J1第21節 名古屋グランパス、清水に2失点完封負け


カウンターから西澤弾で清水が最下位脱出、名古屋はまたも攻撃陣が沈黙【明治安田J1第21節】

明治安田生命J1リーグ第21節、名古屋グランパスvs清水エスパルスが10日に豊田スタジアムで行われ、2-0でアウェイの清水が勝利を収めた。

名古屋は前節、マテウス・カストロの一撃で柏レイソルを退け、5試合ぶりの勝利を手にした。守備陣も2試合クリーンシートを続ける中で、今節は川面を加入後初先発に抜擢。スリーセンターの左を務めた。

一方、3試合未勝利でついに最下位まで転落した清水のゼ・リカルド監督は、前節のヴィッセル神戸戦と同じ11人をチョイスした。

序盤から両チームが攻め気を見せたゲームは、開始1分も経たぬうちからレオ・シルバが左ポスト直撃の右足ミドを放つ。名古屋はさらに右サイドからのマテウス・カストロのクロスから、柿谷がヘディングで狙う。

清水も幅を広く使った攻撃から片山のクロスにカルリーニョス・ジュニオが至近距離で合わせるも、当たり損ないに。次第にポゼッションを高め、引いた名古屋がカウンターを狙うという構図へと推移した。

17分にも速攻を仕掛けた名古屋は、柿谷がマテウスとのワンツーを経てボックス右からフィニッシュ。清水もレオ・シルバの縦パスをカットした原が虚を突いたロングシュートを見せると、相手のお株を奪うような速攻から38分に先制点を挙げる。

森下のクロスをGK権田が弾いたところからカウンターへ転じると、こぼれ球を拾った宮本、神谷を経由して左サイドを崩し、カルリーニョス・ジュニオが深い位置まで持ち上がる。右足でグラウンダーのクロスを送ると、西澤がペナルティアーク内左から右足インサイドで面を作った丁寧なシュートを右隅へと流し込んだ。

リードを奪って試合を折り返した清水は後半開始直後にも決定機を迎える。鈴木義宜が敵陣でインターセプトしてカウンターを展開し、カルリーニョス・ジュニオのパスから西澤が今度はボックス右から左足で巻いたシュート。だが、左のポストに嫌われた。

直後には名古屋にもビッグチャンスが到来。レオ・シルバがボックス右の深い位置へワンタッチでスルーパスを送ると、抜け出した森下のクロスをGKが弾いたボールを稲垣が蹴り込んでネットを揺らす。だが、森下の位置がオフサイドと判定され、ゴールは認められなかった。

以降は名古屋攻勢の時間が続くも、清水の守備陣も体を張ってゴールを死守。ボックス内で競り合った際にカルリーニョス・ジュニオが足を痛めて交代となるアクシデントをもありながら、最後の一線は越えさせない。

1点が遠いホームチームは先日湘南ベルマーレへの期限付き移籍が発表された阿部を投入。セットプレー崩れからその阿部が左サイドからクロスを送り、中谷が右足でコースを変えるが、右のポストに当たった。

なおも攻勢が続く名古屋だったが、同点ゴールを奪えずにいると、カウンターを阻止した途中出場の吉田がレッドカードで88分に退場処分に。裏へ抜けてボックス右角付近まで運んだ岸本を倒したことが、得点機会阻止と判断された。

数的優位という大きなアドバンテージを得た清水は、後半の追加タイム5分にはチアゴ・サンタナが勝負を決める。岸本のフリックから中盤で稲垣と入れ替わると、ボックス手前まで持ち運び、左足を一閃。強烈な一撃はブロックに入った宮原に当たってコースが変わり、左隅に吸い込まれた。

終盤の一発で勝負を決めた清水は、4試合ぶりの勝ち点「3」を獲得し、最下位を脱出した。一方の名古屋はこの日も攻撃陣が停滞。J1ホーム通算250勝はまたもお預けとなった。

名古屋グランパス 0-2 清水エスパルス
【清水】
西澤健太(前38)
チアゴ・サンタナ(後50)

超WORLDサッカー! 7/10(日) 20:09配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/8464402fa69a66ff25ba527bb6cbfa4c2fc45092

