J1王者・川崎フロンターレが突入した「黄金のサイクル」 攻守の隙のなさと緻密な未来への投資

J1王者・川崎が突入した「黄金のサイクル」 攻守の“隙のなさ”と緻密な未来への投資

札幌戦の反省を生かし、名古屋戦で見せた攻守に隙のない試合

 川崎フロンターレは黄金のサイクルに入って来たのかもしれない。

 第26節の北海道コンサドーレ札幌戦は、結果的に7-0で大勝したものの、「何点入れられてもおかしくない立ち上がりだった」(鬼木達監督)と、反省材料も少なくなかった。だが翌第27節の名古屋グランパス戦(3-1)は、指揮官が「攻撃から守備への切り替えを強調して入った」と言うとおりに、ハイプレスで相手のビルドアップの起点を潰し、隙のない試合を貫いた。

 とりわけ川崎が徹底してプレッシャーをかけ続けたのが、名古屋のMFエドゥアルド・ネットだった。4バックの名古屋は、二人のCBの間にエドゥアルド・ネットが下りてビルドアップの起点となる。思い出すのは春のサンフレッチェ広島戦で、敵将の城福浩監督が当時川崎の中軸だったネットについて明かした言葉だ。

「ネットはストロングポイントだが、それはウィークポイントにもなりうる」

 川崎はトップ下の中村憲剛を中心に、家長昭博らもファウルも辞さない厳しいチャージを続けてミスを誘った。とりわけ中村は容赦ない当たりで、足を蹴られたエドゥアルド・ネットが痛がっても、見向きもせずにプレーを続けた。後半が始まると、名古屋はエドゥアルド・ネットの代わりに、もう一人のボランチ小林裕紀が下りるようになったほどだった。

 ややもたついた頃の川崎は、ポゼッションでは上回っても、下がった相手にスペースを消され、得点機も小林悠ばかり集中した。小林は一貫して良質なパフォーマンスを続けてきたが、反面簡単なチャンスを逃すことも多く、それがそのままチームの勝敗を左右した。

 しかし名古屋戦の途中からは、前線の守備が著しく機能し、その分だけ速い押し上げもできて数的優位を築けている。

 例えば、試合を決定づけた3点目もCKからの流れだったとはいえ相手のクリアボールを拾うと、素早くつなぎ中村が左からクロス。ペナルティーエリア内でCBの谷口彰悟が頭で落とし、そこに左SBの車屋紳太郎が走り込み、小林のゴールをアシストしている。要するにディフェンスラインの二人がボックス内に侵入し、フリーで仕事をしたわけだ。

昨季優勝してもブレない、チーム作りの哲学

 一方で川崎のチーム作りも、緻密に計算されているのかもしれない。何より実戦経験が必要な東京五輪世代の三好康児(札幌)や板倉滉(ベガルタ仙台)をレンタル移籍させ、同時に大卒の即戦力にも目を光らせる。さすがにエドゥアルド・ネットの放出は致命的だと思ったが、ルーキーの守田英正が日本代表に選出され、その守田が故障すると、今度は下田北斗や生え抜きの田中碧を抜擢し、それでも質を落としていない。

 確かに川崎の前線は高齢化が進んでいるが、同時に中村、家長、小林、阿部浩之らベテラン勢は円熟の境地にある。そこで彼らのコンディションを見極めた上で、次世代の中心選手を外に貸し出し、現役大学生の旗手怜央や三笘薫、生え抜きの田中、宮代大聖らに質の高いトレーニングを積ませて、未来への投資をしている。

 昨年優勝しながら、派手な助っ人の補強はなかった。しかし、それも川崎が習得した長く勝ち続けるためのチーム作りの構想であり、その哲学にはブレがない。

Football ZONE WEB 2018.09.25
https://www.football-zone.net/archives/137522

 

3 :2018/09/25(火) 23:46:35.00

まさか鬼木が名将になるとは。

 

4 :2018/09/25(火) 23:47:40.03

いつかACL獲ってくれ

 

9 :2018/09/25(火) 23:53:11.62

去年J王者で今年もJ王者に手が届く位置にいて
ACLのGL4位敗退はダメだと思うの
来年はきっちり両立して欲しいわ

 

12 :2018/09/25(火) 23:54:43.71

たまには齋藤さんも思い出してあげてください

 

14 :2018/09/25(火) 23:55:49.32

投資って食堂?

