鎌田大地が語る「ドイツもスペインも倒せますよ」のワケ【日本代表】


日本代表・鎌田大地が語る「ドイツもスペインも倒せますよ」のワケ

11月20日に開幕するカタールW杯に向けた、サッカー日本代表の欧州遠征。森保ジャパンはともにW杯に出場するアメリカ(9月23日)、エクアドル(同27日)と対戦し、1勝1分けで終えた。

11月1日に発表される26人のメンバー発表前最後の合宿ということで注目を集めたが、攻撃陣の要として一気に株を上げたのがMF鎌田(かまだ)大地(26)だ。

今季すでにドイツ1部リーグでチームトップの4ゴールを挙げている好調さそのままに、アメリカ戦の前半25分に得意の右足で先制ゴール。チーム最多の5本のシュートを放った鎌田は、淡々と試合を振り返った。

「早めに2点目を取れたらもっと楽でしたが、まずはチャンスに顔を出すのが自分の仕事。チームの狙い通り、コンパクトに戦えてショートカウンターがうまくハマった」

2列目は鎌田を中央に、左に久保建英(たけふさ)(21。レアル・ソシエダ)、右に伊東純也(29。スタッド・ランス)と、これまでにあまりなかった組み合わせだったが、鎌田は「誰とプレーしても合わせる自信がある」と力強かった。

「僕自身、フランクフルトで左のサイドハーフで出たりしているので、タケフサが中央に入ってきたときには自分が左に残るなど、ポジションをうまく入れ替わりながらプレーできたと思う。いまの代表はチャンスメイクできる選手が多いから、組み立てよりもフィニッシャーとして(の自分を)意識していた。誰とプレーするかによって(自分のプレーを)どう変えるかは理解しているつもり」

続くエクアドル戦は、アメリカ戦から先発11人を入れ替える、いわば”Bチーム”で臨んだ森保一(はじめ)監督の采配に疑問の声もあがったが、後半なかばにMF南野拓実(27。モナコ)に代わって鎌田がトップ下に入ると、攻撃が活性化した。

鎌田自身、改めて存在感を示せたことに手応えを感じたようだ。

「チームとして難しい試合展開で、交代で入るのも難しいと思っていたけど、いいシーンも作れた」

アジア最終予選ではメンバー外になる屈辱も味わったが、今回の欧州遠征で攻撃の軸としての地位を確立したと言っていい。久しぶりに4-2-3-1のトップ下で起用されたことについては、こう胸を張ってみせた。

「間違いなく1つのオプションを示せたと思う。ただ、(W杯で対戦する)ドイツやスペインはアメリカよりクオリティが高いし、相手によって最適な答えを探すのは監督。選手はいかにいい選択肢をチームに用意できるかが大事」

鎌田は、日本代表がアメリカと対戦した日にドイツが地元で格下のハンガリーに敗れた一戦を引き合いに出した。

「ハンガリーの戦い方はすごくアグレッシブで、ドイツはやりづらそうにしていた。ドイツはメンバーだけ見れば豪華ですが、現在所属するチームでうまくいっていない選手もいる。(’14年ブラジルW杯で優勝した)本当に強かったときのドイツとは違う」

スペインが得意なボール保持型のポゼッションフットボールも「現代サッカーには関係ないと思う」と一刀両断した。

「僕らがアジア最終予選で相手に引かれて苦戦したのと同じで、ドイツやスペインも日本に引いて戦われたら難しくなる。勝てる可能性はあると思います」

今回の遠征には、鎌田のフランクフルトのチームメートであり、3度のW杯で主将を務めた長谷部誠(38)がアドバイザー的な立場で3日間、帯同した。そのことを取材陣に問われると、鎌田はピシャリと切り返した。

「もう5~6年(同じチームで)やっているんで……。僕は自分を持っているので、先輩にこうしろとか、ああしたほうがいいとか言われて素直に聞くタイプではない。ハセさんの話を聞いてどうこうっていうのはなかったです」

飄々と、どこか涼しげにプレーする鎌田には冷静なプレーを評価する声がある一方で、インテンシティ(激しさ)が低い、と賛否が付きまとってきた。

「昨季、フランクフルトでの最初のゴールは16節(12月15日のボルシアMG戦)で、それまでとくに攻撃で結果を残せていないのに常にスタメンで出続けられていたのは、それ以外の仕事がしっかりできていたということだと思う」

