松本山雅、阪南大の主将DF大野佑哉の来季加入内定を発表 南TD「即戦力として期待している」

阪南大から主将DF大野が松本山雅FCへ「応援の迫力に興奮」

 松本山雅FCは11日、DF大野佑哉の来季入団内定を発表した。大野は山梨学院高出身で、16年から3年連続して関西学生選抜でもプレーした。今年度は阪南大で主将を務めている。

 クラブを通じ「練習参加の際にアルウィンで試合観戦させていただきました。その時のサポーターの方々の応援の迫力に僕も興奮し、改めて素晴らしいクラブだと感じました。また、早く自分のプレーでアルウィンを沸かせたいという気持ちでいっぱいになりました。これから松本山雅FCに関わる全ての方々と共に目標に向かって積み重ねていきたいと思います」と意気込みを語った。

ゲキサカ 18/10/11 17:15
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?256485-256485-fl

阪南大DF大野佑哉が松本へ「将来的には日本代表」

阪南大DF大野佑哉(22)が11日、同大学でJ2松本山雅FCと入団の仮契約を結び会見した。

179センチ、70キロとDFとしては小柄だが、阪南大の須佐徹太郎監督によると「勇気とはじき返す強さがある。この身長にしてはヘディングが強い」と評価。大野は「松本の熱いサポーターを沸かせるプレーをしたい。将来的には日本代表、ワールドカップを目標にやっている。持ち味をしっかり出して、戦っていきたい」と意気込みを語った。

理想の選手には、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(32=Rマドリード)をあげた。「セットプレーに強い印象。自分もDFだが、攻撃が好き。得点につながるプレーをしていきたい」。松本山雅は現在2位とJ1昇格のチャンスにつける。松本山雅の南省吾テクニカルダイレクターは「スピード、対人の強さがある。即戦力として期待している」と言い、大きな戦力として計算している。

日刊スポーツ 2018年10月11日16時2分
https://www.nikkansports.com/soccer/news/201810110000519.html

大野佑哉選手(阪南大学)2019シーズン新加入内定のお知らせ
https://www.yamaga-fc.com/archives/148670

 

839 :2018/10/11(木) 14:12:36.69

山梨では大然の一個先輩
阪南では下川の一個後輩

 

840 :2018/10/11(木) 14:19:50.54

キャプテンでファイタータイプでムードメーカーでけっこうカードコレクターって感じかな。ざっと調べた感じ。

 

842 :2018/10/11(木) 14:26:10.35

四中工のキャプテンの次は阪南大のキャプテンかぁ
期待してるぞ

下川と仲よさそうね
先輩風吹かせて、うざがわれる下川って…

 

844 :2018/10/11(木) 14:27:42.23

下川阪南じゃないじゃん

 

846 :2018/10/11(木) 14:31:15.18

>>842
2012年だっけ?
大卒はキャプテンばかり集めたけど誰も芽が出ず残らなかったのは。

 

847 :2018/10/11(木) 14:31:55.09

飯尾と間違えてる?

 

849 :2018/10/11(木) 14:33:57.81

下川は大商大
大野と下川は、関西選抜で一緒にやってる

 

862 :2018/10/11(木) 16:35:01.01

阪南大学サッカー部 @hannansoccer
https://twitter.com/hannansoccer/status/1050276075186532352

この度、松本山雅FCに入団内定しました大野佑哉選手のインタビューです!
今後とも応援よろしくお願いします!
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1050275942541623297/pu/vid/720×1280/77efNoqxuqf7KOuI.mp4

 

864 :2018/10/11(木) 18:06:32.50

それにしても関西の学校出身の選手の加入が増えたな

 

876 :2018/10/11(木) 21:13:09.58

松本入りの阪南大DF大野主将、“レジェンド”田中隼磨の立ち振る舞いに「感激した」
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?256501-256501-fl

 松本山雅FCは11日、阪南大DF大野佑哉(4年=山梨学院高)が来季から加入することを発表した。大阪府松原市の阪南大キャンパスで行われた加入内定記者会見には大野に加え、同大の須佐徹太郎監督、松本の南省吾テクニカルダイレクター(TD)も登壇した。

 関西屈指のCBがプロへの第一歩を踏み出した。須佐監督が「小柄だけど、競り合いが強いし、足が速くカバーリングも良い。最近は左足のキックも良くなっている」と評するように、大野はCBとしては小柄な179cmという身長ながらも、身体能力の高さを活かした守備と組み立てする力に長けた選手。高校3年生の頃に即戦力のCBを探していた須佐監督の目に留まり、すぐさま阪南大進学が決まった。

 阪南大では1年目から出場機会を掴み、3年連続で関西学生選抜にも選ばれた。南TDが「うちはボールと人に激しく行くサッカーなので、攻守ともにアグレッシブにプレーできる選手を求めている。コンセプトに合う選手がなかなか見つからない中で、早い段階で合うと判断した」と説明したように、松本は大野が2年生の頃から注目し、何度も視察を重ねた。今年の関西学生サッカーリーグが開幕する前にチーム内では獲得を決断していたが、練習参加する日程が合わず。7月下旬の練習参加を経てからの契約、発表となった。

「左足のキックや前に運ぶプレーが課題と感じた。プロの世界で活躍するためにはもう少し蹴れるようにならないといけないと感じた」と大野。練習参加では課題も痛感したが、プロとして生きていくための新たな指針を得た。

 多くの先輩たちのプレーに刺激を受ける中でも、特に影響を受けたのは松本のレジェンドDF田中隼磨が見せたピッチ内外での立ち振る舞い。「トップチームの練習後に横にある人工芝でスクール生がボールを蹴っていたら、田中隼磨選手が練習後に一緒にボールを蹴っていて、凄い選手でも練習後にスクール生と関わっているんだと感激した」。練習の際も、「俺たちがケツを拭くから、ミスや失敗を恐れるな。こういうチャンスを掴めるのが上に行く選手だから、自信を持ってプレーしろ」と声をかけてもらったという。

 松本は即戦力として期待。南TDは「簡単ではないけど、春からすぐ試合に出るつもりで来て欲しい。クラブとしては大事に育てたい」と語った。それに対して本人は「守る範囲が大きいので、3バックの方がカバーリングという自分の特徴が活かせる」と口にしていたが、3バックの一角としてだけでなく、ウィングバックや右サイドバックでの出場も視野に入っており、様々な可能性を探りながら先発奪取に挑戦することになりそうだ。

 今はキャプテンを務める阪南大のインカレ出場に全力を注ぐが、松本でのプレーにも胸を弾ませている。「松本と言えば、サポーターが熱いと皆がイメージすると思う。実際に試合を観て僕もそのように感じたので、熱いサポーターをさらに沸かせられるようなプレーがしたい。将来的には日本代表とワールドカップ出場を目指しているので、松本山雅FCを代表してそうしたステージで戦えるようになりたい」と意気込んだ。

(取材・文 森田将義)

 

881 :2018/10/11(木) 21:45:49.86

2年の時から目をつけてたのか、期待してええんかな

 

889 :2018/10/12(金) 01:42:09.63

うちは関西の大学から来た選手は当たりが多い(竜太朗、下川)から大野君も期待しちゃうよな
山梨学院ってことは高校時代にうちの練習に参加していた可能性もあるな。

 

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1538799021/