チェルシー、サウサンプトンに3発勝利!プレミアリーグ第7節


ヴェルナーが値千金の今季リーグ初ゴール! 10人のセインツを振り切ったチェルシーが連敗ストップ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第7節、チェルシーvsサウサンプトンが2日にスタンフォード・ブリッジで行われ、ホームのチェルシーが3-1で勝利した。

リーグ3位のチェルシーは前節、マンチェスター・シティとのビッグマッチに0-1のスコア以上の完敗を喫して今シーズンの初黒星を喫した。さらに、ミッドウィークのチャンピオンズリーグ(CL)では飛車角抜きのユベントスに同じく0-1で敗れて今季初の連敗となった。

その連敗からのリバウンドメンタリティが試される一戦では、今季リーグ未勝利も上位相手に善戦が光る16位のサウサンプトンをホームで迎え撃った。ユベントス戦からは先発5人を変更。クリステンセンとマルコス・アロンソに替えてチャロバー、チルウェルをディフェンスラインで入れ替えたほか、ジョルジーニョに替えてロフタス=チーク、前線はルカクの相棒にツィエク、ハヴァーツではなくヴェルナー、ハドソン=オドイを起用した。

立ち上がりはアウェイでもアグレッシブにハイプレスを仕掛けていくセインツが主導権を握る。だが、相手のハイラインに対して、ルカク、ハドソン=オドイ、ヴェルナーと快足アタッカー3人を並べたチェルシーも、徐々に背後を取る形で相手陣内深くまで侵攻していく。

すると9分、右CKの場面でキッカーのチルウェルが左足インスウィングで入れたクロスをニアのロフタス=チークが頭でファーへ流すと、大外からタイミング良く飛び込んだチャロバーがダイビングヘッドで合わせた。

スタメンに抜擢した生え抜きコンビの絡みからファーストチャンスを生かして、3試合ぶりのゴールを挙げたチェルシー。以降は相手のプレッシャーをいなしながらゲームをコントロール。ルカクへの鋭いクサビ、ヴェルナーを背後に走らせる形で追加点を目指す。

やや膠着状態に陥った中、20分過ぎにはウォード=プラウズ、ロフタス=チークと際どいミドルシュートを打ち合うと、26分にはコバチッチとの短いパス交換でゴール前に飛び出したチルウェルがニア下へ決定的なシュートを飛ばすが、これはGKマッカーシーがうまく足を残して阻止した。

一方、今季初勝利に向けて前半の内に追いつきたいセインツは33分、この試合2度目の決定機を創出。左サイド深くでのスローインの流れからウォーカー=ピータースが巧みなドリブル突破をみせ、ゴールライン際から絶妙なクロスを供給。だが、飛び込んだウォルコットはDFの寄せもあってヘディングシュートを枠に飛ばせず。

すると、ピンチの後にチャンスあり。直後の36分にはリュディガーの豪快な持ち上がりからのスルーパスに反応したルカクがボックス左から左足のシュートを右隅へ流し込むが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。

前半終盤にかけてはカウンターの応酬となった中、切り替え、繋ぎの精度で勝るチェルシーが、より多くの決定機を創出。41分には波状攻撃からボックス左のゴールライン際でハドソン=オドイが上げたクロスを、ヴェルナーが頭で合わせてゴールネットに叩き込む。しかし、今季リーグ戦初ゴールかに思われたドイツ代表FWのゴールはオンフィールド・レビューの結果、カウンターの起点となったアスピリクエタのボール奪取の場面でファウルがあったとして取り消しとなった。

追加点こそ奪えなかったものの、良い形で試合を折り返したチェルシーは、後半も同じメンバー布陣でスタート。対するサウサンプトンはウォルコットを下げてディアロを投入し、ロメウを3バックの中央に下げた[3-5-2]の布陣に変更した。

アウェイチームの変化もあって前半終盤のような勢いを出せないチェルシーだったが、危なげなく試合を進めていく。だが、60分には古巣初対戦の18歳DFに手痛い恩返しを受ける。ボックス右で細かいステップで仕掛けたリヴラメントに対して、後手の対応となったチルウェルが足を挟み込む形で倒してしまい、痛恨のPK献上。これを名手ウォード=プラウズにゴール左下隅へ決められた。

この失点を受けてトゥヘル監督は65分、ハドソン=オドイを下げて負傷明けのマウントをトップ下の位置に投入。攻勢を強めていく中で71分にはボックス付近でのルカクのポストワークから前向きな状態でゴール前に仕掛けたヴェルナーがDFを外して決定的なシュートを放つが、これはGKマッカーシーのビッグセーブに遭う。

