日本代表の欠点が劇的に改善 ただし鎌田大地は引っ張りすぎた…


日本代表の欠点がパラグアイ戦は劇的改善。ただし鎌田大地は引っ張りすぎた

2022年カタールW杯南米予選で8位に終わり、本大会に駒を進めることができなかったパラグアイは、アジア予選プレーオフ(UAE対オーストラリア)の勝者が、大陸間プレーオフで対戦するペルー(南米5位)より、一歩レベルが落ちる相手だと考えていい。

 パラグアイのギジェルモ・バロスケロット監督によれば、主力選手の何人かが不参加だったそうなので、一歩ではなく二歩なのかもしれない。しかも地球の反対側で行なわれるアウェー戦だ。W杯本大会出場を逃した直後の試合となれば、モチベーションも低いことが予想される。ペルーより三歩落ちると言うべきなのかもしれない。

 2010年南アフリカW杯の決勝トーナメント1回戦で岡田ジャパンと対戦したパラグアイなら、この4-1という大勝劇に小躍りしたくなるが、そうではなさそうな現実とどう向き合えばいいか。推理してもし尽くせないので、以下の原稿は2割、3割ほど盛られたものと割り切って、ご覧になっていただければと考える。

 つまり、日本代表は久々にいい試合をした。なにより筆者がことあるごとに問題視してきた左右のバランスが取れていた。

 たとえば、オーストラリアとのホーム戦(3月24日)。後半44分まで0-0で推移することになった理由は、4-3-3の左から南野拓実、浅野拓磨、伊東純也の順で3トップを構成した前線の並びにあった。内に入り込み、トップ下然と構えたがる南野に対し、スピード系の2人(浅野、伊東)は近い距離で並んだ。キャラを相殺する関係に陥ったのだ。

 また、左SB長友佑都の衰えも、左右のバランスを悪化させる原因となっていた。内に入りがちな南野の穴を埋めるだけの推進力が、長友にはもはやない。

 南野、浅野、伊東の3人を前線に並べるのなら、真ん中好きの南野を0トップに据え、スピード系の2人を両ウイングとして左右に配すべきだったと、筆者は当時の原稿に記しているが、今回のパラグアイ戦では、そうした問題は一切、露呈しなかった。もとからなかったことのように雲散霧消していた。

森保監督にしては珍しい選手の並べ方が奏功

 それは三笘薫(左)、浅野(真ん中)、堂安律(右)の3人が、前線にバランスよくきれいに配置されていたからだ。スピード系のアタッカー(浅野)を挟むように、ドリブルが得意の技巧派ウイング2人(三笘と堂安)が構えたことで、左右のバランスは回復した。

 さらに付け加えれば、右利きの左ウイング(三笘)の下に左利きの左SB(伊藤洋輝)が、左利きの右ウイング(堂安)の下に右利きの右SB(山根視来)が、それぞれ構えたことも輪を掛けた。左利きと右利きがライン際においても左右対称に、バランスよくきれいに並んでいた。

 バランスがいいと必然的に見映えが向上する。サッカーが整然として見える。その結果、効率が上がる。淀みのないスムーズな展開が期待できる。きれいなサッカーをしても勝たなければ意味がないという声をよく耳にするが、今回のパラグアイ戦はきれいなサッカーをした上で4-1と大勝した。サッカーはこうあるべしと言いたくなる理想を見るような試合だった。

 当初、不安がなかったわけではない。4-3-3の1トップは、たとえば4-2-3-1の1トップより、その下で構える選手と距離が離れがちだ。大迫勇也的な、時間を生み出すことができるポストプレーヤーが適しているとされる所以である。相手のCBに背を向けてプレーすることが得意ではないスピード系の浅野には、孤立する心配が潜んでいた。

 それが杞憂に終わった理由は、この日のインサイドハーフの顔ぶれにあった。守田英正、田中碧という従来の2人だったら、浅野は孤立していた可能性が高い。インサイドハーフとして、センターハーフあるいは守備的MFに近いこの2人ではなく、原口元気、鎌田大地が先発したことが、浅野、さらには後半頭から交代出場した同じくスピード系の前田大然にとって幸いした。

 原口、鎌田はMFというよりFWだ。守田、田中よりはるかにアタッカー色が強い、3-4-2-1の2シャドーとして出場してもおかしくない2人だ。この日の森保ジャパンは、アタッカーが5枚いるような編成だったのだ。超攻撃的。何事にも慎重で、石橋を叩いても渡りそうになかった森保監督にしては、珍しいメンバーの並べ方だった。