塩対応とも思えるクールな返しに、激しい自負心が垣間見えた。森保監督が「前線でタメが作れ、ゴール前に飛び込んでいく迫力も持っている」と評価する鎌田の爆発は、W杯で史上初のベスト8進出を狙う日本代表に不可欠だろう。

FRIDAY 10/19(水) 9:00配信
https://friday.kodansha.co.jp/article/268921

アメリカ戦で鮮やかな先制ゴール! 21-22シーズンの欧州クラブレベルで最も結果を残した日本人の面目躍如だ(提供:FRIDAYデジタル)
https://news.yahoo.co.jp/articles/5e52017165c8a5917fd38ca0588bf1d46657f1e0/images/001




2 :2022/10/20(木) 20:29:19.50

大会後「自分達のサッカーをやらせてもらえなかった」



3 :2022/10/20(木) 20:29:23.37

ぶっちゃけ欧州てそこまで大敗してないよね
ブラジルのような絶望感感じない



5 :2022/10/20(木) 20:31:35.91

ドイツとか前半0-0で折り返したらチャンスあると思うわ



6 :2022/10/20(木) 20:38:50.28

マジで実現して欲しいわ
頑張れ



7 :2022/10/20(木) 20:41:37.89

そりぁクラブでは前線のFWがボールおさめたりおとしたり
仕事してくれるからいいが
代表にそんなFWはいねぇから



15 :2022/10/20(木) 20:48:15.87

てか調子のムラがあるこいつ次第だわ



16 :2022/10/20(木) 20:48:59.31

フルのスペイン代表と試合なんて2001年以来やからな



23 :2022/10/20(木) 20:57:56.38

前回やらかして初戦にガチで来るドイツ
ここで勝てねばどこで勝つなコスタリカ
いつも通りやらかしてケツに火がついてるスペイン

1つ勝つのも大変だ~



26 :2022/10/20(木) 21:06:32.33

まあ実際勝つとなると難しいだろうけどドローならありえるからな
コスタリカは確実に取っとけば一定のチャンスはある



35 :2022/10/20(木) 21:10:49.74

守田も勝てるとか言ってたし、これは惨敗の流れだな



37 :2022/10/20(木) 21:12:26.74

本気で優勝狙ってます
あの悪夢再び…



38 :2022/10/20(木) 21:17:42.78

言うてドイツ前回韓国に負けてグループリーグ最下位で終わってるしね、ワールドカップなんて気持ち切れたらどんなチームでも負ける可能性あるよ



40 :2022/10/20(木) 21:19:13.01

タイトルは勇ましいけどインタビュー内容見ると「引いて戦えばチャンスはあると思う」とか結構消極的だな



42 :2022/10/20(木) 21:21:31.12

決勝トーナメントで合ったらノーチャンだけどグループリーグならチャンスある
なぜなら優勝国レベルはグループリーグで仕上げてくることはない



45 :2022/10/20(木) 21:24:58.72

選手だけの能力でいったらブンデス中堅くらいはあるだろ?日本代表
バイエルンに間違って勝つことや引き分けは全然ありそう



46 :2022/10/20(木) 21:26:13.30

吉田が不安すぎる



49 :2022/10/20(木) 21:29:11.34

昔→奇跡が起これば勝ち点取れるかも
現在→運が良ければ勝ち点取れるかも
これでも天と地の差



51 :2022/10/20(木) 21:29:29.26

まあ、ブンデスで普通にやれてるどころか得点ランク4位だからなMFなのに
逆にこのくらい言ってくれないと困るわ



52 :2022/10/20(木) 21:31:15.30

ブンデスリーガ採点が現在1位の鎌田流石
実質鎌田がブンデスナンバーワンプレイヤーだから



54 :2022/10/20(木) 21:32:46.82

信じていいんだな?



57 :2022/10/20(木) 21:36:25.84

ドイツ今不調だし全然強くないよ
あの5試合連続無得点を継続してたイングランドに3失点するレベル



58 :2022/10/20(木) 21:48:10.73

死神鎌田期待してるぜ



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1666265311/
このエントリーをはてなブックマークに追加