渋谷に新スタジアム建設!?FC東京とミクシィが描く壮大なプロジェクト

渋谷に新スタジアム建設⁉ FC東京とミクシィが描く壮大なプロジェクトは実現するのか

ミクシィの木村こうき取締役が明言「東京の都心にスタジアムを建てたい」。

 ついにビッグプロジェクトが動き出した。1月13日に調布市内で、クラブ創設20周年を迎えたFC東京の新体制発表が行なわれた。そのなかで、今季からスポンサーとなったIT大手「ミクシィ」を紹介した大金直樹社長は、集まったソシオの前でこのように宣言した。
 
「ともにミクシィさんと歩んでいきたい。いろいろな記事が出ておりますが、そういったことも含めて進んでいきたいと思っています」
 
“そういったこと”が指すものは、ズバリ東京23区内にサッカー専用スタジアムを持つことだ。様々な候補地を検討しているが、そのなかのひとつに挙がっているのが、都心の一等地、渋谷区にある都立代々木公園。同公園の南部にある球技場や野外ステージのある付近で、3~4万人規模を想定している。またアリーナ型を検討しており、試合のない日はライブ会場やイベントスペースとして活用できるとみている。
 
 交通アクセスは、東京メトロ千代田線の代々木公園駅、JR山手線の原宿駅をはじめ、複数の駅から徒歩10分前後で行くことができる。「(サポーターが多い)多摩地域の人にとっても来やすい最高の場所」(大金社長)だ。今回の計画の関係者によれば、建設費は3~400億円を試算しており、2020年東京五輪後の着工を目指しているという。
 
 絵空事のようだが、実現に向けて少しずつ前進し始めている。後押しとなっているのがミクシィの存在だ。今季からユニホームの右胸部分に、同社のスマートフォン向けゲームなどエンターテイメント事業を行う「XFRAG」の文字が入る。1~2億というスポンサー料もクラブにとっては大きいが、それだけではない。新体制発表後に取材に応じたミクシィ・木村こうき取締役は、柔らかい口調ながら、ハッキリと真の狙いを語った。
 
「まだ確定的なものはないですけど、以前少し報道で出ましたけれども、東京の都心にスタジアムを建てたい。そういったことも、口に出していかないと夢って叶わないと思う。夢は叶わないかもしれないですけど、確率が少しでもあるのであれば目指していきたい」

新国立競技場の建設遅れが、”新居探し”のきっかけに。

 ミクシィにとっても、本社がある渋谷にスポーツを通じてエンターテイメントを発信できる拠点ができることは大きい。両者の思惑は一致しており、前向きに話し合いが進んでいく可能性は十分にある。一スポンサーからパートナーへ。関係が発展していくにつれて、実現に近づくことになる。
 
 ここで少し時計の針を戻して、なぜFC東京がスタジアム建設を目指すに至ったのか、振り返ってみたい。01年に完成して以来、ホームスタジアムとして使用してきた味の素スタジアム(調布市)は、クラブと共に数々の歴史を共有してきた大切な場所。だが観戦する環境として見た場合、グラウンドとスタンドの間には陸上トラックのスペースがあり、臨場感に欠ける部分があった。

 また、京王線飛田給駅から徒歩5分と交通アクセスも悪くはないが、FC東京の本社がある江東区など23区内からは遠いという難点もある。FC東京は、スタジアムが調布市、練習場が小平市にあるため、東京西部のチームというイメージが強いが、東京都全体をホームタウンとしているのだ。今後「首都クラブ」として発展していくために、23区内に本拠地を持つことは必要不可欠なことではあった。
 
 具体的に動き出すきっかけとなったのは、新国立競技場の建設遅れだ。2020年東京五輪で使用する新国立競技場は、当初は19年ラグビーW杯のメイン会場になる予定だった。だが建設費が莫大になることからいったん白紙となるなど計画が遅れたことで、15年9月に急遽、味の素スタジアムがラグビーW杯の会場に追加された。すでに開幕戦や3位決定戦の会場に決まっており、大会期間中はラグビーW杯の独占使用期間となる。現段階では約2か月使えない見通しとなっている。
 
