香川真司の「推定市場価格」が急落!7年ぶりの大台割れで日本人全体の順位も…

ドルトムント

1 :2018/12/19(水) 07:30:28.41

シーズン開幕時から500万ユーロの下げ幅に

 ボルシア・ドルトムントで不遇の日々を送る香川真司。先週土曜日のブンデスリーガ第15節、本拠地でのヴェルダー・ブレーメン戦もベンチ外となり、これでリーグ戦は10試合連続で出番なしだ。今季ここまでの公式戦は4試合出場、プレータイムはわずか204分間にとどまっている。

 ルシアン・ファーブル新政権下でなかなか逆境から抜け出せない香川だが、いわゆる「推定市場価格」も急落した。これは、ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』が独自の算出方法で世界中のプロフットボーラーを査定し、マーケットにおける“価値”を数字で示しているものだ。12月18日に同サイトは香川の評価額を2か月ぶりに更新し、1100万ユーロ(約14億3000万円)から800万ユーロ(約10億4000万円)に大幅ダウン。2011年6月以来、およそ7年ぶりに1000万台を割り込む結果となった。

 香川の評価額が最高値をマークしたのはドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した2012年6月で、2200万ユーロ(約28億6000万円)。ここから緩やかに下降線を辿り、ドルトムントに舞い戻っていた2015年2月には1000万ユーロまで落ちたが、その後はふたたび調子を上げてドイツ国内で再評価されるなど、1300~1600万ユーロ(約17億円~約21億円)の間をキープしていた。今季開幕時は1300万ユーロ。だがわずか半年で、500万ユーロ(約6億5000万円)も評価を下げてしまった計算になる。

 とはいえ、これは出場機会に恵まれていない現状を鑑みての評価額であり、香川の能力そのものの低下を表わす数字ではない。残るシーズンでファーブル監督が考える序列を覆してV字回復を果たすか、それとも冬の移籍市場で新天地を求めて復活を遂げるか。日本サッカー界が誇る至宝の再起に期待がかかる。

 香川とともに「日本代表ビッグ3」と謳われたのが、岡崎慎司(レスター・シティ)と本田圭佑(メルボルン・ヴィクトリー)である。前者の最新推定市場価格は600万ユーロ(約7億8000万円)で、後者のそれは400万ユーロ(約5億2000万円)だ。ただ本田の場合は昨年夏にACミランを退団して以降、メキシコ、オーストラリアと渡り歩くなかで“微増”しているのだから面白い。32歳という年齢を考えても、同サイト内では稀有なケースと言える。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181219-00010001-sdigestw-socc
12/19(水) 5:20配信

 

2 :2018/12/19(水) 07:30:41.06

全日本人選手の「最新推定市場価格」トップ30はこちら
以下が、12月18日時点の全日本人選手の「最新推定市場価格」トップ30だ。

【日本人フットボーラー 推定市場価格ランキング・トップ30】
1位 中島翔哉(ポルティモネンセ) 1500万ユーロ(約19億5000万円)
2位 武藤嘉紀(ニューカッスル) 1000万ユーロ(約13億円)
3位 香川真司(ドルトムント) 800万ユーロ(約10億4000万円)
3位 酒井宏樹(マルセイユ) 800万ユーロ
5位 乾 貴士(ベティス) 750万ユーロ(約9億7500万円)
6位 吉田麻也(サウサンプトン) 700万ユーロ(約9億1000万円)
7位 岡崎慎司(レスター) 600万ユーロ(約7億8000万円)
7位 大迫勇也(ブレーメン) 600万ユーロ
9位 本田圭佑(メルボルン・V) 400万ユーロ(約5億2000万円)
9位 原口元気(ハノーファー) 400万ユーロ
9位 久保裕也(ニュルンベルク) 400万ユーロ
9位 南野拓実(ザルツブルク) 400万ユーロ
13位 長友佑都(ガラタサライ) 350万ユーロ(約4億5500万円)
13位 森岡亮太(アンデルレヒト) 350万ユーロ
13位 昌子 源(鹿島) 350万ユーロ
16位 清武弘嗣(C大阪) 325万ユーロ(約4億2250万円)
17位 柴崎 岳(ヘタフェ) 300万ユーロ(約3億9000万円)
18位 堂安 律(フローニンヘン) 250万ユーロ(約5億7500万円)
19位 小林 悠(川崎) 230万ユーロ(約2億9900万円)
20位 金崎夢生(鳥栖) 200万ユーロ(約2億6000万円)
20位 宇佐美貴史(F・デュッセルドルフ) 200万ユーロ
20位 杉本健勇(C大阪) 200万ユーロ
20位 小林祐希(ヘーレンフェーン) 200万ユーロ
20位 浅野拓磨(ハノーファー) 200万ユーロ
20位 伊藤達哉(ハンブルク) 200万ユーロ
26位 塩谷 司(アル・アイン) 190万ユーロ(約2億4700万円)
27位 谷口彰悟(川崎) 180万ユーロ(約2億3400万円)
28位 柏木陽介(浦和) 175万ユーロ(約2億2750万円)
28位 土居聖真(鹿島) 175万ユーロ
30位 阿部浩之(川崎) 170万ユーロ(約2億2100万円)

 

6 :2018/12/19(水) 07:38:02.59

構想外

夏移籍失敗

しがみつき←ココ

 

9 :2018/12/19(水) 07:48:29.88

堂安安いんだな
あの若さだし引く手あまただろうに

 

11 :2018/12/19(水) 07:51:22.82

上がる理由が無いしな

 

12 :2018/12/19(水) 08:12:27.90

それでも高いな
この金額でとるクラブがあるのかね

 

25 :2018/12/19(水) 09:24:22.78

今までの価格がおかしかっただけだろ

 

27 :2018/12/19(水) 09:46:08.49

これでもまだ買い手あるか微妙なラインじゃね
まあ推定だけど

 

31 :2018/12/19(水) 10:05:20.74

トップ5中、3人が干されてるのが面白いね

 

34 :2018/12/19(水) 10:23:11.36

堂安は実際は10億より上やろ

 

36 :2018/12/19(水) 10:33:58.80

>>1
あれ?中島は52億で堂安は25億じゃなかったっけ?

 

41 :2018/12/19(水) 10:42:30.76

今の感じだと移籍金はいいとこ400万ユーロぐらいだろうな

 

42 :2018/12/19(水) 10:43:45.18

武藤も高すぎる希ガス

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545172228/

シェアよろしくお願いします!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました