吉田麻也が語ったハリルジャパンとの違い 森保ジャパンのテーマは“人とボールが動く”と“柔軟性”

吉田麻也が語ったハリルジャパンとの違い。森保ジャパンのテーマは“柔軟性”と“人とボールが動く”

ベネズエラ戦で注意するのはセットプレー

ベネズエラとの一戦を翌日に控えた日本代表が15日、大分市内で調整。キャプテンで、守備の要である吉田麻也は「前回だけじゃなく、ここ1年くらいは取られ続けているので、セットプレーからの失点はなくさないといけないと」と注意喚起した。
 
 ロシア・ワールドカップのベルギー戦ではCKの流れから失点し、10月のウルグアイ戦でもFKの流れから失点。体格で劣る日本にとってセットプレーの守備は積年の課題だ。
 
 もっとも発足して間もない森保ジャパンではトレーニングの時間が限られており、「前回は初めての選手も多くて、監督と話しましたが、セットプレーではないところにプライオリティを置き、時間はそこまで取れませんでした。それは今回も同じですが、セットプレーは時間をかけてやらなくちゃいけないと思っているので、一番、できるのはアジカップに入る前だと思います。共通理解を持ってやりたいです。あとは精神論になってしまいますが、絶対に失点をしないという強い気持ちが必要です」と話す。
 
 一方、森保一監督のサッカーに関しては「とにかく人とボールを動かしながらプレーするのがテーマ」と説明。「練習ではワンタッチの制限があるので、必然的に身体を動かしながら、考えながらボールを動かさなくてはいけないので楽しいです」と続ける。
 
 これは以前に指揮を執っていたヴァイッド・ハリルホジッチ監督のスタイルとは異なる点で、「どっちが良いというわけではなくて」と付け加えたうえで、「ハリルさんはこれと言ったら、これ以外はノーと言っていましたが、森保さんはこうと示すけど、でもこういう時もあるよねという柔軟性があります」と説明した。
 
 柔軟性があり、人とボールが動くサッカー――。森保監督のスタイルが現われ始めている日本代表は、ベネズエラ戦で史上初となる初陣からの4連勝を目指す。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

サッカーダイジェストWeb 2018年11月15日
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=50281

ベネズエラ戦を翌日に控え、大分市内で調整した日本代表。吉田は4連勝のかかる一戦へポイントを語った。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト編集部)
https://www.soccerdigestweb.com/photo/id=50281&page=1&no=01

 

4 :2018/11/15(木) 23:24:07.03

セットプレーの守備は積年の課題w

 

7 :2018/11/15(木) 23:27:42.90

>「ハリルさんはこれと言ったら、これ以外はノーと言っていましたが、森保さんはこうと示すけど、でもこういう時もあるよねという柔軟性があります」

これは見ていてよく分かった。ハリルの時は通用しないと分かってるのに90分同じことばっか繰り返してたからな

 

10 :2018/11/15(木) 23:30:36.14

こ、この動きは・・・ムービング!

 

15 :2018/11/15(木) 23:34:51.52

セットプレーに関してはハリルのが守備力高かったわ

 

18 :2018/11/15(木) 23:35:52.19

キーパーのレベルの低さは永遠の課題

 

20 :2018/11/15(木) 23:37:53.17

一言でいうとムービングフットボールか…

 

21 :2018/11/15(木) 23:38:00.19

セットプレー弱いならキーパーだけでも育成すれば失点減るのにキーパーもレベル低いからな

 

30 :2018/11/15(木) 23:50:36.61

>>21
あんな簡単にDF蹴散らされて打たれてるようじゃ
どんな優秀なキーパーがいたってたかが知れてるわ

 

42 :2018/11/16(金) 00:31:50.45

>>21
川島は論外

 

32 :2018/11/16(金) 00:02:28.43

ハリルの時は中盤底は潰し屋メインだったしな
今はアタッカーメインか

 

36 :2018/11/16(金) 00:26:29.50

ハリルの指導法はアフリカ人とかにはいいんだと思うよ
日本人はノーと言われたらその通り従うから行き詰まるんだろう

 

45 :2018/11/16(金) 00:42:25.10

当たり負けするメンツじゃ失点は減らない

 

53 :2018/11/16(金) 01:08:06.28

ナントの結果見てると単純にハリルのスタイルが日本に合わなかっただけなんだろうな。

 

56 :2018/11/16(金) 03:43:29.54

>>53
アルジェリア代表も結局は個の強さ前提だったからな
アフリカで結果出した監督という触れ込みは日本代表監督やる上で日本人に適してるとは思わない方がいいのかもしれない
トルシエも選手と揉めてたしねw

 

54 :2018/11/16(金) 01:18:12.65

ハリルは攻撃の形を構築できなからこそ
トップ下に決定的なパスを出す奴を置きたがる癖があったけど
チームとしてボールを動かせるなら
二列目にパサーがいなくても余裕で崩せるって
はっきりわかんだね

 

58 :2018/11/16(金) 04:10:59.23

ハナホジッチの求める能力に達していなかった選手
そんな選手達でも勝ちにいける柔軟な戦術やチーム作りが出来なかったハナホジッチ
そりゃお互い不幸になるよな

 

59 :2018/11/16(金) 06:55:51.71

ハリルなんて遥か記憶の彼方

 

63 :2018/11/16(金) 08:12:32.66

人とボールが動くって
嫌な予感しかないわ
自分たちのサッカーでも
使ってたフレーズ

 

66 :2018/11/16(金) 08:40:10.71

何日か前にハリルを取り上げた記事で、ナントではプレーゾーンをリスペクトしながら素早く前線に飛び出すスタイルで成功してるとかあったけど、ポジションチェンジしたがる選手の多い日本では無理か?
ハリル的には規律を守り、敏捷性ある日本人にむしろ適したスタイルだと思ってたのかもしれんが。

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542291692/