 

20 :2018/09/26(水) 00:12:54.87

去年の後半の審判の川崎贔屓は酷かった。ハンドもok。家長なんかクソファール何回やってもカード無し。

 

21 :2018/09/26(水) 00:13:16.41

憲剛引退後も上位なら本物

 

22 :2018/09/26(水) 00:14:08.56

ACL捨ててるしDAZNマネーでJを盛り上げる補強もしなかったし、あんま応援する気になれないわ

 

24 :2018/09/26(水) 00:16:27.62

川崎は、欧州に行くような選手がいないから、予定立てやすそう

 

27 :2018/09/26(水) 00:20:20.03

なおフィジカル強化を怠ってるのでACLは獲れない模様

 

28 :2018/09/26(水) 00:21:35.63

昔は富士通から出向のフロントが評判悪くて永遠に強くならないとか言われてたのにな

 

31 :2018/09/26(水) 00:23:29.31

去年川崎が優勝したんだっけ。
完全に忘れてた。
浦和のアジアチャンピオン以外覚えが無い。

 

33 :2018/09/26(水) 00:24:44.13

憲剛やら悠やらソンリョンのベテランが衰えてからの世代交代がどうなるかだろ
黄金時代の田舎とか去年の広島みたく低迷するのが常だが

 

35 :2018/09/26(水) 00:27:07.77

ACLで安定して結果を残さないときつくボールを奪いにこないJリーグだからやれてるだけという評価になる。

 

36 :2018/09/26(水) 00:27:36.10

スペ体質の大島と小林が長期離脱しなきゃ最強だわな

 

37 :2018/09/26(水) 00:28:07.13

大久保がまた戻ってきてどうなるかと思ったけどすぐ出て行ってくれたから徐々に調子が上がった。

 

45 :2018/09/26(水) 00:44:20.57

浦和、鹿島、ガンバの弱体化も川崎1強を更に加速させてるな
もう浦和も鹿島も川崎からしたらライバルですらないだろ

 

58 :2018/09/26(水) 01:04:36.07

>>45
浦和にリーグ2敗
鹿島にルヴァンベスト8で敗退

 

93 :2018/09/26(水) 02:48:21.55

たしかに面白いサッカーしてるけど
もうちょっと競争を煽る補強をしてもいいと思うけどね
まぁ、大久保と齋藤学獲ったのがそれだったのかもしれないけど

 

96 :2018/09/26(水) 03:17:32.73

憲剛と小林悠と家長が抜けたらおしまい(´・ω・`)

 

130 :2018/09/26(水) 10:23:45.16

>>96
脱憲剛は以前から徐々に進めようとしてる。思ったよりパフォーマンスが落ちないから使い続けてるが、今年なんかはフル出場かなり減らしてる。
悠の後釜は知念を育てようとしているんかな。でもしばらくは悠に頑張ってもらわないと。
家長は代わりが見当たらないなぁ。当たり外人引き当てるしかない気がする。

 

109 :2018/09/26(水) 05:45:14.15

そもそも優勝出来てなかっただけで、ここ十年でリーグ戦は一番勝率が高いチームなんだけどな
そういう意味ではすでに黄金期とも言える

 

111 :2018/09/26(水) 06:18:26.73

やっぱ去年の終盤の判定と今年のACL惨敗の印象が悪くてなぁ

 

136 :2018/09/26(水) 10:36:40.77

シャビエルいなかったけど、川崎滅茶苦茶強かったな。
来年はACLで証明する番だよね。鬼木は代表とか五輪候補になれるわ。

 

138 :2018/09/26(水) 10:39:12.48

風間さんに感謝しろよ
次は名古屋だろうな

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537886661/