城彰二氏が見た森保ジャパン初陣「香川ら海外組はウカウカしてはいられない」

城氏が見た森保J初陣「香川ら海外組はウカウカしてはいられない」

森保ジャパンは見事な船出を飾った。点数をつけるなら100点でいい。日本と同じく世代交代をはかっているコスタリカのメンバー構成や、その実力は、W杯出場チームのそれではなかったが、「どんなサッカーを見せてくれるのか?」と、疑心暗鬼だった3万3891人の大阪のファンの目を釘付けにした。新鮮だった。ワクワク感と、期待感を抱かせる自由な発想に満ちたサッカーである。

 ピッチに躍動感を作ったのは、連動と連携、そして、ダイレクトプレーを多用したタテへの攻撃意識の徹底である。北海道胆振東部地震の影響による準備不足もあって、森保監督は、本来、得意とする3バックではなく、慣れ親しんだ「4-4-2」の布陣を組んだ。
 左のサイドハーフに中島、右に堂安、小林、南野は、2トップというより、小林をワントップに、南野を1.5列目くらいに置いて自由にさせていた。中島、南野、堂安の3人に小林が絡むアタッカー陣の連携力とアイデア、特に中島、南野の海外組2人のドリブルを絡めた仕掛けが傑出していた。

 中島は左サイドで張りながらボールを持つと45度の角度で切り込み、そこからシュートか、パスかを選択する。アタッキングゾーンの前に、スペースがあれば、必ずドリブルで勝負を挑んでいく。その駆け引きと、ゴールへの執着心が抜群によくなっていた。FC東京でくすぶっていたときに取材する機会があったが、常に上を目指し探究心を失わない、その高いモチベーションに驚かされたことがある。

 「海外でプレーして突破力を身につけたい」と目標を持っていた。ポルトガルでプレーして1年、間違いなく進化、成長した。
 中島が、カットインして切り返すと、そのタイミングを狙って同時に、南野らが動き出す。ひとつのパターンというか、中島の癖やプレースタイルを熟知しての阿吽の呼吸があった。
 実は、サッカーには目に見えない「世代の波長」というものが存在する。私たちのアトランタ五輪世代にも、ヒデ(中田英寿)やゾノさん(前園真聖)との言葉で言い表せない感覚の世界での連携、連動があった。例えば、ヒデが右サイドでボールを持ち、「くっ」という一瞬の時間を作った瞬間に私が動き出す、というリズムがあったが、リオ五輪世代の彼らにも、その「世代の波長」が見えた。

 南野は元々、技術力のある選手。海外で5シーズンプレーしたことで、フィジカルの強い選手に対しての体の使い方、ボディコントロール力がグレードアップした。後半21分に遠藤からのパスをペナルティーエリア内で受けた南野は、体を反転させ、代表初ゴールを決めた。そのシーンが象徴的。プレーから自信と責任感のようなものが垣間見えた。

 左サイドが起点になることが多く、右サイドの堂安は、なかなかボールを持てなかったが、守備面での成長をアピールした。ガンバ大阪時代は、守れない選手だったが、オランダで揉まれて、90分間の役割を覚えたのだろう。ハードワークを厭わず、守備面で、空いたゾーンを埋めるために走った。パナソニックスタジアム吹田のファンが、その堂安の変化を一番感じ取っていたと思う。

 ダイレクトプレーを徹底したタテへの速いサッカーを生み出したのは、ボランチ・青山の存在である。彼自身が公言しているが、森保イズムの体現者である。その青山が、コスタリカの攻撃の芽を摘み、ディフェンスラインからのビルドアップの起点となり、タテの効果的なパスを前線に送った。
 また遠藤とのコンビ、バランスも抜群だった。遠藤が、前でプレーすると、青山が守備的に下がって構え、2人は、絶妙のバランスをキープしながらゲームを中盤の底からコントロールしていた。

