香川真司、スペイン移籍熱望の理由はベルギー戦

香川、スペイン熱望の理由はベルギー戦/激白第2弾

ドルトムントMF香川真司(29)が、2度目の出場で16強に進んだ18年W杯ロシア大会を振り返った。負傷を乗り越え、迎えた初戦コロンビア戦で先制PKを決めて勝利。無得点、未勝利で1次リーグ敗退した14年ブラジル大会の悪夢をかき消した。初の8強を懸けたベルギー戦は逆転負けしたが、相手MFアザールのような存在が今後の躍進に必要と痛感。個を伸ばすべく、スペイン移籍への思いが強まったことを単独インタビュー第2弾で語った。【取材・構成=木下淳】

-まずW杯を迎える前の心情はどうだったか

香川 けがが長引いて焦りを感じていたし、メンバーに選ばれるか分からず、直前に監督も代わった。なのに負傷でアピールしようがない。緊張、ストレス、不安、いろいろな感情を押し殺すためにトレーニングし、切り替えようと必死だった。それでも開幕に照準に合わせ、4月下旬にようやく復帰できてからは絶対に間に合うと思っていた。

-本大会には、どんな思いを持って挑んだか

香川 前回大会の結果は底辺中の底辺。何ひとつ得られなかったけれど、あの経験があったからこそ4年間かけて自分を見直せた。

-最も重要なコロンビア戦で勝ち、得点も決めた

香川 大事な初戦の、まさかあの時間帯にPKが取れると思わなかったけど、これも運命で自分に託されたな、と。今大会はVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)もあったし、PK練習はしていたので冷静だった。相手にも僕のPKの情報はなかったはず。

-4年前は逃した1次リーグ突破時の心境は

香川 安堵(あんど)感は全くなかった。一瞬のうれしさはあったけど、満足したり、浮かれると良いことがないので感情をコントロールした。セネガル、ポーランド戦は満足できる内容ではなかったので、何をすべきか整理し集中し、決勝トーナメントに臨んだ。

-ベルギー戦は2点リードも終盤に大逆転負け

香川 まだまだ経験と試合を締める力が足りなかった。日本では2-0は危険なスコアと言われるけど、絶対に勝たないと。ましてや残り15分。悔いが残る。

-敗れたが16強入りしたW杯を終え、これからの日本はどう進むべきか

香川 選手の大半が海外に出て、1人1人が厳しい環境でもまれてきたから結果が出た。偶然ではなかった。開幕2カ月前の監督解任なんて普通は考えられないけど、逆境の中、どう1つになるか、何をすべきかを共有できた。4年間の積み重ねはウソではなかったし、今後も海外の厳しい環境に身を置くことが大事。

-その中で香川真司は何を追求していくのか

香川 良くも悪くも日本では「チームのために」という言葉が出がち。1歩、間違えば個性を失うことになる。W杯で、あらためて個の力を持つチームは強いと実感した。例えば、ベルギーのアザール。彼のような選手が出てこないと。ドルトムント、マンチェスターUでは強烈な身体能力、圧倒的な個を持った選手を生かしてきたけど、どこかバランスを見ていた自分がいた。海外で生き抜く上では必要だけど、その割合を問いただしていく。もっと自分にフォーカスして、得点とアシスト、特にゴールを奪いにいきたい。日本人が誰もいないチームでも自分が中心になる気持ちで。

-それがスペイン移籍を目指す理由なのか

香川 相手に恐怖心を抱かせ、味方には自信をもたらす存在の必要性をロシアで痛感した。日本が、あらためて高い組織力を示せた分、次は「個」。日々の練習で磨かれるものなので、今の環境を変えることが1つの解決策。自分のスタイルはスペインのサッカーにマッチすると思うし、プレーもイメージできている。

◆香川とW杯ロシア大会 2月に左足首を負傷し、復帰まで3カ月を要したがメンバー23人に滑り込み。初戦1週間前のパラグアイ戦で1得点1アシストし、トップ下の先発を奪い返した。そのコロンビア戦では開始3分のシュートが相手ハンドと一発退場を誘い、PKを獲得。自ら蹴って先制し、2-1で勝った。日本のW杯史上初めて、先発し、点を決め、勝利した背番号10になった。第2戦セネガル戦も先発し、第3戦ポーランド戦は温存。決勝トーナメントのベルギー戦はフル出場で乾の2点目をアシストしたが敗退した。

