タイ代表のティーラトンが語る、J移籍の真相とイニエスタ&ポドルスキとの共演

タイ代表のティーラトンが語る!J移籍の真相と、イニエスタ&ポドルスキとの共演

「日本で『ティーラトン・ブンマタン』の知名度はほとんどゼロ」

 今季、タイのムアントン・ユナイテッドから神戸に加入すると、ここまでリーグ22試合に出場(26節終了時点)し、存在感を示している。ティーラトンはタイでの地位を捨てて、なぜ日本への移籍を決断したのか。そして、かねてより夢見ていたJリーグのピッチに立ち、どんな印象を抱いたのか。異国の地で奮闘する28歳のレフティの声を聞いてほしい。

───◆───◆───

――ヴィッセル神戸への移籍を決めた理由は?

「まず日本でプレーすることが僕の夢でした。ヨーロッパでもオーストラリアでもなく、日本で、です。実はヴィッセル神戸からだけではなく、オーストラリアのチームからもオファーをいただいていました。それでも、ほとんど悩むことはなかったですね」

――Jリーグに最も憧れを持っていたのはなぜですか?

「以前から日本人のサッカーに対する真摯な姿勢、考え方に感銘を受けていたのです。タイにいながら、日本サッカーの成長をこれまで見てきました。初めは小さかったJリーグがどんどん発展していき、日本代表もワールドカップに出場するようになりました。しかも昔はお世辞にも強いとは言えなかったアジアのチームが、いまやワールドカップで脅威になっている。ハングリー精神が本当に素晴らしいと思ったし、日本人の懸命な姿に胸を打たれたんです」

――実際にJリーグでプレーしてみて、どんな印象でしたか?

「想像以上にハイレベルで驚きました。正直、ある程度通用する自信がありましたが、初めはあまりに何もできなくて愕然としましたね。タイで高めた名声などはまったく意味がなかったし、チームに認めてもらうには、リセットする必要がありました」

――具体的にリセットとは、何をしたのですか?

「まずはプライドを捨てました。タイではスーパースターとして扱ってもらっていましたけど、日本に来たら、『ティーラトン・ブンマタン』の知名度はほとんどゼロですから。そういう名誉に縛られない、という意味でのリセットです。さらに日本のスタイルに合わせることも必要でした。戦術、フィジカル、テクニックのすべてにおいて勉強し直したんですよ」

「イニエスタは正真正銘のプロフェッショナル」

――日本とタイの差は大きかったですか?

「そうですね。タイにいた時は月、水、日に試合があるので、週3日しか練習できませんでしたが、それでもベストコンディションに持っていけました。しかしスピーディな日本のサッカーでは、それでは全然スタミナが持ちません。タイではフル出場できても、日本では60分か70分くらいのあたりで足に力が入らないくらい疲れてしまっていた。初めて足を攣った時は、かなりショックでしたね」

――今季はリーグ戦20試合に出場(24節終了時点/インタビューは8月29日に実施)。ここまでの出来を振り返ってください。

「試合に出られるようになったのは、なによりすごく嬉しいです。フィジカルとスタミナが向上した手応えを感じています。それに毎試合後に、ミスの場面を見返して改善する姿勢も身につきました。今まで気づけなかった弱点を知れたことが、成長につながっています。それに最近は(アンドレス・)イニエスタ選手だったり、(ルーカス・)ポドルスキ選手、さらにキム・スンギュ選手だったり世界の代表クラスの選手とプレーできていることに誇りを感じますね」

――イニエスタ選手やポドルスキ選手らとともにプレーして、どんな刺激を受けていますか?
「彼らは本当にハイレベルなプレーヤーです。彼らの高度な技術やプレースタイルに合わせるために、自分もレベルアップしなければいけない。そういう向上心が生まれましたね。技術面でもやはり吸収できるものは多いです」

――アドバイスをもらったりはしますか?

