J1残留のサガン鳥栖F・トーレス「日本に来る前より進化できたんじゃないか、と思っている」

J1残留の鳥栖F・トーレスが語った「日本で進化したこと」

 祈りを捧げていた表情に、満面の笑みが映えた。スコアレスドローとサガン鳥栖のJ1残留を告げる主審のホイッスルが、敵地カシマスタジアムに鳴り響いた直後の光景。ベンチで戦況を見つめていたFWフェルナンド・トーレス(34)が、サッカー人生で初めて経験する呪縛から解き放たれた瞬間だった。

「アトレティコ・マドリードを離れると決めてから新しい挑戦を探し、サガン鳥栖に来た。残留争いという非常に難しい状況でプレーしたことがなく、ストレスフルな時期もあったが、新しい経験を積むことができた。日本に来る前より進化できたんじゃないか、と思っている」

 全国9つのスタジアムで、1日午後2時にいっせいにキックオフされた運命のJ1最終節。試合前の時点でサガンは勝ち点40で湘南ベルマーレ、名古屋グランパスと並び、得失点差でわずかにグランパスを上回って残留ぎりぎりの15位につけていた。

 ベルマーレとグランパスの直接対決が組まれていた関係で、引き分け以上なら自動的にサガンの残留が決まる。アジア王者・鹿島アントラーズとの一戦は、両チームともに決定的なチャンスを作れないまま0-0で時間が進んでいく。しかし、後半30分すぎになって風雲急を告げる一報が届く。

 グランパスが2点のビハインドをはね返して、同点に追いついた。万が一、アントラーズに得点されて敗れれば、16位に転落してJ1参入プレーオフに回る。
 
 後半終了間際まで攻守両面で奮闘したトーレスは、左腕に巻いていたキャプテンマークをMF高橋義希に託して、FW豊田陽平との交代でベンチへ下がった。

「勝つためにしっかりと準備してきたが、引き分けでも十分だということはわかっていた。もちろん勝つためにプレーしていたが、仕事は果たせたと思う。難しい状況だったからこそ、チームメイト、スタッフ、そしてサポーターもみんな喜んでいると思う」

 ヴィッセル神戸に加入したアンドレス・イニエスタに続き、世界を驚かせたトーレスのサガン移籍。7月上旬まで続いた交渉の過程で、ヨーロッパから見て極東に位置する日本へ行くことと、日本のなかでもプロビンチア(地方)に位置する佐賀県鳥栖市でプレーすることを、新たな挑戦として受け入れてくれた。

 ただ、下部組織から心技体を磨いた愛着深いアトレティコをはじめ、リヴァプール、チェルシー、ACミランでプレーしてきた34歳のストライカーは、ヨーロッパのトップリーグで残留争いを経験したことがなかった。ゆえに前半戦でサガンが17位にあえいでいたことに、戸惑いを覚えた時期もあった。

 最終的にはすべてをポジティブにとらえ、7月中旬に来日した。しかし、パスの供給役がいないサガンのスタイルに馴染めず、J1で初ゴールを決めるまでに8試合を要した。スペイン代表でも一時代を築いた勇姿はその後もなかなか見られず、サガンも残り5試合で再び17位へ順位を下げた。

 このタイミングで、マッシモ・フィッカデンティ監督が実質的に解任された。後任は、今夏からトップチームのコーチを兼任していたサガン鳥栖U-18の金明輝監督。時間的な余裕もない状況で、37歳の青年指揮官はそれまでのサガンに欠けていた要素をすべての選手に求めた。

「現代のサッカーは、やはり走ってなんぼなので。相手を追い越して走るとか、そういった部分にはしっかりトライしてもらった。フェルナンドに関しても、90分間を通して運動量が増えたと思う」

 トーレスが先発フル出場した試合の総走行距離とスプリント回数を比較すると、指揮官が交代する前後で大きな変化を遂げていることがわかる。

 総走行距離は前監督のもとで戦い、1-2で敗れた9月29日の北海道コンサドーレ札幌戦が9.840キロだったのに対し、金監督就任後の11月4日のV・ファーレン長崎戦が10.902キロ、同24日の横浜F・マリノス戦が10.806キロに達し、ともに1点差で勝利している。

 スプリント回数に至ってはコンサドーレ戦の5回から、V・ファーレン戦では21回にはね上がっている。スピードを駆使し、相手の最終ラインの裏を突くスタイルで世界と勝負してきた点取り屋が、チームメイトのために走り、泥臭く体を張るファイターの一面をも186センチ、78キロの体に搭載させていた。

 金監督のもとでゲームキャプテンも託されたトーレスの献身的な姿勢と、ここぞという場面で決めた2ゴールもあって、サガンは最後の5試合で3勝2分けをマーク。
 自力で残留を手繰り寄せたが、その間にはイタリアのメディアが、オーストラリアのシドニーFCがトーレスに興味を示していると報じた。
 
 サガンとの交渉が報じられた今春にも、シドニーFCはアメリカのシカゴ・ファイヤーとともに、サガンのライバルとして名前が挙がった。トーレスの契約は今年7月からの1年。J1残留という目標を成就させたなかで、試合後の取材エリアでは去就に関する質問も飛んだ。

