

バスケス(左)はたくみなドリブルで何度も相手を置き去りにした
https://www.zakzak.co.jp/spo/news/190116/spo1901160002-p1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsPhoto

 

4 :2019/01/17(木) 21:21:57.85

青森山田
GK飯田(3年 東京ヴェルディJY 東京)
DF橋本(3年 クリアージュFC 東京)
DF豊島(3年 三菱養和SC巣鴨JY 東京)
DF二階堂(3年 青森山田中 青森)※宮城出身
DF三國(3年 青森山田中 青森)※東京出身
MF澤田(3年 前橋FC 群馬)
MF天笠(3年 前橋FC 群馬)
MF武田(2年 青森山田中 青森)※宮城出身
MF檀崎(3年 青森山田中 青森)※宮城出身
FWバスケス・バイロン(3年 東松山ペレーニアFC 埼玉)
FW佐々木(3年 三菱養和FC巣鴨JY 東京
サブ
小松 FC東京 ※埼玉出身
スーパー1年生藤原 青森県出身
武 東京ヴェルディ 東京

福島・尚志高校スタメン
GK 1 森本③ FC古河(茨城)
DF 2 石川③ バディーJY(神奈川)
DF 4 フォファナ③ 町田相原FC(東京)
DF 5 沼田③ 鹿島アントラーズノルテJY(茨城)
DF 20 黒澤③ VIVAIO船橋(千葉)
MF 6 坂下③ ACカラクテル(千葉)
MF 11 加瀬③ ACカラクテル(千葉)
MF 14 高橋③ 国分寺台中学(千葉)
MF 15 大川③ 鹿島アントラーズJY(茨城)
FW 9 染野② 鹿島アントラーズつくばJY(茨城)
FW 10 伊藤③ ベガルタ仙台JY(宮城)

 

14 :2019/01/17(木) 21:25:44.44

この子より武田英寿君と6番の子が上手かった

 

54 :2019/01/17(木) 21:41:01.55

>>14
新チームが今日から始動したけど武田が新チームのキャプテンで10番、来年度の目玉選手の一人と言われてる

6番の天笠は2冠チームに1年生でメンバー入りしてたけど2年生になって伸び悩み、調子が上がってきたのが総体以降のプレミア
復調した時期が少し遅かった

 

24 :2019/01/17(木) 21:29:54.72

帰化しなくていいよ
Jリーグはせっかく外国人枠増えたんだから
それで何処かとってあげてほしい

 

38 :2019/01/17(木) 21:33:23.50

チリの方が格上なんだから母国の代表になれる可能性を捨てる方が後悔するだろ

 

40 :2019/01/17(木) 21:33:48.13

J2程度の能力はあったように見えたけど、いわきFCいくんやな
ガチムチになりたいのかな

 

47 :2019/01/17(木) 21:37:24.32

帰化云々は時期尚早
今すぐ代表にって訳でも無いし

 

56 :2019/01/17(木) 21:41:25.70

社会人リーグか。やっぱりプロの世界は厳しいね。

 

75 :2019/01/17(木) 21:59:54.49

>>56
普段JFLを生観戦してるけど試合に出てる選手の経歴を調べたら元プロがゴロゴロいるし
そうじゃない選手も元J下部組織か強豪高校出身だらけ
それでもJ3ですら通用しないわけだから日本代表とかチリ代表とかどんだけ高いレベルなんだろうと思う

 

59 :2019/01/17(木) 21:42:17.39

J3もJFLもあるのに地域リーグにしか行けなかった
外国人枠のせいにもできない実力不足

 

67 :2019/01/17(木) 21:48:48.10

いわきでムキムキマンになってチリ代表だな

 

71 :2019/01/17(木) 21:49:38.07

ワールドクラスの痛いンゴ

 

74 :2019/01/17(木) 21:58:00.94

ジュニアユースからユースと6年計画で育成するヴェルディユースが珍しく高校上がる時、外部から取ろうとした選手なので覚えてる。

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1547727531/

 

この記事のURLとタイトルをコピーする