大迫勇也は63分から出場 ブレーメン、後半ATに追いつきフライブルクとドロー 連敗3でストップ

大迫勇也、63分からの出場で攻撃を活性化! ブレーメンは後半ATで追いついて連敗を3で止める

フライブルクは追加点のチャンスをことごとく逸する

11月25日(現地時間)、ブンデスリーガ第12節が行なわれ、ブレーメンとフライブルクの一戦は1-1の引き分けに終わった。
 
 リーグ3連敗と調子を落としている7位ブレーメンが、13位に沈んでいるものの、好調ボルシアMGに勝ったり、王者バイエルンと敵地で引き分けるなど、手ごわい相手であるフライブルクのホームに乗り込んだ一戦。大迫勇也は日本代表戦での疲労が考慮され、2試合連続のベンチスタートとなった。
 
 前半はともにチャンスを創出。フライブルクが効果的な攻撃を組み立て、ヴァルトシュミット、シュテンツェル、テラッツィーノが惜しいシュートを遠めから放つと、ブレーメンはハルニク、クラーセンが決定機を迎えたが、いずれもゴールネットを揺らすことはできない。
 
 42分、ホームチームはヴァルトシュミットのダイレクトシュートがモイサンデルの腕に当たり、VARによってPKを獲得。これをヴァルトシュミット自身が左足でゴール右上へ豪快に突き刺して先制ゴールを挙げた。
 
 後半、攻勢に立ったのはフライブルクで、ヴァルトシュミットのダイレクトボレーや、ゴンドルフがこぼれ球をダイレクトで叩いたりと、続けて決定的シュートを放つが、GKパブレンカがこれを好反応で防ぎ、追加点を許さない。
 
 守勢のブレーメンは63分、攻撃の活性化を狙い、ハルニクに代えて大迫をピッチに送り出す。2分後、トップに張った大迫はCKからさっそく頭でファーストシュート。ここからブレーメンは、前線に良いボールが入り、可能性を感じさせるプレーが増えていく。
 
 さらにアウェーチームは77分、J・エッゲシュタインを下げ、ここまで交代出場からゴールの他、チャンスメイクでもチームに貢献しているピサーロを投入。40歳のFWは、79分にクロスのクリアボールに反応し、ボレーシュートを浴びせる。
 
 83分、左サイドでFKを得たブレーメンは、ラシチャがゴール前に入れたボールをニアで大迫が頭で合わせるが、ゴール右隅に飛んだボールをGKシュボロフが横っ飛びで弾いて防ぐ。
 
 一方、フライブルクも直後、ヴァルトシュミットが好機を得るも、判断ミスでこれを逸し、直後のCKでコッホが惜しいシュート。さらに、ヘーラーが立て続けにGKと1対1の場面を迎えたが、最初のシュートはパブレンカにブロックされ、次は右ポストをヒットし、トドメを刺すことはできない。
 
 試合はアディショナルタイム(AT)に突入し、大迫が頭で落としたボールをゲブレ・セラシェが詰めるもシュボロフに防がれる。しかし、そこから多重攻撃を仕掛けたブレーメンは92分、CKからの混戦でアウグスティンソンがルーズボールを詰め、ついに試合を振り出しに戻した。
 
 土壇場で追いつかれたフライブルクは94分、ギュンターがラストチャンスのFKで勝ち越しを狙うも、パブレンカに防がれ、直後に試合は終了した。
 
 ブレーメンは粘った末の勝点1奪取で、ようやく連敗をストップ。次節(12月1日)はホームで、不調の王者バイエルンを迎え撃つ。

サッカーダイジェストWeb 2018年11月26日
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=50744

劇的なアウグスティンソン(5番)のシュートで4試合ぶりに勝点を奪ったブレーメン。大迫(8番)は前線でのポストやシュートだけでなく、下がっての展開でも巧さを示した。 (C) Getty Images
https://www.soccerdigestweb.com/photo/id=50744&page=1&no=01

試合データ
https://br.soccerway.com/matches/2018/11/25/germany/bundesliga/sc-freiburg/sv-werder-bremen/2811014/?ICID=PL_MS_09

 

 

52 :2018/11/26(月) 01:25:25.19

今日もクルーゼ役立たずで攻撃の形ほぼ無し。どうすんねんこれ。
引き分けてガッツポーズしてる場合ちゃうと思うがな。

 