 若きアタッカーの積極性とアイデア、連携力に目を奪われたが、本当の森保イズムは、守備面にあったと見ている。ベンチ前に出て、指揮を執る森保監督の動きをチェックしていたが、チームがボールを持ち攻撃を仕掛けている際には、必ず守備陣のポジショニングに目を向けて細かい指示を
与えていた。
 コスタリカのカウンターに対するリスクマネジメントの徹底である。

 コスタリカのセンターフォーワードに対しては、2人でマークするように注意していた。完封に抑えこんだ、この手堅さが、森保監督のサッカーの特徴でもあり、代表チームを率いる際に必要なコンセプトだろう。 ロシアW杯で、ベスト16に進んだ西野ジャパンの継承も、この守備面に見られた。
 センターサークルのちょっと先あたりからプレスをかけて、組織的な守備ブロックを敷き、サイドに追い込み、ボールをそこで奪うというチーム組織が守られていた。
 日本人の特徴を最大限に生かそうと考える森保監督のサッカーである。

 今回は、乾、香川、長友、原口、柴崎、吉田といったロシアW杯を戦った海外組の主力は召集されなかった。中島のポジションと重なる乾、香川らはウカウカしてられないという危機感を抱いただろう。過酷なレギュラー争いは間違いなくチーム力の底上げにつながる。ただ「世代の波長」という点では、違う世代とのマッチングで、新たな化学反応が生まれる期待感もあり、一方で噛み合わないという不安もある。
 例えば、左サイドバックの佐々木は、中島のプレーを生かすため、攻撃参加を控えていたが、ここが運動量で、群を抜き、オーバーラップを繰り返す長友に変われば、どうなるのか。カタールW杯までに時間は十分にある。様々なマッチングのテストも、この先の重大なテーマだろう。

 右のサイドバックの室屋に比べれば酒井宏が上だろうし、三浦も吉田麻也にはまだまだ及ばない。また素晴らしいパフォーマンスでアピールに成功した若手が、今後、代表で引き続きコンディションを維持することができるのか、という課題もある。
 10月には、ウルグアイとの親善試合が組まれているが、そういう格上の強豪を相手に、この試合のようなパスワークや連携を機能させることができるのか、という未知なる点も残る。ワントップにボールが収まらなければ、南野、中島、堂安の1、5列目から2列目が機能不全に陥る危険性も考えられる。
 だが、今は期待感が、それらの不安を上回っている。
 最後に。
 森保監督の五輪監督との兼任の是非が問題になっているが、森保監督は「聞く耳」を持つタイプで、今回も、選手選考に関して多角的な情報を集めていたと聞く。堂安らの東京五輪世代とA代表との融合も活発になるのかもしれないし、森保監督のマネジメント能力からすれば、十分に兼任は可能だという印象を抱いた。

(文責・城彰二/元日本代表FW)

THE PAGE 2018.09.13 05:00
https://thepage.jp/detail/20180912-00000003-wordleafs

 

6 :2018/09/13(木) 23:51:35.79

守備陣はさすがにまだロシアメンバーでいい

 

8 :2018/09/13(木) 23:53:24.38

堂安よりも伊東のほうがいい

 

9 :2018/09/13(木) 23:53:35.27

ただでさえザックJAPANから8年引っ張られたんだからもういいだろ。4年後見据えたチームにしてくれ

 

17 :2018/09/14(金) 00:01:35.78

「いかなる事情にかかわらず、所属クラブで試合に出られない奴は呼ばない」

W杯出場が決まるまではこれを掲げるだけで代表は正当かつ激しいな競争の場になる

それが森保ジャパンにできるか?
残念ながら(´・ω・`)

 

19 :2018/09/14(金) 00:04:59.61

相手と内容に強度感じられんかったな
強度のある相手や内容でどうなるか見てみたい

 

21 :2018/09/14(金) 00:11:14.20

ボランチは柴崎と青山になるのかな。

蛍でなければ誰でもいい。

 

24 :2018/09/14(金) 00:19:51.67

まあ世代交代は必要
体力のいる現代サッカーで若さは武器

 