残るメンバーをどう使い回すのか

 選手交代のタイミングもいつになく早かった。6人の選手をテキパキと早めに代えた。先述の浅野に加え、吉田麻也、遠藤航もハーフタイムでベンチに下がった。

 それに対してこの日、最も活躍が目立った鎌田はフル出場を果たした。この日の鎌田を10段階で採点するなら8.5~9の間となる。続いて三笘8、山根7.5、堂安、遠藤、浅野、原口各7......と続くが、ヨーロッパリーグチャンピオンの一員である鎌田は、その中でひときわ輝いていた。洒脱なボール操作、広い視野、冷静な判断力、得点に絡む動きと、現在の日本人ナンバーワン選手であることを世に知らしめた格好だ。

 だが、ご承知のように、鎌田はW杯アジア最終予選の半ばからスタメン落ちし、後半には招集外となっていた。森保監督から信じ難い扱いを受けていた。

 そうした意味では鎌田をフルタイム出場させたパラグアイ戦の采配は真っ当に見えるが、筆者にはそれがありがた迷惑というか、ムダ遣いに見えて仕方がなかった。中3日で行なわれるブラジル戦を考えれば、それは引っ張りすぎを意味する。

 吉田麻也、遠藤を前半でベンチに下げた森保采配の意図が、ブラジル戦にあることは明白だった。大一番に備えて早めに身体を休ませようとする監督の狙いが伝わってきた。

 試合はその時点で2-0。2点差は1点を返された瞬間、1点差だ。油断できないスコアになると心配する小心者は世の中に数多くいるが、その状態で活躍した選手を「お疲れ様」と言ってベンチに下げた後に、逆転負けを喫してもショックは少ない。常に先を見据えた強化をしたい、代表チームの親善マッチの場合はとりわけだ。

 だからこそ、そのひとりに鎌田も加えられるべきだった。前半45分を見ただけで、その偉大さは再認識できたはずだ。中3日で行なわれるブラジル戦にベストな状態でプレーさせたい選手だと判断したならば、パラグアイ戦の舞台に最後まで立たせる必要はまったくない。パラグアイに大勝するより、ブラジルに接戦するほうが代表強化には断然、役立つのだ。

鎌田が最後までピッチに立つ姿に、筆者は違和感を覚えずにはいられなかった。ブラジル戦のスタメンが現在のベストメンバーと考えるのが自然だが、鎌田がそこでサブに回される心配が脳裏によぎったのだ。

 ブラジル戦、10日のガーナ戦、さらには14日に行なわれるキリン杯の決勝戦に、森保監督は招集した28人をどのように使い回すつもりなのか。4試合の関連性に注視したい。

杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki

webスポルティーバ 6/3(金) 11:05配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/af2ba647c3625a3071fdb0ef96fc272258e716ff?page=1

鎌田大地、堂安律が復帰したパラグアイ戦の日本代表 photo by Fujita Masato
https://news.yahoo.co.jp/articles/af2ba647c3625a3071fdb0ef96fc272258e716ff/images/000




5 :2022/06/03(金) 20:30:42.85

ブラジル戦で使わないからフル出場させただけ
またいつものメンバーに戻るよ



18 :2022/06/03(金) 20:44:14.09

鎌田の引っ張りすぎより久保の持ちすぎ自ら孤立化が問題なんやけど



22 :2022/06/03(金) 20:49:33.84

でもまぁ鎌田はブラジル戦見たいよなぁ
動きがおしゃれやもん
見てておもろい

まぁ押し込まれて肉弾戦を想定してるかな
後半少しは疲れた相手に使うか



23 :2022/06/03(金) 20:50:32.54

>内に入り込み、トップ下然と構えたがる南野に対し、スピード系の2人(浅野、伊東)は近い距離で並んだ。キャラを相殺する関係に陥ったのだ。
>また、左SB長友佑都の衰えも、左右のバランスを悪化させる原因となっていた。
>内に入りがちな南野の穴を埋めるだけの推進力が、長友にはもはやない。

ここは正しいと思うわ



24 :2022/06/03(金) 20:51:20.30

ブラジルのスタメンはアジア予選組って元々決めてたんだから鎌田をフルで使っていいんだよテストだからね



37 :2022/06/03(金) 21:22:44.35

FIFAランク50位のパラグアイ相手に勝ってもなぁ・・・



51 :2022/06/03(金) 22:23:23

バロスケロットなついな



57 :2022/06/04(土) 00:58:12

結局大迫、柴崎、長友が今回入って来なかったのが大きい
あとGKで何回も剥がしてた



59 :2022/06/04(土) 02:06:45

鎌田は途中気を抜くのがまずいと指摘されてきた
ロシア大会の槙野や宇佐美みたいなプレーされたら困る
昨日も一瞬あっと思った時があった



65 :2022/06/04(土) 08:06:04

ゴールエリアでの宇宙開発多過ぎ問題



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1654255719/
このエントリーをはてなブックマークに追加