名古屋のジョー獲得でブラジルに広がる波紋 断れなかったオファー

名古屋のジョー獲得でブラジルに広がる波紋。自国のW杯戦士が流出、断れなかったオファー

新シーズンからJ1に復帰する名古屋グランパスは3日、ブラジルの名門コリンチャンスから元同国代表FWジョーの獲得を発表した。2014年のブラジルW杯に出場した経歴を誇り、昨季の国内リーグ得点王とMVPを獲得したほどの選手が日本への移籍を選んだことはどんな意味を持つのだろうか。そしてブラジル国内ではどのように受け止められているのだろうか。(取材・文:チアゴ・ボンテンポ【ブラジル】)

多額の負債抱えるコリンチャンス。地元出身でも売却はやむなし

 日本のサポーターかブラジルのサポーターか、より驚いたのはどちらの方だっただろうか。

 コリンチャンスがブラジル全国選手権1部優勝を成し遂げた1ヶ月後、チームのベストプレーヤーを日本の名古屋グランパスへ売却することが合意に達したというニュースが報じられた。ジョアン・アウベス・デ・アシス・シウバ、通称“ジョー”はブラジルで輝かしいシーズンを過ごし、ブラジル全国選手権1部で34試合で18ゴールを記録。リーグ得点王を獲得するとともに年間MVPに選出された。その男がJリーグでプレーすることになる。

 ブラジルでこのニュースが伝えられると、コリンチャンスのサポーターの間には強い落胆と怒りが広がった。ジョーの姿勢を批判する者もいる。つい先日、彼は「コパ・リベルタドーレスに出場するため残留したい」と話し、関心を示しているという中国のクラブからのオファーに耳を貸すつもりはないと主張していた。

 新シーズンに向けて一気に悲観的になってしまった者もいる。「来年は何のタイトルも狙えない」「もうダメだ、2018年は終わった」といったような声が聞こえてくる。名古屋グランパスのSNSへ批判をぶつけ、ポルトガル語で侮辱的・差別的なメッセージを投稿する者までいた。

 コリンチャンスは経済的に厳しい状況にあり、多額の負債を抱えている。クラブ創設から100年間待ちわびた末に、2014年W杯のために建設されたアレーナ・コリンチャンスという自分たちのスタジアムを持つことができたが、その費用を完済するには長い年月を要する。フリーで加入した選手を売却することで1100万ユーロ(約15億円)を手に入れられるのなら、それがファンの感情をどれほど傷つけようとも、大きな取引であることは間違いない。クラブにとっても選手にとっても、名古屋からのオファーは「断りきれない」とみなされるものだった。

 コリンチャンスのサポーターがジョーを愛していたのは、彼が2017年のチームのエースだったからという理由だけではない。サンパウロで生まれ育った地元っ子であり、コリンチャンスの下部組織でキャリアをスタートさせた選手だ。2003年に16歳3ヶ月29日で初出場し、クラブの最年少プロデビュー記録も保持している。“(コリンチャンスの地元)イタケラの申し子”である。

“終わった選手”からの劇的復活。「ダービーキング」の異名も

 だがCSKAモスクワやマンチェスター・シティなど欧州での経験や、2013年コンフェデレーションズカップ優勝、2014年W杯出場などブラジル代表でのプレーを経て、ジョーはキャリアの下り坂に差し掛かっていた。

 2014年から15年にかけては、13ヶ月間無得点という時期もあった。その後、UAEのアル・シャバブや中国の江蘇蘇寧へ移籍。江蘇ではわずか5ヶ月で構想外とみなされ、その後の4ヶ月間はプレーしないまま2016年11月にコリンチャンスへと復帰した。中国で見捨てられた29歳の彼は、もはや終わった選手だと考える者が多かった。酒に溺れ、ナイトクラブ通いを繰り返す彼のプロ意識にも疑問が呈されていた。

 だがジョーは、その時こそが変わるべき時だと決意していた。酒を断ち、キャリアを立て直すことに集中した。過去に例のないほど必死に練習し、最高の状態を取り戻し、ピッチ上での好パフォーマンスで批判を見返した。コリンチャンスの宿敵パルメイラス、サンパウロ、サントスとの試合ではいつもゴールを奪い、「ダービーキング」の異名を取った。

 大一番を決定的な仕事をすることも多く、フルミネンセを3-1で破って2017年のリーグ制覇を決めた試合でも2ゴールを記録。コリンチャンスのレジェンドとなった彼が、今後も長期間このチームでプレーし、できればここで引退してほしいとサポーターが期待するのも自然なことだった。

 1990年代には、セレソンのレギュラー級も含めて多くの有名ブラジル人選手がJリーグでプレーしていた。例えば1998年フランスW杯の先発メンバーだったドゥンガとセザール・サンパイオはそれぞれジュビロ磐田と横浜フリューゲルスに所属していた。

 だが現在では事情が異なる。今でも日本でプレーする外国人選手の中で最も数が多いのはブラジル人だが、その多くは母国でさほど知られていない選手たちだ。ブラジル全国選手権1部ではあまりチャンスを得られない選手たちであったり、2部や3部でプレーしていた選手たちであったりする。だが、ブラジルのトップリーグの最高の選手が日本へ渡るとなれば全く別の話だ。

ジョーがJリーグにもたらすもの。セレソン復帰の噂は…?