25 :2018/09/14(金) 00:20:04.58

次の東京オリンピックにでる選手の強化がしばらく優先と思ってたが
A代表も期待もてそうな

 

27 :2018/09/14(金) 00:21:14.67

こいつと北澤の実況はひどすぎた

 

28 :2018/09/14(金) 00:22:09.36

ロシアワールドカップのA代表と比べても遜色なかった
初戦にして連携もすでによかった

 

35 :2018/09/14(金) 00:35:41.79

森保ジャパン 日程と対戦相手

キリンチャレンジカップ2018
http://www.jfa.jp/samuraiblue/schedule_result/2018.html
09/07 中止 チリ@札幌ドーム
09/11 3-0 コスタリカ@パナソニック スタジアム吹田
10/12 パナマ@デンカビッグスワンスタジアム
10/16 ウルグアイ@埼玉スタジアム2002
11/16 未定@大分スポーツ公園総合競技場
11/20 未定@豊田スタジアム

2019年1月5日~2月1日  アジア杯(開催地 UAE)

 

36 :2018/09/14(金) 00:42:25.12

うーん二軍のコスタリカ相手で
よくそこまで褒めるなぁ…
初陣で褒めとくと、森保に優遇されるのかね?

 

66 :2018/09/14(金) 01:59:41.88

>>36
あれは二軍では無くて新チームだ。

 

38 :2018/09/14(金) 00:47:23.66

ウルグアイ相手にどれだけ出来るかだな
コスタリカがちょっと微妙だったから
ただあれだけ連携出来てたら攻撃では結構通用する気もする
守備ではウルグアイのカウンターにやられそうだが

 

46 :2018/09/14(金) 01:01:10.70

世代交代ってのは一気にやらないとダラダラとやってるうちに手遅れになる
タイミングって大事

 

47 :2018/09/14(金) 01:03:19.10

2列目アタッカーのポジションなんて初期位置に過ぎないんだからスイッチすりゃいいんだよ
香川左なんてクソの役にも立たんが中島なら前後左右どこでもそこそこ仕事は出来るだろう

 

49 :2018/09/14(金) 01:05:38.64

>>47
逆だと思うが
入れ代わりを許しすぎるせいで、ザックジャパンのときの香川みたいな選手がうまれる
乾や原口にしても、マシなサイドの選手なったのは日本の流動的なポジションチェンジでなくサイドでの役割やらないといけない海外でやってから

 

53 :2018/09/14(金) 01:24:33.33

そのうち稲垣とか呼ぶだろ

 

59 :2018/09/14(金) 01:44:50.73

コスタリカが弱かったのは事実だが弱い相手にキッチリ勝ちきれるチームに仕上げてくれた損保ジャパンには期待するわ
ハリルみたいに格下相手に毎回四苦八苦する不様なのはもう見たくねー

 

73 :2018/09/14(金) 02:15:17.29

弱い相手にも消える事が多かった香川に比べたら中島は格段に良いけどな
香川同様にフィジカル弱いからプレッシャー厳しくなった時にどれだけやれるか
ウルグアイ戦とアジア杯の出来を見るまでは評価は出来ないけど期待は出来る

 

77 :2018/09/14(金) 02:46:57.00

もう少し勝つ気のある相手との試合を見ないと分からんな。
韓国と試合しないかな。
日本相手には本気でくるし、
力を見るにはちょうど良いような。

 

81 :2018/09/14(金) 02:56:27.01

ウカウカしてられないどころか年だし席ないわ

 

82 :2018/09/14(金) 03:07:14.01

4年後に香川なんているようじゃ終わりだ

 

86 :2018/09/14(金) 03:34:53.46

底の厚さがなかったから勝ち抜けなかったから
中島と被ってる乾や香川がサブに居た方がいいじゃん

 

97 :2018/09/14(金) 09:56:57.48

W杯は四年後だから今はとりあえず伸びしろのある若い選手を選んでおけばいいんだよ。
いきなり30前後の海外組で固めたらザックジャパンのようになりかねない。

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1536850086/