初戦で散った海外Jクラブ争奪戦の桐光学園FW西川潤は何がどう凄いのか?

初戦で散った海外Jクラブ争奪戦の桐光学園FW西川潤は何がどう凄いのか?

 一矢を報いることすらかなわなかった。3分が表示された後半アディショナルタイム。体勢を崩しながらも、桐光学園(神奈川)のFW西川潤(2年)が必死に浮き球へ頭を合わせる。しかし、力のないシュートは相手GKに難なくキャッチされてしまった。

 直後にまさかの初戦敗退を告げるホイッスルが鳴り響く。ニッパツ三ツ沢球技場の電光掲示板に刻まれる無情な数字。前半に2ゴール、後半には3ゴールをあげた大津(熊本)に対して、地元の大声援を受けた桐光学園はスコアレスのまま80分間を終えていた。

 平成最後の大晦日に行われた第97回全国高校サッカー選手権大会1回戦。昨夏のインターハイで準優勝した桐光学園が、九州の強豪の前に惨敗を喫した。16歳ながらU-19日本代表へ「飛び級」で抜擢され、今大会の主役候補としても期待された西川が必死に声を絞り出した。

「悔しさしかないです。自分たちの時間帯に攻めすぎてカウンターを食らったシーンなどが、失点が多く重なってしまった原因だと思っています」

 大一番を前に、1996年度の第75回大会で桐光学園を準優勝に導いた中村俊輔(40)からアドバイスをもらった。同じレフティーで、ともに「10番」を背負った憧れの大先輩は、自らの経験を基に「初戦の雰囲気を一番大事にしよう」と檄を飛ばした。

「そのなかで立ち上がりにああやって失点してしまって。もっとチーム全体で試合への入りをよくして、自分たちの雰囲気をしっかり作っていたらよかったんじゃないかと」

 西川が悔やんだのは、スローインの流れから開始5分で喫した先制点。桐光学園の鈴木勝大監督(41)をして「出鼻をくじかれ、選手たちも面食らってしまった」と言わしめた悪い流れを修正できないまま、5分後にもカウンターから追加点を許した。

 序盤で2点をリードしたことで、大津の戦い方はさらに明確になった。最も危険な存在、西川へのパスを徹底的に遮断する。前半は孤立する時間帯が多かったエースは、後半に入ると多少強引に仕掛けながら大津ゴール前に迫る。しかし、ペナルティーエリア内では利き足の左足を徹底的にケアされた。

 8分、9分と立て続けに左足を振り抜いた。そのたびに卒業後は湘南ベルマーレ入りが内定している、キャプテンのDF福島隼人(3年)のブロックに弾き返された。攻める西川に対して、福島が必死に食い止めたように映ったシーンだったが、西川は「読まれていた」と完敗を認めた。

「一度キックフェイントを入れるとか、周りをもっと生かすという選択肢も増やしていれば。(パスを遮断されることは)試合前からわかっていたので、ワンチャンスに賭けていた部分も個人的にはありましたが、立ち上がりに2失点したことで自分のなかに狂いが生じたというか」

 今月中旬からはドイツへ渡り、ブンデスリーガ1部のバイヤー・レバークーゼンの練習に参加する。U-16日本代表が優勝した、昨秋のU-16アジア選手権でMVPを獲得した西川の才能と将来性が高く評価され、練習参加を打診された。

「向こうで自分のプレーの幅というものをいろいろと広げて、海外でどれくらい通用するのか、ということを踏まえながら今後の進路を決めたい」

 こう語る西川のもとへは、すでにセレッソ大阪から正式なオファーが届いている。鈴木監督によれば「オファーを出したい、と言ってくれているクラブがまだある」という。国内外のクラブによる争奪戦へ発展する様相を呈しているが、初めて臨んだ全国選手権では確固たる結果を残せなかった。