 昨年から交わされたDAZNとの契約により、日本のクラブはこれまでの約7倍となる放映権料を手に入れている。各大会の賞金額も大幅に引き上げられた。各クラブにとっては、今まで以上に優れた外国人選手たちを連れてくるチャンスが生まれる状況であり、リーグのレベル向上にもつながる。

 近年では、国際的に広く名を知られた選手が日本へ渡るケースは多くはなかった。セレッソ大阪でプレーしたディエゴ・フォルランやカカウ、清水エスパルスでプレーしたフレドリク・ユングベリ(彼のことは忘れている者も多いかもしれない)といった選手たちはいずれも期待に応えられなかった。現在ヴィッセル神戸でプレーするルーカス・ポドルスキもそれほど強烈な活躍は見せられていない。

 これらの選手たちは、キャリアの最高の時期を過ぎてから日本へと渡った。ジョーが違っているのは、彼が今まさにピークにあるという点だ。3月には31歳となるが、昨年ブラジル国内で最高のパフォーマンスを見せた選手であったことに疑問の余地はない。ブラジル代表でもう一度チャンスを与えるべきだとチッチ監督に要求する評論家もいる。サポーターの間では、ジョーが日本へ移籍することで、ガブリエウ・ジェズスのバックアップを探しているセレソンの一員としてロシアW杯に参加するチャンスが失われるのではないかという声もある。

 188cmの長身を誇るジョーは、ゴールに背を向けてのプレーを好むような典型的センターフォワードだと考える者もいるかもしれない。だがそれは間違っている。もちろん空中戦にも強いが、足元でのボール扱いにも非常に優れた選手だ。コリンチャンスの練習ではスピードテストで1位の数字を叩き出していたことも注目に値する。

 トヨタは日本を代表する企業の一つとして世界的に知られている。トヨタ車はブラジル国内でも走っており、トヨタというのがどういった企業なのか、ブラジル人でも誰もが知っている。資金は有り余っている企業だが、これまでサッカーチームへの投資にさほど熱心ではない様子だった。

 名古屋グランパスは、国内屈指のクラブとしてタイトルを争っていくために必要となる条件を全て兼ね備えている。Jリーグには、リーグを盛り上げて他クラブにも投資を促すような大物外国人が必要とされている。ジョーは「ワールドクラス」には程遠いかもしれないが、2017年のような集中力と前向きな姿勢を維持することができれば、間違いなく日本で成功を収められるはずだ。

フットボールチャンネル 2018年01月04日(Thu)10時50分配信
https://www.footballchannel.jp/2018/01/04/post248863/

コリンチャンスから元ブラジル代表で2014年W杯にも出場したFWジョーが名古屋グランパスへ移籍【写真:Getty Images】
https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2017/12/20171227_jo_getty.jpg

 

9 :2018/01/05(金) 00:21:43.64

ブラジルはあれだけ選手を海外に獲られてるのにクラブも赤字なのはキツイな

 

14 :2018/01/05(金) 00:25:24.56

コリンチャンスはそんなにも財政状況が厳しいなら
移籍金さえ払えば他の選手も出してくれそうだな

 

15 :2018/01/05(金) 00:25:32.40

イギリスやスペインあたりならこのクラスだと最低3倍は
払わないといけなそうな感じだけどな
ブラジルは15億くらいで買える選手しか居ないのか

 

18 :2018/01/05(金) 00:26:52.90

なんでそんな選手が欧州ではなくて日本に来るんだ?
ケチな名古屋が桁違いな金詰むとは思えん

 

26 :2018/01/05(金) 00:33:47.63

>>18
今年31歳で、ヨーロッパで実績残せていないのとか、移籍金10億も出さん
コリンチャンスも6億あれば御の字って思ってたそうだし

 

29 :2018/01/05(金) 00:36:28.66

調べたけどアレーナ・コリンチャンスの建設費8億200万レアル(約280億円)
これ全額コリンチャンスのクラブが借金してるのかな

 

33 :2018/01/05(金) 00:39:47.47

別にブラジルなんて人材一杯いるんだから、ええやん。

15億あれば近隣の国からも有望選手が取れるんだから、話がオーバーすぎwww

 

36 :2018/01/05(金) 00:44:23.27

日本で本気でプレーするかなあ
またクラブ通いが復活しなければいいけど

 

38 :2018/01/05(金) 00:46:57.00

コリンチャンスの選手にダニーロいるけどまだ現役でやってるんだな

 

42 :2018/01/05(金) 00:50:59.59

んー金目的なら中国行けばいいのに

 

65 :2018/01/05(金) 01:36:06.52

>>42
一度行ってたから行きたくないんだろ

 

45 :2018/01/05(金) 00:55:40.11

15億円でブラジルMVPの選手と獲れるなら充分安いと思うけどな
欧州での実績無いから見送ったチーム多かったのが良かったな

 

