「サムライがやってくれた!」地元ファン大興奮!武藤嘉紀「このチャンス逃したら次いつ来るかわからなかった」

武藤プレミア移籍後初ゴール「このチャンス逃したら次いつ来るかわからなかった」

 ◆イングランド・プレミアリーグ第8節 マンチェスターU3―2ニューカッスル(6日)

 ニューカッスルのFW武藤嘉紀は6日、アウェーでのマンチェスターU戦に先発し、前半10分に今夏の移籍後、初ゴールを決めた。レギュラー選手が風邪で欠場したこともあり、2トップの一角としてリーグ戦初先発。後半33分までプレーした。チームは2―3で逆転負けした。

 相手のモウリーニョ監督の解任報道が流れたこともあり、スタジアムは7万6000人が詰めかけ、熱気にあふれるなか、結果を出した。前半10分、右サイドから来たクロスをペナルティーエリア内の相手ゴール正面で受けると、相手DFを背負ったまま、ターンしながら引き離し、左足を一閃(いっせん)。強烈な一撃が相手GK足元をかすめるようにネットに突き刺さった。

 前半23分にこぼれ球の競り合いから左足を痛め、ひきずる様子も。同34分にはヘディングでシュートを放ったがセーブされた。後半33分に交代し、ベニテス監督は武藤の先発起用について「攻撃面で機動力とスピードが重要になると考えた。武藤とアヨセはお互いのプレーをよく理解していた。武藤は足首をタックルを受けたときに負傷した(から下げなくてはならなかった)」と話した。

 武藤と一問一答

 ―先発はいつ言われた

 「今日言われたが、この1週間、たぶん先発だなという感触があった。準備はしてきた。今日このチャンスを逃したら、次いつチャンスが来るか分からなかった。自分の結果を出すことだけに集中しようと思っていた」

 ―敵地でマンチェスターU相手に初先発

 「できる自信があった。強い相手の方がモチベーション的に高まった。結果を出せたことは本当に自信になった」

 ―ターンして利き足と逆の左足で決めた

 「逆に左足だから、そんなに狙わないで、とにかく思い切り打とうと。本当は左を狙っていたが真ん中に行ってしまった。でも、いいコースに飛んでいたら止められていたと思う。足元に入ったのがラッキーだった」

 ―どんな気持ち

 「うれしい。フォワードはゴールを決めることに一番うれしさを感じるポジション。評価もされる。この一戦、初先発初ゴールは本当に必要だったし、自分の価値を証明するためにも、何が何でも今日やらないといけないと思っていた」

 ―日本代表の招集から漏れたが

 「全然気にしていないですね。試合に長い時間出ていなかったでしょ。とにかく今はチームに集中できるってとらえないと。まずはチームで、この最高のリーグでさらに一つ成長できれば」

スポーツ報知 2018年10月7日10時53分
https://www.hochi.co.jp/soccer/world/20181007-OHT1T50058.html

「サムライがやってくれた!」 「なんてヤツだ」マンU戦でプレミア初ゴールの武藤嘉紀に地元ファンが大興奮!

精力的に動き続けたサムライ戦士!

 苦しむノース・イングランドの名門に光明をもたらしたのは、日本人ストライカーだった。

 現地時間10月6日に行なわれたプレミアリーグ第8節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦したニューカッスル。今シーズン未勝利で迎えたこの大一番、日本代表FWの武藤嘉紀は、移籍後初となる先発出場を果たした。

 試合前まで4得点(10失点)と拙攻に喘いでいたマグパイズだったが、起爆剤として送り込まれた「サムライ戦士」は、序盤で早くも期待に応える。チームが7分にケネディのゴールで先制してから3分後だった。

 ジョンジョ・シェルビーの右サイドからのクロスボールをボックス内で受けた武藤は、マーカーのアシュリー・ヤングを鮮やかなターンではがしてから、最後は左足で強烈なシュート。これが名手ダビド・デ・ヘアの守るゴールを鮮やかに射抜いたのだ。

 持ち味のフィジカルの強さを活かした豪快弾で、鮮烈なアピールに成功した武藤は、その後も献身的かつダイナミックなプレーを披露。78分にクリスティアン・アツと交代するまで、ピッチで精力的に動き続けた。

 ニューカッスルは残念ながら、70分にファン・マヌエル・マタ、76分にアントニー・マルシアル、そして90分にはアレクシス・サンチェスに決勝弾を許し、超名門クラブから勝利を奪うことはできなかった。

 しかし相手が相手だけに、ニューカッスル・ファンは豪快な一撃を見舞った武藤のパフォーマンスを大絶賛。クラブの公式ツイッターには、多くの称賛コメントが寄せられている。

「なんてこったい!」
「サムライがやってくれた!」
「愛してる!!!」
「泣きそうだ」
「武藤、お前はなんてヤツなんだ!」
「オーマイガー!」
「ピザを会長から奢られたおかげだ」
「もうどうにかなりそうだ!」

 ラファエル・ベニテス監督の大抜擢に、目に見える結果で応えてみせた武藤。そのパフォーマンスは、これからますます期待できそうだ。

サッカーダイジェストWeb 2018年10月07日
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=48272

プレミア初ゴールを決めた武藤。その豪快な一撃に、ニューカッスル・ファンも歓喜した。 (C) Getty Images
http://www.soccerdigestweb.com/photo/id=48272&page=1&no=01

 

3 :2018/10/07(日) 13:19:03.22

負けてんじゃん

 

6 :2018/10/07(日) 13:19:59.02

チームが負けてるのに浮かれてるんじゃねーよ

 

14 :2018/10/07(日) 13:28:06.21

劇的な負けゲームだったな
オールドトラフォードは大歓喜で終わった
モウさまは年末までは指揮するな

 

24 :2018/10/07(日) 13:43:22.51

チーム負けたけど逆転されたの交代した後だから関係ねーってか

 

26 :2018/10/07(日) 13:45:29.39

でも次がすぐ来るとは限らないんだなあw

 

29 :2018/10/07(日) 13:50:28.16

デヘアみたいに手足がやたら長いと身体の至近距離の方が取りづらいかなとは思った

 

30 :2018/10/07(日) 13:50:57.76

負けてる試合では、武藤個人が活躍しても喜べない

 

35 :2018/10/07(日) 13:53:20.61

後半のマンUの攻撃の厚みは流石だったな、ハーフタイムにモウにこってり絞られたんだろ
マタのfkなんか入る気しかしなかったわ

 

45 :2018/10/07(日) 14:14:14.35

一所懸命にプレスもしてたけど、マインツの時と同じでチームの連携とイマイチ合ってないんだよね
そこが改善されればザキさんを簡単に超えられるんだろうけど

 

53 :2018/10/07(日) 14:43:51.36

サムライがやってくれた!(逆転負け)

 

56 :2018/10/07(日) 15:08:21.60

33分過ぎのヘディング決めていればな・・・

 

58 :2018/10/07(日) 16:11:03.10

初先発して得点決めたってのは良いアピールになったな
途中出場で持ち味発揮するタイプではないし

ワントップも出来るし左右のFWも出来る。フィジカル的にも強いし小林悠なんか呼んで武藤呼ばない理由がわからん
小林悠なんて武藤より4歳ぐらい年上だろうに

 

59 :2018/10/07(日) 16:17:26.40

なお試合は~

 

62 :2018/10/07(日) 16:37:57.14

マンUようやく勝てたのか

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1538885842/