真価を見せ始めたF・トーレスの告白「残留争いは人生で初めての経験だ」

真価を見せ始めたトーレスの告白。「残留争いは人生で初めての経験だ」

 11月24日、ベストアメニティスタジアム。サガン鳥栖はJ1残留を争う横浜F・マリノスとの一戦を戦っていた。1-1で迎えた78分。ストライカーを象徴する9番を背負ったフェルナンド・トーレスは、大観衆を最高の陶酔に導くゴールを決めている。

 センターバックとして頭角を表す高橋祐治のインターセプトから、前線の金崎夢生がパスを受け、そのボールをトーレスへ。トーレスは相手ディフェンダーに行く手を塞がれたものの、巧みなボールコーントロールによってシュートコースを作り出し、体をたたみ、右足を鋭く一閃した。その動作はしなやかで艶やかだったが、ボールの軌道も美しかった。ボールはゴールのファーサイドに導かれるように入っている。

 結局、このゴールが決勝点になった。負けたら自動降格の危険性もあった一戦。トーレスはその実力と度胸のよさを正念場で見せつけた。

 トーレスはここまでリーグ戦16試合出場で3得点目。入団以来、大きく注目された世界的ストライカーとしては決して満足のできる数字ではない。スペイン代表として欧州王者に輝き、W杯でも頂点に立った選手なのだ。

 この日も後半、決勝点を決める前にはオフサイドの判定に不満を覚え、足もとのボールをゴール裏の看板に向かってぶつけている。フラストレーションを抱えているのは明らかだった。

「いつも穏やかで落ち着いている」

 そう言われるトーレスらしくない取り乱し方だった。その胸中に迫るものは何なのか。

 試合後のミックスゾーンで、トーレスは20人近い記者たちに囲まれていた。英語の通訳を介して、質疑が続いた。ゴールを祝するのは当然だろう。しかし、そこに至る心理状態はどうだったのか。

 スペイン語で直接、質問をぶつけた。

――ゴールするまでの2、3本は、決定的シュートが完全に”当たって”いなかった。あなたのような選手でも、やはりプレッシャーを感じるものなのか?

 日本人の記者の質問に、一瞬、面食らったような表情を彼は浮かべた。日本では、シュートを外そうが入れようが、そこまで厳しい質問は浴びないのだろう。

「残留を争うというのは、自分にとって人生で最初の経験だから」

 彼は少し苦味のある笑みを洩らして言った。世界最高峰の欧州チャンピオンズリーグで優勝を争い、リーガ・エスパニョーラやプレミアリーグ、セリエAで覇権を争ったゴールゲッターの告白だ。

「このプレッシャーの感覚は、新しいものだよ。降格しないように戦うというのは、僕にとっても初めての経験なんだ」

 彼はそう言いながら、すでに余裕を取り戻していた。冷徹に物事を見極められる性格なのだろう。

「でも、そもそも全部のシュートを入れることはできないんだよ。それもフットボールの一部なのさ。(外したシュートも含めて)すべてが、チームを助けることになった重要なゴールにつながっているんだ」

 10月、鳥栖が降格圏の17位に転落すると、イタリア人のマッシモ・フィッカデンティ監督が解任され、U―18を率いていた金明輝監督に交代した。以来、4試合で3勝1引き分けと、その好転は結果に如実に表れている。

 そしてトーレス自身、いい変化の手応えを感じていた。

「確実にいい変化だったと思う。今は違った練習で、ポイントを稼ぐことができている。試合に向けた1週間、充実したトレーニングができていると言えるだろう」

 はたして、それはどのような変化なのか?

「今は攻守のバランスを探しながら、それをつかみつつある。それに、試合をコントロールすることだね。秩序をもって、攻撃できるようになっているんだ」

 一方でトーレスは課題も挙げている。

「まだ少し足りないのは、最後の仕上げとなる(敵陣での)”4分の3”でのプレーだろうね。もっと直線的に縦に行くとか、もっとプレースピードを上げるとか。そういうところだね。でも、それはこれからの練習次第できっと積み上げていけるだろう」

 トーレスはようやく、日本に慣れつつある。長旅からの時差、気候の違い、文化の違い、さらにチームの不振。注目度が高すぎて、ガードされすぎて、いびつな状態になっていたが、公開練習が増えたことなどによってそれからも解放され、真価を発揮しつつある。

「すべてはちょっとずつだよ。適応はできていると思う。焦りはない」

 そこで最後に聞いた。

――新しいプレッシャーは、乗り越えられそう?

「もちろんだ」

 12月1日、トーレスと鳥栖は、アジア王者である鹿島アントラーズとの敵地戦に挑む。引き分けでも残留は確定するが、どんな結果になるにせよ、トーレスの目覚めが待ち遠しい。本物の彼はこんなものではない。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki

2018.11.30
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2018/11/30/post_66/

サガン鳥栖のホーム最終戦、ファンの声援に応えるフェルナンド・トーレス photo by KYODO
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181130-00010000-sportiva-socc.view-000

 

7 :2018/11/30(金) 13:01:41.65

フィッカ時代はボールがまわってくること自体少なかったからな

 

8 :2018/11/30(金) 13:02:34.94

ずっと勝者だもんな

 

12 :2018/11/30(金) 13:03:30.95

重要な試合の重要な場面でゴール決めたな

 

15 :2018/11/30(金) 13:04:17.21

普通に豊田使ったほうが勝てそうw

 

17 :2018/11/30(金) 13:04:43.93

1ゴール当たり2億円か、凄いコストパフォーマンスだ

 

19 :2018/11/30(金) 13:04:58.66

頑張れトーレスサガン鳥栖
きっと残留できると信じてるよ‼
怪我せずに最終戦チーム一丸となって戦い抜いてくれ

 

20 :2018/11/30(金) 13:07:19.05

この前の決勝点といい
ガチでトーレスのおかげで残留できるかもしれないよな

 

25 :2018/11/30(金) 13:11:28.07

>>20
トーレスが決めれず負けたり引き分けた試合もあったろ

 

34 :2018/11/30(金) 13:18:35.96

>>25
むしろトーレスを下げて金崎残して守備崩壊して負けた試合がある
トーレス来てからの中位以上の成績はトーレスの守備によるところが大きい

 

39 :2018/11/30(金) 13:23:59.11

>>25
そもそも中盤のチャンスメイクが少なすぎだから・・・

 

21 :2018/11/30(金) 13:08:05.81

>ゴールするまでの2、3本は、決定的シュートが完全に”当たって”いなかった。
>あなたのような選手でも、やはりプレッシャーを感じるものなのか?

いつもどおりなんじゃ・・・

 

30 :2018/11/30(金) 13:14:45.05

入れ替え戦に回ったとしても横浜FCかヴェルディじゃ今年はラッキー

 

35 :2018/11/30(金) 13:19:39.04

なんだかんだで勝者だから鳥栖が降格するとは思えない

 

41 :2018/11/30(金) 13:25:19.30

鳥栖は後半戦だけで見ると7位くらいだからな
十分戦力アップにはなっている
下位にいたクラブが軒並み上げてて残留争いから抜け出せはしなかったが

 

42 :2018/11/30(金) 13:26:08.31

金崎と権田が神

 

51 :2018/11/30(金) 13:39:20.81

アトレティコ2部降格してなかったっけ、と思ったらトーレスは2部デビューで1部昇格した時のメンバーなんだな

 

54 :2018/11/30(金) 13:46:25.76

ついでに入れ替え戦も経験しておけ

 

58 :2018/11/30(金) 13:55:41.80

鹿島さんお願いします

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543550218/