◆W杯ロシア大会のアザール ベルギーの10番を背負い、86年W杯の4位を上回る初の3位に導いた。正確なトラップと加速力で相手を置き去りにし、ボールロストも極めて少ないドリブルが武器。日本屈指のMF乾も「あのドリブルは止められなかった」と感服した。今大会は全6試合に出場し3得点。うち3試合でマン・オブ・ザ・マッチに輝いた(チュニジア戦、日本戦、イングランド戦)。

日刊スポーツ 2018年11月28日6時0分
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201811270000782.html

穏やかな表情でスペイン移籍への思いを明かすドルトムントMF香川(2018年11月25日撮影)
https://www.nikkansports.com/soccer/world/photonews/photonews_nsInc_201811270000782-0.html

 

5 :2018/11/28(水) 06:41:18.45

29にしてここまでのオワコン感もすごいな

 

10 :2018/11/28(水) 07:03:04.23

打開できないから2列目に居場所がないのによりによって最も求められるリーガとは
3列目の柴崎より早く戦力外になるよ

 

17 :2018/11/28(水) 07:48:18.63

行かないと死ぬまで後悔するだろうからいけいけ
失敗してもそれはもう仕方ない

 

22 :2018/11/28(水) 08:10:31.95

スペインに絞らなければブンデスのどこかにねじ込んでもらう事は可能だったろうが
かがーさんはスペイン一本にしぼってるから、最悪冬移籍も成立しない可能性すらでてきたな

 

24 :2018/11/28(水) 08:12:13.48

>相手に恐怖心を抱かせ、味方には自信をもたらす存在の必要性をロシアで痛感した。

やっとか(´・ω・`)

 

28 :2018/11/28(水) 08:16:59.41

年俸大幅カットは当然として持参金も必要
それでも30才のオワコンなんてリーガで拾ってもらえるかどうか

 

33 :2018/11/28(水) 08:19:40.80

>>28
貧乏クラブ多いから移籍するだけなら割と簡単
ただし試合に出るのはハードルが高い
スモールクラブでも残留に必死だから遊びで選手を出すわけにはいかない

 

39 :2018/11/28(水) 08:25:29.81

>>33
外人3枠縛りがあるから移籍するのも結構大変
その枠で獲得するって事は活躍のハードルも高くなる

さらに香川が逆オファーかけまくって話くらいは聞いてやるかという流れじゃ
試合に出られるかどうかもあやしいな

 

51 :2018/11/28(水) 08:32:06.79

こいつベルギー戦の乾のゴールは自分のおかげだと思ってそう

 

58 :2018/11/28(水) 08:41:33.06

> セネガル、ポーランド戦は満足できる内容ではなかったので

ポーランド戦はあれだけどセネガル戦は満足出来る試合だったろ
自分のことしか考えてないんだな

 

59 :2018/11/28(水) 08:42:04.71

なんか練習に来てないらしいな?
デン川ベレ司になったんか

 

62 :2018/11/28(水) 08:50:32.29

スペインいけるかどうか知らんが移籍はしないとな。
イタリアでもトルコでも日本でもいいから。
これ以上ドルにいても先がない。

 

66 :2018/11/28(水) 08:54:56.61

この記事受けてドルトムントからコメントが出てるね。
夏にスペインの複数チームがあったのにチームが断ったらしい。
次は認めるってよ。

 

90 :2018/11/28(水) 10:03:21.17

>>22
夏には決まってたんだよ
だからトラリク出したのにドルが拒否した

同紙によれば、香川には今夏にもスペインのクラブから複数の打診が届いていたという。
その際ドルトムントは移籍を認めないことを明確に伝えたため、当時は具体的な交渉には至らなかったとのこと。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00010000-goal-socc

 

91 :2018/11/28(水) 10:06:45.33

>>90
お前がトラリクのソースにしてる記事書いた記者が
夏には軽い打診しかなかったと最新記事で暴露してるぞ

軽い打診程度で何が決まったというのか

 

103 :2018/11/28(水) 11:25:11.85

>>90
実際にスペインからオファーあったのに、詳細をつめもせずチームが蹴った。
それなのに構想外で放置されたら温厚な香川でも切れるわな。

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543354577/