 ただ、大津戦のパフォーマンスだけで判断することもできない。福島やU-18日本代表に名前を連ねるDF吉村仁志(3年)が西川封じに集中できる展開だったし、何度も対峙した福島は試合後に「ターンを含めて、ボールをもたせたら何をするかわからない。常に怖い存在だった」と振り返っている。

 スタンドで観戦していたあるJ1クラブの関係者は、西川のプレーを見た印象をこう語る。

「ボールをもてば違いを生み出せる選手だと思ったけど、ちょっと運動量が少なかったかな」

 確かに相手ゴールから遠い位置では視野の広さを生かした、豊富なアイデアを披露して幾度となくスタンドを沸かせた。相手の激しいマークを振りほどいて、前を向いてドリブルを仕掛ける力強さも見せたが、肝心の相手ゴール前でパスが来なければもっと、もっと動かなければいけない。鈴木監督も運動量の少なさを指摘したうえで、乗り越えていかなければいけない壁だと力を込める。

「やはり警戒される選手ですので。パスを遮断されるのはこれからも西川個人の課題であり、チームとしての課題でもある」

 U-16アジア選手権が開催されたマレーシアから帰国した後は、モードを高校サッカーへスイッチ。前回大会は決勝で桐蔭学園の前にPK戦で敗れ、涙を飲んだ神奈川県大会制覇に全精力を注いだ。念願の全国大会切符をもぎ取り、総仕上げとなる昨年末に入ると再びチームを離れた。

 Jリーガーで構成されるU-19代表の一員としてブラジルへ遠征した。帰国したのは12月13日。長旅による疲れや時差ぼけを抱えながら、選手権へ向けて急ピッチで調整を進めてきたなかで、微妙なリズムの乱れが運動量の低下につながったのかもしれない。

 ただ、西川自身は「自分のコンディションは言い訳にはできない」と前を見すえる。鈴木監督以下の首脳陣も、大事な時期であることを承知の上で、新たな刺激や目標を見つけて来いとU-19代表へ送り出してくれたからだ。

「自分のなかにおける目標というか、基準をさらに高く設定していきたい。もっと周りに声をかけて、レベルアップさせていく必要もある。自分がもっと引っ張っていきたい」

 今年は本来のカテゴリーであるU-17に加えて、U-20のワールドカップにも「飛び級」で出場する可能性がある。前者は10月にペルーで、後者は5月下旬からポーランドで開催される。もちろん、桐光学園のエースとして夏のインターハイ、そして最後の全国選手権でも悲願の頂点を目指す。

 18歳で迎える東京五輪出場への可能性も秘めているからこそ、スケジュールも過酷になる。評価が高まるほど、対戦相手からは徹底的にマークされる。ハードルをひとつずつ乗り越えていった先に、インターハイでは5人抜きのスーパーゴールを決めている逸材は、次なるステージへと駆け上がっていくはずだ。
(文責・藤江直人/スポーツライター)

THE PAGE 1/1(火) 5:13配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00010000-wordleafs-socc

海外とJクラブで争奪戦となっている桐光学園のFW西川潤は初戦で散った(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00010000-wordleafs-socc.view-000

 

6 :2019/01/01(火) 06:58:37.13

まず日本でプレーして、セレッソを踏み台にしてドイツに渡った方がいいと思うよ

 

10 :2019/01/01(火) 07:04:00.56

大迫の足元にも及ばないことがわかりました

 

11 :2019/01/01(火) 07:05:22.91

キーパーがショボすぎたとても全国レベルとは思えなかった

 

21 :2019/01/01(火) 07:51:03.79

薬屋行くの?