写真:J.LEAGUE
https://www.jleague.jp/photogallery/article/77716/#photoDatail








823 :2022/07/10(日) 19:55:10

まあでも誤審がなければわかんなかったよ



824 :2022/07/10(日) 19:55:12

得点

2020 マッシモ 45
2021 マッシモ 44
2022 長谷川健 16(現時点)


監督変わって得点力激減



827 :2022/07/10(日) 19:55:23

チアゴサンタナの個の力の前に完敗
やっぱり収まる外人FWがいないとどうにもならん



829 :2022/07/10(日) 19:55:55

ホームで最下位のチームに完敗はきつすぎるな。チーム関係者は責任を感じてほしい。



830 :2022/07/10(日) 19:55:55

FWの差だな。
三棚と柿谷では。。。。



831 :2022/07/10(日) 19:55:57

ロスタイムになってようやく必死にボール追うようになっとるじゃん
おせーよ



851 :2022/07/10(日) 19:59:30

柿谷とサンタナの差がほんと悲しい



858 :2022/07/10(日) 20:00:05

流石にあのオフは納得いかん



861 :2022/07/10(日) 20:00:23

マテウスに体張らせる以外何もない攻撃
終わってるよマジで



888 :2022/07/10(日) 20:03:20

なんで選手それぞれでやりたいことがバラバラに見えるんだろう
監督はせめて意識だけでも統一させて欲しい



899 :2022/07/10(日) 20:04:43

チアゴサンタナ強奪しろマジで



902 :2022/07/10(日) 20:05:07

でFW問題どうするんだよ?
まだ柿谷使うつもりなんですかね、さすがに無理だと思うんだけど。



903 :2022/07/10(日) 20:05:08

丸山出し続けるとずっとライン下がりすぎな状態のままだぞ



917 :2022/07/10(日) 20:08:42

藤井の偉大さが改めて分かったわ



942 :2022/07/10(日) 20:14:05

丸山真ん中は無理だったな
ビビってライン上げられないしこちらのボールになってもなぜか下がっていく



947 :2022/07/10(日) 20:17:58

ミッチのスーパーセーブで助かった終盤のFKもまた大外ドフリーなんだよな
ほんとどういう指導してんだか



951 :2022/07/10(日) 20:22:44

ボックス周辺のアイデアと型がなさすぎる
毎回稲垣かレオのミドル狙いのマイナスのパスばっかりじゃん



958 :2022/07/10(日) 20:24:08

山口ならここでロティーナとかあると思います



961 :2022/07/10(日) 20:25:36

>>958
ロティーナ来たら柿谷出て行くかもなw



970 :2022/07/10(日) 20:28:31

ガチで風間のがマシなんだけど



977 :2022/07/10(日) 20:31:31

>>970
それはない



982 :2022/07/10(日) 20:35:11

丸山は3バックが合ってないと思う



987 :2022/07/10(日) 20:37:24

最下位にホームでドン引きサッカーする意味がわからん



引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1657193403/

9 :2022/07/10(日) 20:49:32.32

降格圏まで5ポイント差か
こりゃ厳しいかもね
ナウドが掘り出し物であってほしいが



28 :2022/07/10(日) 20:59:24.88

3バックでレオシルバアンカーはレオシルバのサイドを使われすぎてダメだわ
永木取ったなら思い切って4バックの稲垣永木のダブルボランチで



39 :2022/07/10(日) 21:03:15.54

多少強引でも良いからシュート打てよ



41 :2022/07/10(日) 21:05:10.01

豊は交代で出てきても走り負けてるのは調子戻ってないのか?と思う



43 :2022/07/10(日) 21:08:20.37

>>41
走り負けてる
の定義は?



44 :2022/07/10(日) 21:09:07.76

>>43
レッドの場面じゃない?
スタミナ的なことではなくて



83 :2022/07/10(日) 21:31:17.85

稲垣のゴールはハイライトから外されてんのな
アレは納得いかんぞ



96 :2022/07/10(日) 21:40:14.51

仙頭機能してなさすぎやろ



98 :2022/07/10(日) 21:42:15.42

ボールもらってから遅い選手ばかりやな



引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1657453010/
このエントリーをはてなブックマークに追加