「特別プレーについて言われることはありません。ただ一度イニエスタ選手に『僕にどんなプレーをしてほしいか』と尋ねた時に、『僕のためにあれこれしようと思わないでほしい。自分のスタイルを発揮するのがあなたの仕事だよ』と言ってもらいました。真摯な姿勢を含めて、彼は正真正銘のプロフェッショナルですよ」

インタビュー2に続く

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)
通訳●ナリット・ジャムパリー

サッカーダイジェストWeb 2018年09月18日
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=47363

インタビューに応じるティーラトン。誠実な受け答えが好印象だった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)
http://www.soccerdigestweb.com/photo/id=47363&page=2&no=01

 

3 :2018/09/18(火) 06:24:40.24

でも車屋を補強する神戸

 

7 :2018/09/18(火) 06:30:52.13

タイ人は暑さに弱かったという衝撃的事実がわかった今夏だったな
ポコの奴は涼しい北の大地で好調維持したけど

 

9 :2018/09/18(火) 06:33:13.03

>>7
まさか3人だけで判断したの?

 

93 :2018/09/18(火) 09:35:25.12

>>7
夏は日本の方が暑いからな
タイは基本日陰にいるしw

 

10 :2018/09/18(火) 06:33:26.57

たまにめっちゃうまい

 

11 :2018/09/18(火) 06:35:20.74

真面目なのはいいね

 

17 :2018/09/18(火) 06:40:41.20

見た試合限定だが、左サイド穴になってるだろ守備の面で

 

18 :2018/09/18(火) 06:40:52.46

オージーも狙ってたのね

 

19 :2018/09/18(火) 06:40:53.41

キックだけなら本当に素晴らしいんだが、それだけなんだよな

 

21 :2018/09/18(火) 06:41:33.52

月水日に試合って日月はやばすぎだろ

 

24 :2018/09/18(火) 06:43:12.32

で、こんなティーラトンに満足せず、車屋補強ってどんなチームだよ。

 

29 :2018/09/18(火) 06:46:59.98

ガンバ戦のティーラトンは酷すぎた
あれで車屋獲得する流れになったんだろな

 

35 :2018/09/18(火) 06:55:34.93

日本選手のブンデスあたりの立ち位置なんだろな
代表クラスなら通用する選手もいる

 

40 :2018/09/18(火) 07:06:40.13

三木谷は補強ポジションだと考えてるみたいだぞ

 

45 :2018/09/18(火) 07:10:54.66

ACL良く観てる人ならJに来る前から知ってるよな
東口が連続でセットプレーから決められてたしw
技術も結構持ってるし、良い選手だわ

 

47 :2018/09/18(火) 07:12:19.24

> それに最近は(アンドレス・)イニエスタ選手だったり、(ルーカス・)ポドルスキ選手、
> さらにキム・スンギュ選手だったり世界の代表クラスの選手

 

53 :2018/09/18(火) 07:18:33.16

技術も悪くないし真面目なんだろうけど、守備時のポジショニングが悪くマークもよく外すのがイクない。
SBより中盤より上のサイドの方がいいんじゃかいかと思うわ

 

56 :2018/09/18(火) 07:21:20.66

1人ワールドクラスでもない奴が混じってるぞ

 

59 :2018/09/18(火) 07:35:42.58

元スポルティングのTJの名前いれんとはけしからん

 

62 :2018/09/18(火) 07:39:56.82

チャナティップと広島のやつは頼りにされてるがこいつはいまいちじゃないか
神戸がボロボロだというのもあるだろうけど

 

63 :2018/09/18(火) 07:40:31.91

サイドハーフで使ってみたい

 

70 :2018/09/18(火) 07:51:46.83

好きだし応援もしてるけどな車屋よりは

 

71 :2018/09/18(火) 07:52:30.50

イニエスタかっこいいな

 

75 :2018/09/18(火) 07:57:40.78

タイとJじゃ体力にも差が出るんだな意外だな

 

79 :2018/09/18(火) 08:33:25.17

この人イニエスタに神戸の美容室紹介してたw

 

80 :2018/09/18(火) 08:35:52.38

今のところセットプレーを蹴る機会が殆どないのが残念だな
リーグだとゴール正面でのFKは1~2本しか蹴ってないよね

 

85 :2018/09/18(火) 08:56:41.17

タイは日月に連チャンで試合があるのか!
しかも中一日でまた水曜に試合とかビックリだわ

 

89 :2018/09/18(火) 09:07:20.85

ボールの受け方、持ち方がきれいだから好きだわ
うっちーほどではないけど、近いもの感じる

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1537219410/