 

23 :2019/01/01(火) 07:58:53.14

ドホームで初戦敗退かよ
アカンな神奈川

 

25 :2019/01/01(火) 08:15:59.83

視野の広さを生かした、豊富なアイデア
相手の激しいマークを振りほどいて、前を向いてドリブルを仕掛ける力強さ
ボールをもたせたら何をするかわからない常に怖い存在だった
なお桐光学園は0-5で敗れた

 

26 :2019/01/01(火) 08:18:26.95

上手い子は全部Jユースに吸い上げられてるからな

 

28 :2019/01/01(火) 08:21:50.06

>>26
西川は昇格けって桐光に進んだ

 

39 :2019/01/01(火) 09:32:15.59

U20は無理やろ
中村ですら微妙なラインなのに

 

40 :2019/01/01(火) 09:39:47.61

レバークーゼン・セレッソ大阪「この話はなかったということで…」

 

42 :2019/01/01(火) 09:48:33.39

スターシステムに乗せたいんだろうけどFWは数字がハッキリでちゃうから厳しいよな

 

43 :2019/01/01(火) 09:50:22.94

結局どんな選手なの?

 

44 :2019/01/01(火) 09:53:28.45

>>43
二年生で大迫の記録を越えたいって
イキってた選手

 

45 :2019/01/01(火) 09:57:11.13

高校選手権ですぐ散っても代表までいったのもいるから気にすんな

 

46 :2019/01/01(火) 10:14:58.39

この挫折でさらに大きく成長できるといいね
どんな選手か全く知らんが若者が頑張ってると応援したくなる

 

48 :2019/01/01(火) 10:25:32.59

本番はプロ入りしてからだぞ

 

49 :2019/01/01(火) 10:26:54.88

身体能力を活かすトップとかサイドで使うのかと思ったら、中盤での起用だったからイマイチだったな。周りがボール収まらない、打開できないという状況もあって、持ち味発揮できず。

まだ全方位的に伸びしろあるけど、久保みたいにセンターで打開できる程の判断スピードや技巧は持ってないわ。

 

50 :2019/01/01(火) 10:32:45.53

大津と桐光の選手の体からして違った
大津の選手と比べて桐光の選手、ペラペラ過ぎ

 

51 :2019/01/01(火) 10:38:10.52

大津のセンターバックコンビは二人共プロレベルだからな

 

53 :2019/01/01(火) 10:43:59.36

まあレバークーゼンに行ってみればいいよ。練習参加でプロ契約結べなかったら日本に帰って大学にでも行けばいい。

 

54 :2019/01/01(火) 10:53:05.32

西川「みんな驚いたと思いますが、ワザとです。」

 

57 :2019/01/01(火) 10:56:36.69

西川どうこうの前に桐光が弱すぎたな
失点のシーンほとんど2人くらいドフリーになってんだもん
まあそりゃ去年も取りこぼしたりとかパッとしないわけだ

 

58 :2019/01/01(火) 10:57:09.00

キーパーが気の毒だったな
172cmでなぜキーパーやろうとしたのか

 

60 :2019/01/01(火) 11:06:30.29

昨日現地で見てたけど全然動かないのなこの人
前半スプリント0回、後半も2回くらいしかない
これじゃチームとして厳しい
大会終わったらドイツに行くだろうし、来年県リーグでやる気はないだろうから
もう怪我しないことだけを考えてたのかね

 

62 :2019/01/01(火) 11:13:14.76

単純に、大津の動けて大きなセンターFW相手に桐光の守備ブロックが
対応できなくて腰が引けたから大虐殺になっただけなのに。

西川くんが消えてた云々は桐光自身が大会前から抱えてた問題だよ
フィジカルで勝てる相手に慎重に慎重に戦って勝ってただけだから

 

64 :2019/01/01(火) 11:19:45.54

気絶しちゃったんだろうな

 

65 :2019/01/01(火) 11:28:24.97

西川くん二世か

 

69 :2019/01/01(火) 11:49:47.23

大迫はやっぱり凄かったんだな

 

71 :2019/01/01(火) 11:54:07.95

大迫は徹底マークされても強引に自分で運んでたからなあ
決勝のゴールなんてまさにこじ開けたという感じだった

 

73 :2019/01/01(火) 12:03:34.20

前半10分で2失点とか
最悪の入り方をしちゃったからな、チームが

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546292629/