リージョの真意は日本サッカーに伝わるのか 浦和戦で垣間見えた不安

リージョの真意は日本サッカーに伝わるのか。浦和戦で垣間見えた不安。

 Jリーグ27節、ヴィッセル神戸戦に集まった観衆は55689人。埼玉スタジアムで行われる浦和戦の平均観客数が3万人程度なので、通常より2万人以上も多い観衆が来場したことになる。イニエスタ恐るべしである。

 ところが、来てみてビックリ。スタメン表にその名前はなかった。すっかり肩すかしを食った格好だが、イニエスタ好きである前にサッカー好きなので、試合がその不在を補ってあまりあるよい内容ならば、気を取り直すことはできたはずだ。

 結果4-0。浦和の圧勝に終わったが、勝者を褒めたくなる試合ではなかった。ひとえに神戸がダメすぎた試合。試合内容も限りなく低調だった。勝った浦和ファンはともかく、イニエスタ見たさにやってきた、いわば中立のファンにとっては救いのない試合となった。

 この試合をスタンド観戦していたという神戸の新監督就任、フアン・マヌエル・リージョも、さぞや気分を害されたに違いない。イニエスタ見たさにやってきた観衆より、落胆した可能性さえある。現在、神戸で暫定的に采配を振っている林健太郎監督は試合後、こう述べた。

「ボールを持ち続けるというコンセプトがこのクラブにはある。浦和相手にそれがどうやったらできるか」

 その結果、出た答えは3-3-2-2的な3-5-2。林暫定監督は、4-4-2あるいは4-3-3で戦った吉田孝行前監督時代とは大きく異なる布陣を用いて戦った。対する浦和の布陣も3-3-2-2的な3-5-2。両者は同じ布陣で戦った。

 3バックには概して5バックになりやすい傾向がる。もちろん例外もある。なりにくい3バックもあるが、両者の3-5-2は5バックになりやすい3バックと言えた。けっして攻撃的ではない3バックがピッチ上で相まみえた結果、試合はどうなったか。

 5バックになる頻度が高かったのは断然、神戸だ。つまり神戸は守備的サッカー度で浦和を上回った。ボール支配率で上回ったのは神戸だが、これは浦和が後半8分まで3-0とした試合展開と大きな関係がある。

 神戸のボール運びは、先に行くほど細くなるクリスマスツリー型似の二等辺三角形を描いた。真ん中でボールを奪われ、逆襲を食らうという悪循環を繰り返した。

 ボールを持ち続けるというコンセプトとは、バルセロナを真似たつもりだろうが、そのために5バックになりやすい3バックを選択した林暫定監督の采配に疑問を覚えずにはいられない。少なくともバルサはそのような選択はしない。「ボールを持ち続ける」という言い回しにしても、バルサのそれは、相手陣内という高い位置で行おうとしているわけだ。そして、ボールを奪われたら、可能な限り速く奪おうとする。5バックになりやすい=後ろで引いて構えるサッカーで、バルサ的なサッカーを実現することは難しいーーとは、イロハのイ。少なくともスペインでは、正解率70%を越える常識問題に相当するだろう。

 それをなぜ間違えてしまうのか。暫定監督だから仕方がないといえばそれまでだが、とはいえ、S級ライセンスは取得しているはずだ。

 林暫定監督は後半8分、3点目のゴールを奪われると3-5-2から布陣を従来の4-4-2に変更した。反撃に転じようと、攻撃的に変更したと考えるのが自然だ。とすれば、それ以前はあまり攻撃的ではなかったことを証明したことになる。なぜ、バルサ的サッカーを志向するチームが、試合の頭からこのサッカーをしなかったのか。

 しかもこれは、リージョが見ていた試合だ。バルサのサッカーを熟知する人物に見られていたのに、このような采配を振ってしまったわけだ。本当に解せない。というか、心配になる。リージョ新監督が困惑する様子が容易に想像できる。来日していきなり、それとは真逆のサッカーを見せられてしまったショックはさぞ大きかろう。

 暫定監督個人に対してというより、神戸というクラブに対して疑念を抱いたのではないだろうか。本当にバルサのコンセプトを理解した上で自分に声を掛けてきたのだろうか、と。

 Jリーグには時々、このような定石とは異なるおかしな事例が発生する。そしてそれがまかり通る。メディアはサッカーの中身の話になると、ただ聞いているだけになりがちで、コメントを咀嚼せず、右から左へ自動的に流そうとする。

 なによりメディア自身が誤りを犯す。最近の例では、2018年ロシアW杯前に行われたガーナ戦で、西野朗前監督が3-4-2-1的な3バックを用いることことが判明したときのことだ。NHKのニュースではそれを、より攻撃的な3バックと称したのだ。なぜそうした真反対の解釈が起きるのか。知識に乏しいからだろう。だとすれば、日本は相当に遅れているといわざるを得ない。

 同様に、テレビ解説者、評論家で西野式3バックの分かりやすく説明してくれる人もまた不在だった。原因は、物事をハッキリといいにくい世の中だからか。それとも、自信がないからか。今回の神戸の一件を見ていると、後者である可能性を否定することはできない。

 S級を最上位とするライセンス発行の講習会では、いったいどんなことが教えられているのだろうか。それなりの人がキチンと発信しないと、その国のサッカーのレベルは上がらないのだが、その絶対数が日本には不足しているーーとは、浦和対神戸戦後の記者会見に出て得た実感だ。リージョ監督が日本サッカー界にとって、猫に小判になる必然性は整っている。

杉山茂樹のBLOG 2018年9月26日 16時30分
http://news.livedoor.com/article/detail/15360198/

 

3 :2018/09/26(水) 22:48:07.17

杉山自身が推してた監督がうまくいかなかった時の保険の記事

 

7 :2018/09/26(水) 22:53:16.88

S級で何を教えてるか知らないんだね

 

8 :2018/09/26(水) 22:55:35.87

そもそも最初の配置はリージョ指示なんだが

それ理解してお杉書いてるのか?
相変わらずアホやなぁ

 

12 :2018/09/26(水) 23:02:12.94

欧州トップモードの4-2-3-1叫ぶのは止めたんか

 

14 :2018/09/26(水) 23:10:35.46

メンバーも実力もまったく違うんだから、バルサのサッカー目指します、ボール保持をしますと言っただけで急にそのまんまバルサの真似を実行できるわけないじゃん
バカなのかこの記者

 

20 :2018/09/26(水) 23:16:03.52

>>1
ライセンスの意味が未だにわかってないのがサッカーライターってギャグでしょ

 

22 :2018/09/26(水) 23:18:05.57

>5バックになる頻度が高かったのは断然、神戸だ。つまり神戸は守備的サッカー度で浦和を上回った。

試合直後から浦和のほうが守備的だったな
何せ浦和のほうがカウンターのチームだから
特に序盤は守った状態から橋岡が前方のスペースに飛び出す展開が多かった
サイドのスペースを突けるってことは神戸が5バックとして振る舞ってないから

 

24 :2018/09/26(水) 23:20:07.18

あれこれ筋書きを考えすぎなんだよ

 

25 :2018/09/26(水) 23:27:10.32

>>1
神戸連敗
神戸0‐3鳥栖(天皇杯)
神戸0‐2横浜
神戸1‐3札幌
神戸1‐2G大阪
神戸0‐4浦和←リージョ発案の止まって蹴ーる作戦実施

残り試合
H鹿島
H長崎
A川崎
A名古屋
H鳥栖
A清水
H仙台

 

26 :2018/09/26(水) 23:31:19.68

内容は完全に神戸が勝ってたし、今後が楽しみだわ

 

30 :2018/09/26(水) 23:36:29.19

大丈夫だ
鹿島は120分戦ってボロボロのまま中2日で神戸まで移動してきてくれる
ACLに備えてメンバーもかなり落としてくれる
これで負けたら・・・・

 

32 :2018/09/26(水) 23:38:28.27

>>30
しかも神戸ホームだしな…

 

33 :2018/09/26(水) 23:39:35.98

ミーハーやら中立なら4-0なんて大味な試合見れて良かっただろ

 

37 :2018/09/26(水) 23:48:35.06

久しぶりにおっサンテレビでイエニスタみたいだけど
リージョの初陣になるの?

 

41 :2018/09/27(木) 00:11:32.33

スタメン布陣はリージョが決めたと聞いたんだが・・・w
つまり杉山こそがリージョの真意とやらを読み取れて無いって事?w

 

48 :2018/09/27(木) 01:17:59.08

経歴からして胡散臭いのに
お杉がリージョを持ち上げなきゃいけない理由てなに?

 

51 :2018/09/27(木) 01:25:17.34

柏木→興梠のゴールは誉められるべき

 

55 :2018/09/27(木) 01:34:28.83

普通に両翼高い位置に据えて、クロスどんどん放り込んでツインタワー活かしたら
空中戦強くない浦和はもっと苦しんだよね

 

57 :2018/09/27(木) 01:53:09.24

リージョこれまでの戦績
85-86  11位 スペイン4部  トロサCF
86-87  16位 スペイン4部  トロサCF
87-88  04位 スペイン4部  トロサCF
88-89  01位 スペイン4部  CDミランデス(昇格)
90-91  17位 スペイン3部  CDミランデス(降格)※1-23節
91-92  06位 スペイン3部  クルトゥラル・レオネサ
92-93  02位 スペイン3部  UDサラマンカ
93-94  01位 スペイン3部  UDサラマンカ(昇格)
94-95  04位 スペイン2部  UDサラマンカ(昇格)
95-96  22位 スペイン1部  UDサラマンカ(降格)※1-28節
96-97  17位 スペイン1部  レアル・オビエド
97-98  16位 スペイン1部  テネリフェ※26-38節
98-99  19位 スペイン1部  テネリフェ(降格)※1-15節
00-01  17位 スペイン1部  レアル・サラゴサ※1-4節
03-04  17位 スペイン2部  シウダ・デ・ムルシア※1-21節
04-05  20位 スペイン2部  テッラーサFC(降格)※1-33節
05-06前 14位 メキシコ1部  ドラドス・シナロア
05-06後 08位 メキシコ1部  ドラドス・シナロア(降格)
07-08  04位 スペイン2部  レアル・ソシエダ※32-42節
08-09  06位 スペイン2部  レアル・ソシエダ
09-10  13位 スペイン1部  アルメリア※16-38節
10-11  20位 スペイン1部  アルメリア(降格)※1-12節
14前  02位 コロンビア1部 ミジョナリオス
14後  15位 コロンビア1部 ミジョナリオス※1-7節
17後  03位 コロンビア1部 アトレティコナシオナル

 

68 :2018/09/27(木) 05:48:30.75

まずは杉山自身がS級受講すべき。

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537969598/