日本サッカー協会が2022Jリーグ判定基準を説明


「選手生命を脅かすプレーは排除していく」JFAが2022Jリーグ判定基準を説明

 日本サッカー協会(JFA)は18日、2022シーズンのJリーグに向けた判定基準を示す「2022 レフェリング スタンダード」の映像を公開した。近年の競技規則改正やVARの導入、ピッチ上でのプレー傾向を踏まえた注意点が三つのテーマに分けて説明されており、プレーヤーのみならずファン・サポーターも必見の内容となっている。

 最も大きなテーマは「選手生命を脅かすようなプレー」。昨季はVARの本格導入により、主審の視野外で起きた事象もチェックできるようになった影響で、「著しく不正なファウルプレー」による退場処分が急増していた。こうした状況を受けて、「脚部へのチャレンジ」「上半身へのチャレンジ」「乱暴な行為」への注意喚起が行われている。

 動画ではJFA審判委員会の東城穣氏が「選手生命を脅かすようなプレーや行為はフィールド上から排除していく必要があり、私たちとしても今年の大きなテーマとして捉えています。フィールド上で見極めることはそう簡単ではないと思いますが、審判員としてより正しく、より適切に判定することが大切であると考えております」と説明した。

 二つ目はハンドの反則。昨年夏に施行された新競技規則では「競技者の手や腕にボールが触れることすべてが反則にはならない」と明記されており、競技者のプレーや動きに関連して「体を不自然に大きくしているか」の正当性が争点となる。動画では3つの事例が紹介され、大まかな基準が示されている。また攻撃側選手の手や腕に当たった直後に得点が生まれる「偶発的なハンド」についても触れられている。

 三つ目はオフサイドの反則。UEFAネーションズリーグ決勝でも論争を呼んだ「オフサイドポジションにいたとしても、相手競技者が意図的にプレーしたボールを受けた場合はオフサイドの反則にはならない」という点について強調された。動画では東京V対京都戦、相模原対町田戦を例にオフサイドになるケース、オフサイドにならないケースがそれぞれ説明されている。

ゲキサカ 2/18(金) 17:16配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/2e0ac14785c1272e5e1b316ee16938682c358b39

Getty Images(ゲキサカ)
https://news.yahoo.co.jp/articles/2e0ac14785c1272e5e1b316ee16938682c358b39/images/000








3 :2022/02/18(金) 18:32:40.96

3つ目のオフサイドの事項は守備側の選手にとってかなり厳しいものがあるよな
トラップ(保持)やパスをした場合だけじゃなく、咄嗟に足が出てボールに触れただけでも「意図的なプレー」とジャッジされる可能性があるってことだよねこれ



10 :2022/02/18(金) 19:37:56.93

「Jはぬるい」ってイメージでよく語られるが
最近Jは激しすぎると思うプレーも目立ってきてる(外国人監督も似たようなこと言ってた)
アフターの見逃しとか酷いのあるぞ



11 :2022/02/18(金) 19:42:13.47

レアンドロおおおおおおおおおお



12 :2022/02/18(金) 19:52:19.95

大げさに倒れたら選手生命が脅かされたかも!って止めてくれるからなw



13 :2022/02/18(金) 20:05:54.44

川崎への優遇は継続されるんでしょ?



14 :2022/02/18(金) 20:57:18.21

去年の大久保の大分の選手にやったやつとか完全に赤なのに後日処分すらなし
VARが機能してないのは先週みたからもう同じ失敗は要らないよ



16 :2022/02/18(金) 22:49:15.69

スーパー杯でさっそく誤審してたやん



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1645175936/

このエントリーをはてなブックマークに追加