「最初に言いたいのは、僕は少なくともあと1年は(サガンに)いるということ。もしかすると、(1年より)もっと長くいるかもしれない。いまはJ1に残留できたことをみんなと祝って、明日を迎えたら来年のことを考える。そして、いい休暇を取って、いい状態で戻ってくる」

 来シーズンもサガンでプレーすることを即答したトーレスの去就に関して、獲得交渉に当たった竹原稔代表取締役社長はかねてから全幅の信頼を寄せてきた。

「サガン鳥栖というチームを愛してくれているし、鳥栖という町をすごく好きになってくれたのは事実。いろいろな報道が出ていますけど、他のチームに行くことはありません」

 マドリードやロンドン、ミラノと大都会で暮らしてきたトーレスにとって、J3までを含めて54を数えるJクラブのホームタウンのなかで、人口が約7万3000人と最も少ない佐賀県鳥栖市での静かな日々は新鮮な驚きがあった。すでに来日している夫人と2人の子どもも、鳥栖市を気に入っている。

「クラブはもとより、日本という国に対してもすごく満足している。来シーズンのサガン鳥栖はもっとよくならないといけない。日本における重要なクラブとなるべく、貢献していきたい」

 J1残留というミッションは成し遂げたが、出場17試合で3ゴールという数字にはもちろん満足していない。開幕前のキャンプからコンビネーションを高め、ヨーロッパで「神の子」と呼ばれた本領を発揮するために。初体験の試練を乗り越え、歓喜にたどり着いたトーレスの視線はすでに未来へと向けられている。

(文責・藤江直人/スポーツライター)

THE PAGE 12/2(日) 5:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00010000-wordleafs-socc&p=1

J1残留の鳥栖、F・トーレスは来季のプレーを断言。Jで彼の何が変わったか?(写真:築田純/アフロスポーツ)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00010000-wordleafs-socc.view-000

 

5 :2018/12/03(月) 06:17:04.28

完全にトーレスのおかげで残留したと思う。
こんな選手ならどこのクラブでも欲しいだろうと思った。
そしてあの監督が37歳ってマジかw
50手前だと思ってたw

 

6 :2018/12/03(月) 06:19:46.62

鳥栖はトーレス、金崎、イバルボ、レバノン人、権田がそろえば、あと2,3人の補強でだいぶ強くなるんだけどな
スポンサー問題どうなるんだろう

 

13 :2018/12/03(月) 06:35:23.38

間違いなく忍耐

 

17 :2018/12/03(月) 06:48:58.75

どうしてもゲームメイクに関わる比重が大きくなるね
サッカーの楽しみを再発見するところもあるのかな

 

19 :2018/12/03(月) 06:53:40.70

金がねぇ

 

21 :2018/12/03(月) 06:56:10.03

世界的なスターが鳥栖で泥くさくやってくれてんねんで
ほんま聖人

 

27 :2018/12/03(月) 07:27:57.49

攻守にすげえ走ってたな。池田圭かと思ったぞ。

 

28 :2018/12/03(月) 07:28:02.74

師匠はほんとに師匠だった
くっそ大事な場面で得点したし
さすがトーレス
鳥栖にうまくさばけてパス出しできるやつがもう一人欲しい

 

31 :2018/12/03(月) 07:42:59.93

トーレスもジョーも地獄の残留争いを満喫して頂けてるようでなにより

 

33 :2018/12/03(月) 07:48:34.14

ブラジル人がJに来てハードワークを身に付けてパワーアップするのと同じやな。

 

45 :2018/12/03(月) 08:57:52.83

パサーを獲ってやれ

 

47 :2018/12/03(月) 09:11:44.83

トーレスは鳥栖のスタジアムの雰囲気に惚れたんだよ

 

48 :2018/12/03(月) 09:18:24.11

師匠ホントええ人やんな
プレーも手を抜かないし

 

66 :2018/12/03(月) 10:36:34.56

>>48
あんなに献身的に守備するとは思わなかったわ

 

51 :2018/12/03(月) 09:27:56.67

サイゲマネー減るらしいけどトーレスの年俸払えるんかね

 

54 :2018/12/03(月) 09:33:05.14

磐田衝撃のロスタイムばかり目が行ってたけど、
名古屋湘南は直接対決、鳥栖は鹿島とって他のチームも緊迫してたんだなあ。

 

57 :2018/12/03(月) 09:57:18.57

鞠戦の決勝弾はでかかったな
アレなければACLのかかった鹿相手にアウェーで勝利が必須という地獄のような展開だったからなw

 

58 :2018/12/03(月) 10:00:04.83

勝っても負けても変わらない応援が嬉しいみたいな事を本人は結構色んなインタビューで言ってる気がする
トーレス批判される事多かったし衝撃なのかもね
暖かさってのに

 

71 :2018/12/03(月) 11:07:59.01

鳥栖は六億捻出出来るのか?

 

85 :2018/12/03(月) 12:02:10.64

トーレス、あのヒョロガリの頼りなさそうな監督の指示もちゃんと聞いてくれるのなw

でも、インタビューの受け答えの時の表情が大抵哀しみに包まれてるように見えるけど、
あれって前から?

 

92 :2018/12/03(月) 12:36:24.03

トーレス残留の樽募金するなら協力するで?

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543784957/