原口元気が3試合連続の先発出場 ハノーファー、シャルケに3失点敗戦で公式戦3連敗

原口元気、奮闘するも決定的な仕事はできず…ハノーファーはミスも絡み不調シャルケに3失点で公式戦3連敗

 11月3日(現地時間)、ブンデスリーガ第10節が行なわれ、ハノーファーは1-3でシャルケに敗れた。

 ハノーファーはここまで1勝3分け5敗の16位と苦しんでいるが、対戦相手のシャルケも2勝1分け6敗の15位という深刻な状況で迎えた一戦。アウェーのハノーファーでは、原口元気が3試合連続で先発出場を果たし、浅野拓磨は負傷により今シーズン初めてベンチ外となった。

 原口は2シャドーの左で試合開始を迎え、攻撃時には頻繁にゴール前に飛び込んでいく。9分には右からのクロスでDFと競り合って、惜しい場面を作った。

 ハノーファーはアウェーながら積極的な姿勢を見せ、17分にはベブがペナルティーエリア右から戻したボールをフォッスムがダイレクトで叩くが、ブロックされる。さらにその2分後には、CKでフェリペのヘッドがわずかに枠外に飛んだ。

 一方、なかなか敵陣深くに攻め込めずにいたシャルケは、20分にウートがDFラインの裏に抜け出してシュート、ゴールネットを揺らしたが、オフサイド判定で無効。31分、そのウートが壁パスでエリアに侵入したところでエレズに寄せられて倒れ、主審はPKを宣告する。しかし、VARによって判定はノーファウルに覆り、絶好の得点機を失った。

 ハノーファー最大のチャンスは35分。カウンターで原口がベブのスルーパスを受けて抜け出すが、エリア外でドリブルのコースを変えたところをナスタシッチに倒され、フィニッシュには持ち込めない。

 39分にシャルケは、ウートがエムボロに預けてDFラインの裏に抜け出し、リターンを受けるも、決定的なシュートは右外に逸れる。対するハノーファーは45分、コルブの右からのクロスにゴール前でベブが飛び込むが、ゴールには流し込めず。ともにゴールネットを揺らせないまま、前半を終えた。

 後半も一進一退の攻防を最初から繰り広げる両チームは、49分にシャルケがシャプフのカットインから最初にシュートを放てば、直後にハノーファーは原口がエリア外の好位置でDFをかわして強烈な一撃をGKニュベルに浴びせる(シュート時に前に抜け出したベブがオフサイド)。

 56分、ハノーファーは思わぬかたちで相手に決定機を与えてしまう。ゴール前に入った浮き球に対し、GKチャウナーが処理を誤ってこぼし、先に反応したウートを背後から倒してしまったのだ。シャルケは、このプレゼントとも言えるPKをベンタレブが確実に決め、先制ゴールを奪った。

 ようやくリードしたシャルケは一気に勢いづき、速い攻撃でハノーファーを圧倒して、59分にウートのスルーパスでエムボロが抜け出して決定的なシュート。これは飛び出したチャウナーにブロックされるも、再三敵陣に迫っていく。

 やらずもがなの1点を与えたハノーファーは、反撃に転じてアルボルノスが強烈なミドルを放つが、シャルケもすかさず右サイドを抜け出したエムボロのラストパスを受けたカリジューリがエリア外からのシュートで相手ゴールを襲う。

 ハノーファーは65分、攻撃をより活性化させるため、前節でも途中出場から前線のターゲットとなって好プレーを見せたFWヴァイダントを投入する。この起用はずばり的中し、70分、ベブの見事な右サイド突破からの高速クロスを、ヴァイダントが反応良く頭で合わせて同点とした。

 しかし、アウェーチームが喜んだのも束の間。72分、エムボロとブルグシュタラーの壁パスで、リターンパスをフォッスムがクリアミスし、エリア内でエムボロのシュートを許して、あっという間に再び勝ち越されてしまった。

 試合は時間の経過とともにオープンな展開となるが、より攻撃が効果的なのはシャルケ。前線の選手に良いかたちでボールが渡り、幾度もハノーファー守備陣を脅かす。

 そして85分、左サイドでブルグシュタラーのヒールパス受けたアリトがエリアに入り、ゴール前に走り込んだウートにラストパス。追走していた原口がスライディングでカットしたものの、こぼれ球をウートは難なく押し込んで試合を決した。

 アディショナルタイムにウッドのシュートなどで危険な場面を迎えたシャルケだが、残り時間をしのぎ切ってリーガでは3試合ぶりの3勝目。一方、ハノーファーは先月31日にDFBカップ2回戦(ヴォルフスブルクに0-2)も落としており、公式戦3連敗を喫した。

 原口は攻守で奮闘しながら、効果的なプレーを見せ、チャンスメイクもしたものの、ゴールに繋がる決定的なプレーは今回も見せられなかった。

 ハノーファーは次節、9日にホームでヴォルフスブルクとの“リベンジマッチ”に臨む。

サッカーダイジェストWeb 2018年11月04日
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=49819

プレーは悪くなかった原口だが、ゴールやアシストといった目に見える結果、そしてチームの結果にも結びつかず……。 (C) Getty Images
https://www.soccerdigestweb.com/photo/id=49819&page=1&no=01

試合データ
https://br.soccerway.com/matches/2018/11/03/germany/bundesliga/fc-schalke-04/hannover-96/2810991/?ICID=PL_MS_04

 

 

809 :2018/11/03(土) 22:55:21.28

先発きた
今日結果出さないとチームもやばいな

 

811 :2018/11/04(日) 06:59:09.55

もうこの監督だと守備を立て直すことは出来ないんだから残留目指してるなら早く解任しないと。

 

813 :2018/11/04(日) 13:20:09.31

原口悪くなかったな

 

814 :2018/11/04(日) 13:44:48.40

原口ここ最近基本的にプレイ自体は悪くない
しかし守備重視になりがちで見てる方としてはちょっとつまらないが
昨日は珍しく結構攻撃にも絡んでた感じ

 

815 :2018/11/04(日) 14:36:45.80

悪くはないけどもう一段階あげないとな
べブーのスルーパスのシーンはシュートまでいきたかった

 

816 :2018/11/04(日) 15:10:30.61

スカパーで福田も言ってたけど、最近ワンタッチプレーとか気の利いたプレーが上手くなったな

 

817 :2018/11/04(日) 19:53:19.07

ウッド、べブーが持ちすぎる所があるから原口のワンタッチプレーの上手さとシンプルにプレーする上手さは際立ってたな
ただ時にはエゴを出して強引に持っていくプレーも少しは出して欲しい所だが

 

818 :2018/11/04(日) 23:33:04.11

自分も>>814氏~>>817氏と同じ見方
少し前の試合までは、広いスペースにいてもボールもらえず…ばっかりだったが
シャルケ戦ではボール来る割合が高まったと思う
ただ、あまり結果出してないんで仕方ないかもだが、ベブーやウッドは元気が空いててもパスよこさないね
その割に両名ともゴールに絡まないところではボールロストしまくってるし
ついでにセンターラインの守備は元気在籍時のヘルタよりかなり弱い印象

どうでもだが福田さん、やっぱ元気相当気になってるんだよねw

 

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1527817772/