森保ジャパン最年少DF冨安健洋、課題とする縦パスの“参考教材”は?

「やっぱり上手い」 森保ジャパン最年少DF冨安、課題とする縦パスの“参考教材”は?

シント=トロイデンで同僚のスペイン人DFガルシアの縦への意識に刺激

 森保ジャパン最年少であるDF冨安健洋は、5日に20歳の誕生日を迎えた。10月のパナマ戦(3-0)で、1993年以降ではわずか2人しかいなかった10代のDFとしてA代表デビュー。先輩のDF長友佑都(ガラタサライ)から「19歳であれだけプレーできるのは羨ましい。もう嫉妬ですよ(笑)」と称えられた逸材は、所属するベルギー1部シント=トロイデンで、ある一人のセンターバック(CB)のプレーを参考にしていることを明かした。

 森保一監督が「全員守備・全員攻撃」、攻守の「バランス」をチームコンセプトに掲げるなか、最終ラインには縦パスやボールを運ぶといった、前への意識が求められる。今ではフィードが持ち味の一つになっている冨安だが、「攻撃のできない選手と自分で思ってきた」という。

「縦パスは日本にいる時からずっと課題にしていました。どちらかと言えば守備の選手、攻撃のできない選手と自分で思ってきたので。周りからの評価も、そう捉えられることが多かったです。ベルギーでも日本代表でも、縦パスは求められる部分。練習からより良くするために、チャレンジしながらやっていかないといけない」

 そんな冨安は、シント=トロイデンの同僚で参考にしている選手がいるという。それが23歳のスペイン人DFポル・ガルシアだ。バルセロナやユベントスの下部組織を経て、ユベントスのトップチームに昇格し、イタリアで5チームを渡り歩いてきたレフティーは攻撃の意識が際立っているという。

「僕のチームにも良いCBがいて、ほぼ縦パスの選手。もちろん状況に応じて違うプレーは選択しますけど、出せるなら縦、斜めを狙うし、縦パスを出すタイミングとかやっぱり上手いな、と。そういう選手が身近にいるのは良いことだと思います」

 日本代表で先輩のDF吉田麻也(サウサンプトン)を含め、「そういった選手を見ながら自分のものにしていければいい」と語った冨安。ベルギーで研鑽を積んでいる成果を、今シリーズでも披露したいところだ。

Football ZONE WEB 2018.11.14
https://www.football-zone.net/archives/147816

森保ジャパン最年少の冨安【写真:田口有史】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181114-00147816-soccermzw-socc.view-000

 

3 :2018/11/14(水) 22:53:29.63

まさかすぐDFでこんなでかいいい選手がでてくるとはねえ

 

4 :2018/11/14(水) 22:56:49.43

アビスパユース産だということを
福岡人はもっと誇れ。

 

5 :2018/11/14(水) 22:59:09.83

>>3
ろくにプレーも見てないくせに言ってそう

 

6 :2018/11/14(水) 23:08:37.26

ラモスは嫌われてるけど、サイドチェンジの精度が半端ないな

 

8 :2018/11/14(水) 23:20:23.12

キブくらいの足技あるDFがほしい

 

10 :2018/11/14(水) 23:51:42.01

井原直伝やし

 

11 :2018/11/14(水) 23:55:14.06

>>5
実際この年齢でここまで完成されたセンターバックは日本代表にかつていないぞ

 

13 :2018/11/15(木) 00:48:08.69

>>8
日本でギブ程デカくて足があったらCFWとか10番とかにされるだろ
マルセロもラモスもみんなそう。あんなのが日本に出てきても絶対にDFにしてもらえない

 

14 :2018/11/15(木) 01:16:30.43

アビスパで一気に成長したよな
去年のJ1PO決勝見たときシモビッチになにもやらせてなくてビビったわ

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542203151/