54 :2018/11/26(月) 01:26:50.10

大迫後半途中INからヘッドでの惜しいチャンスもあり
CKからアウグスティンソンが蹴り込んで1-1ドロー終了

取り敢えずアウェーで連敗止まったことを喜んだらいいのかgdgdサッカーより
パワープレーの方がチャンスあったのを嘆けばいいのか複雑な心境ですわ

 

56 :2018/11/26(月) 01:27:26.62

大迫が入ってようやくマシにはなったが攻撃手段が少ないよー

 

57 :2018/11/26(月) 01:28:30.21

ハイハイ負け負けまた負けた・・からのドローはちょっと勇気出るな
シャルケやレバク上がってきて正直EL圏内もきついやろなぁとは思うけどとりあえず連敗止まったのだけはホッとしたな

 

58 :2018/11/26(月) 01:28:36.56

クルーゼもあれだったがおじさんも空回りしてたな
シュートチャンス邪魔したのなんだあれ
大迫にスコアポイントつかなかったが追いついてよかったわ

 

62 :2018/11/26(月) 01:33:51.30

>>58
あそこはボール持ち出さずに置いていって欲しかったよな。思わず「おい」って叫んだわ。

 

59 :2018/11/26(月) 01:30:57.79

国際Aマッチデーの中断期間中に残った連中で守備整理してたんじゃないのかよ
VARのハンドPKでしか失点してないとは言え全然守備変わってないぞコラ
終盤GKパヴレンカの1対1ストップなけりゃ負けてたわ

 

64 :2018/11/26(月) 01:38:05.20

今日はベンチかと思ったが、大迫が出ないと始まんない感じだね。遠慮はいらんからガツガツやってほしい。こんだけ攻撃が停滞しているわけだし、クルーゼをはずすわけにいかんのかな

 

65 :2018/11/26(月) 01:42:02.79

クラーセンとエッゲシュタイン兄は前に出ると強いが特長のインサイドMFよね
ボックス型であれダイヤ型であれアウトサイドは何度か試してるけど良さは出てないわ

シャヒンとハルニク下げて、大迫とラシカ入れたら中盤でボール受ける役いなくなって
ラシカとエッゲシュタイン弟の両サイドに持って行っては蓋をされ、
後ろに戻してからロングボール蹴るしかなくなったけど、そこで大迫は真ん中で効いてた

それなのにクルーゼ下げずにピサーロ入れて4トップ気味の4-2-4にして
左をラシカ、真ん中ピサーロとクルーゼで、右の大外に大迫を置くってどうなの
明らかに真ん中いた方がボール回ってたし、後から中央に大迫戻ってきて仕事してたやん

 

66 :2018/11/26(月) 01:50:10.21

言うてクルーゼも昨季6点のFWだからまぁあんなもんだろうとは思う
ピサーロ今日は短い時間で2度ほどチャンスあったから決めて欲しかったわ

それよりも守備が本当に連動してないね。目の前のボールホルダーに突っ込んで
ワンツーとかで簡単に剥がされてるのにカバーいないって何度繰り返すのよ

 

69 :2018/11/26(月) 06:43:39.05

バイエルン戦でクルーゼを外し、勝利し序列がかわると良いんだけど。クルーゼの腹、あれやばいよ。

 

70 :2018/11/26(月) 07:29:37.49

クルーゼ凄いな
役に立たないのにスタメン固定どころかほぼフル出場
大迫はコンディション悪い言われてベンチになったのにこいつはデブっても外されない
実力で絶対的な選手ならわかるが全く役に立たないおっさん
何なん一体

 

72 :2018/11/26(月) 11:05:29.97

どう考えてもそこでハルニク下げるよりクルーゼ下げた方が効果的だったよな

 

73 :2018/11/26(月) 11:06:48.03

ハルニク、大迫はもっと見たいよな
というかクルーゼが酷すぎる

 

74 :2018/11/26(月) 12:08:39.20

大迫はクルーゼと合わないから外されてるんだよ

 

76 :2018/11/26(月) 12:21:15.65

今期は全試合見てるがクルーゼとあうやつは1人もいない

 

80 :2018/11/26(月) 13:48:55.85

キャプテンだから外しにくいと思ってたけど酷いプレーし続けてるのにオフに肥えてくるやつはキャプテン失格だろ。

 

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1542806775/