 FC東京の昨季のホーム平均観客数は2万6490人で、浦和に次ぐリーグ2位を誇る。だが東京にはこの人数を収容する陸上競技場すらなく、現状ではナイター設備のない駒沢陸上競技場(約2万人収容)で代替するしかない。リーグやカップ戦など4試合前後は代替開催が必要で、クラブは収益面で大きな打撃を受ける。そんな大事な問題にも関わらず、味スタ側から事前に連絡がなかった。このことが“新居探し”に拍車を掛けた。

代々木公園は「風致地区」現行の法令上では建設できない。

 とはいえ、木村取締役が「まだ確定的なものは何もない」と言うように、プロジェクトは動き出したばかりで、現状ではハードルはいくつかある。代々木公園は建設物の建築や樹木の伐採などに一定の制限が加えられる「風致地区」に指定され、現行の法令上は建設することはできない。例え、民間だけで建設資金が集まったからといってできるものではなく、東京都や渋谷区と協議し、規制緩和などが必要となる。
 
 ただ近年は都市公園法が改正され、公園内にカフェや保育園が建設されるなど公園の活用法が見直されている。行政に働きかける上でも、まずは都民の憩いの場である公園にスタジアムを作るのがふさわしいのかどうか、世論の理解を得ることも不可欠。災害時には防災拠点となるなど、FC東京のためだけではなく、東京都民のためのスタジアムになることが求められる。
 
 まだまだ構想段階ではあることは確かだ。だが冒頭の大金社長の発言は、「クラブは本気だ」という何よりの証。日本を代表する首都クラブへ。壮大なストーリーが始まった。

サッカーダイジェストWeb 2018年01月17日
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=34824

FC東京の大金社長も「いろいろな記事が出ておりますが、そういったことも含めて進んでいきたい」と新スタジアム建設に意欲を見せた。写真:徳原隆元
http://www.soccerdigestweb.com/photo/id=34824&page=3&no=01

 

5 :2018/01/17(水) 07:35:46.63

代表戦もOKな五万人以上収容にして欲しい

 

6 :2018/01/17(水) 07:36:49.18

3~4万って味スタより小さいじゃん

 

7 :2018/01/17(水) 07:40:22.05

都心に行けば万事解決するって思考が実に瓦斯らしい
結果が出ない要因は外的って考えが実に瓦斯らしい

 

8 :2018/01/17(水) 07:40:26.32

でかい公園は災害起こったら逃げ場になるから無理だろ

 

15 :2018/01/17(水) 07:47:29.79

>>8
スタジアムも防災拠点になるだろ。
ピッチはヘリの発着場にできるわけで。

 

14 :2018/01/17(水) 07:46:58.50

うわぁ、これはなにも決まってないに等しいレベルだな
万が一できて開業したとしても10年は先だな

 

27 :2018/01/17(水) 08:07:37.41

ヨーロッパも思いっきり都心に建ってるもんな
そして日本のサッカーの観客動員は実は世界9位で
ヨーロッパ5大リーグとそんなに大きな差はない

 

28 :2018/01/17(水) 08:07:45.91

モンストマネーか

 

33 :2018/01/17(水) 08:15:02.44

FC東京のバックについている人達
http://www.fctokyo.co.jp/clubsponser

 

34 :2018/01/17(水) 08:17:01.55

国立じゃ大きすぎるの?
五輪後は球技専用になるんでしょ?

 

43 :2018/01/17(水) 08:26:00.41

渋谷に新スタジアムって単なる都市部に造ることによる見栄以外何でもないよな。
まだ調布周辺なら地元密着意識はあるだろうが、代々木周辺に地元密着もへったくれもないだろ。

 

47 :2018/01/17(水) 08:27:36.58

いずれにしろ瓦斯が多摩地区からさっさと脱出したがってることだけは確実

 

73 :2018/01/17(水) 08:59:13.27

瓦斯のスポンサーが結束すればなんとかなるでしょ

 

76 :2018/01/17(水) 09:05:44.81

結局移転は無理で多摩地区のサポに不信感を植え付けるだけで終わりそうw

 

78 :2018/01/17(水) 09:08:21.42

事務所が江東区にあんなら
台場、豊洲、晴海、有明
あの界隈に建てれば良いのに
デッカい駐車場込みで

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1516141935/


FC東京

Posted by 管理人