46 :2018/01/05(金) 00:55:47.18

クラブ側が売りに出してたんなら仕方ないんじゃないか

 

62 :2018/01/05(金) 01:29:13.41

まぁジョーはポストもこなせるし日本でやれると思うがな
日本はそんなに遊びたくなる誘惑的な場所はないだろうしw

 

83 :2018/01/05(金) 03:19:27.93

>>62
エジムンドが、日本はビーチがないからサッカーに集中したって言ってたな
でも一年だっけいたの

 

74 :2018/01/05(金) 02:06:33.75

ビッグネームだからって獲得したとかないよね?
チームが本当に戦略的に必要とする外国人選手をとってね。

 

75 :2018/01/05(金) 02:07:13.83

どうかなー
パスの供給源があればいいけど
風間がどう使うか

 

86 :2018/01/05(金) 03:36:17.76

ロシアや中国にも行ってた選手だから異文化圏での出稼ぎ生活は大丈夫だと思うが
日本にも馴れて、うまく活躍してくれると良いな

 

87 :2018/01/05(金) 03:38:51.53

青木がジョーの技術をどれだけ吸収出来るかにこの投資の意義は掛かってる
誰も優勝争い出来るなどとは期待してない

 

91 :2018/01/05(金) 04:30:46.47

MVP
2000年:ロマーリオ
2001年:アレックス・ミネイロ
2002年:カカ
2003年:アレクサンドロ・デ・ソウザ
2004年:ロビーニョ
2005年:カルロス・テベス
2006年:ルーカス・レイヴァ
2007年:チアゴ・ネヴェス
2008年:ロジェリオ・セニ
2009年:アドリアーノ・レイテ
2010年:ダリオ・コンカ
2011年:ネイマール
2012年:ロナウジーニョ・ガウショ
2013年:エヴェルトン・リベイロ
2014年:リカルド・グラール
2015年:レナト・アウグスト
2016年:ガブリエル・ジェズス
2017年:ジョー

得点王
2000年:ロマーリオ、マグノ・アウベス、ジウ
2001年:ロマーリオ
2002年:ルイス・ファビアーノ、ロドリゴ・ファブリ
2003年:ジンバ
2004年:ワシントン
2005年:ロマーリオ
2006年:ソウザ
2007年:ジョジエル
2008年:ケイリゾン、ワシントン、クレーベル・ペレイラ
2009年:アドリアーノ・レイテ、ジエゴ・タルデッリ
2010年:ジョナス
2011年:ポルジェス
2012年:フレッジ
2013年:エデルソン
2014年:フレッジ
2015年:リカルド・オリベイラ
2016年:ディエゴ・ソウザ、フレッジ、ウィリアム・ポッチケ
2017年:ジョー、ヘンリク・ドゥラド

 

92 :2018/01/05(金) 04:31:04.30

Jリーグ 歴代移籍金ランキング
1位 ジョー(名古屋グランパス) 14億8000万円★
2位 清武弘嗣(セレッソ大阪) 6億円
3位 イルハン(ヴィッセル神戸) 4億5000万円
3位 ディエゴ(京都サンガFC)  4億5000万円
5位 ドゥドゥ(柏レイソル) 4億3000万円
6位 フッキ(東京ヴェルディ) 4億円
6位 エデルソン(柏レイソル) 4億円
8位 阿部勇樹(浦和レッズ) 3億5000万円
8位 三都主アレサンドロ(浦和レッズ) 3億5000万円
10位 前園真聖(ヴェルディ川崎) 3億4000万円
11位 アデミウソン(ガンバ大阪) 3億3000万円

Jリーグ 歴代年俸ランキング
1位 ポドルスキ(ヴィッセル神戸) 6億円
1位 フォルラン(セレッソ大阪) 6億円
3位 ジョー(名古屋グランパス) 4.5億円★  ※3年契約=13.5億円
4位 リネカー(名古屋グランパス) 3億円
4位 カカウ(セレッソ大阪) 3億円
6位 エジムンド(東京ヴェルディ) 2億5000万円
6位 イルハン(ヴィッセル神戸) 2億1000万円
6位 レアンドロ(ヴィッセル神戸) 2億1000万円
9位 ワシントン(浦和レッズ) 2億円
10位 エメルソン(浦和レッズ) 1億9000万円
11位 ジーコ(鹿島アントラーズ) 1億8000万円

 

93 :2018/01/05(金) 04:31:26.33

ジョー ブラジルセリエA2017年シーズン

View post on imgur.com

 

97 :2018/01/05(金) 04:42:04.95

DAZNマネーは早めに優勝したほうが長期的に有利になるだろうし
2シーズン目に勝負してきたのは悪くないと思うよ
Jで通用しやすい外国人長身FW、安心コミュニティつきのブラジル人、直近ブラジル得点王で現役バリバリ
Jでやれそうな要素が複数あるから、悪くても得点ランク上位には入るんじゃないか

 

113 :2018/01/05(金) 10:37:23.46

愛知、南米人多いからスタジアムに大量に来そうだな。
トヨタカップの時のコンリンチャンスサポ凄かったが、
在日南米人も結構来てた。

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1515078943/