その後、コバチッチに替えてジョルジーニョを2枚目のカードとして切ると、直後に試合の行方を大きく左右するアクシデントが発生。自陣ボックス付近でGKメンディからボールを受けたジョルジーニョにウォード=プラウズがハードなスライディングタックルを見舞うと、一度はイエローカードが掲示されるもオンフィールド・レビューの結果、足裏を見せた危険なアフターチャージとの判定でカードの色が赤に変わった。

数的優位を手にして相手を押し込むチェルシーは83分、ロフタス=チークを下げてバークリーを最後の交代カードとして切ると、この選手交代が勝ち越しゴールをもたらす。84分、ボックス手前左でボールを受けたバークリーから右サイドの深い位置に飛び出したアスピリクエタへ絶妙なサイドチェンジが通る。これをアスピリクエタが見事に右足ダイレクトでゴール前に折り返すと、飛び込んだヴェルナーがワンタッチで押し込んだ。

正真正銘のヴェルナーの今季リーグ初ゴールでリードを手にしたチェルシーは、このまま一気に試合を決めに行く。そして、89分にはマウントの正確な右からのクロスを起点にルカク、アスピリクエタが続けて枠に直撃するシュートを放つと、最後はボックス左でこぼれ球に反応したチルウェルがゴール左隅へすかさずシュートを飛ばす。これはGKマッカーシーにかきだされるが、ゴールライン・テクノロジーによってゴールが支持された。

そして、セインツ相手に苦戦を強いられながらも終盤の連続ゴールで振り切ったチェルシーが公式戦の連敗をストップする3試合ぶりの白星を手にした。

超WORLDサッカー! 10/3(日) 1:06配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/a7f034f7c738cc0513ab1bd34d6ae2bb58c75b82

写真
https://twitter.com/ChelseaFC/status/1444362293140201480








106 :2021/10/03(日) 00:55:19.57

苦しいゲームだった



107 :2021/10/03(日) 00:55:21.18

おつ
ヴェルナーが報われて良かった



110 :2021/10/03(日) 00:55:36.11

バークリーはキーパス以外はダメだけど腐らずやってほしいね



111 :2021/10/03(日) 00:55:37.98

しゃあ!
マウント入ってからのスイッチの入りよう凄かった



114 :2021/10/03(日) 00:55:48.12

ふう、審判に壊されかけたが何とか勝ちきったな



115 :2021/10/03(日) 00:55:48.60

敵は審判だったな



116 :2021/10/03(日) 00:55:51.87

審判団という悪党に勝ててほんと良かった



124 :2021/10/03(日) 00:56:38.30

チルウェル復活弾おめ



126 :2021/10/03(日) 00:56:58.32

Chelsea (3.39) 3-1 (1.56) Southampton



128 :2021/10/03(日) 00:57:15.87

ヴェルナーが綺麗に決めたのが泣ける



131 :2021/10/03(日) 00:57:34.59

マウントジョルジが入ったら別チーム



133 :2021/10/03(日) 00:57:43.67

いろいろ試しすぎてどのメンバーがベストかよくわからなくなってきたわ
フォーメーションもちょくちょくいじるし



140 :2021/10/03(日) 00:58:33.46

トゥヘルは試合の終盤まで非常に不機嫌であったな。



145 :2021/10/03(日) 00:59:00.57

ジョルジが入るとマウントの動き出しが良くなる、



150 :2021/10/03(日) 00:59:36.92

あとはハヴァーツのコンディションがあがればね



154 :2021/10/03(日) 01:00:44.60

久しぶりに調子が良いマウント見たけどやっぱり全てにおいてレベルが高すぎる
オドイ…泣



157 :2021/10/03(日) 01:01:04.32

マウントの振りのスピードをヴェルナーは学べよ



159 :2021/10/03(日) 01:01:27.39

ヴェルナーが得意な形あれだしチームとして狙っていければ



168 :2021/10/03(日) 01:02:53.82

オドイはチームと合わなすぎる
独特なリズムだからマジで読めない



169 :2021/10/03(日) 01:02:57.12

バークリーからアスピリクエタへの流れは練習でやってそう
3.4回同じ事やってたね



178 :2021/10/03(日) 01:04:25.51

マジでアスピのクロス神だったなー



182 :2021/10/03(日) 01:04:46.53

マウントに思い切りが戻ってきて、それに伴う体の動きもよい。



186 :2021/10/03(日) 01:05:28.93

RLCって意味不明なドリブルの抜き方するよな
ほぼ成功させるし
どうやって抜いてるのか見てて全然分からん



195 :2021/10/03(日) 01:07:14.29

>>186
手の使い方とボールの隠し方がうまい。
あと単純に緩急があって対応しづらそう。



188 :2021/10/03(日) 01:05:56.60

今日のヴェルナーはシュートほとんど枠内だったから合格点だぞ



193 :2021/10/03(日) 01:07:05.05

チークのドリブル、途中で相手に触られて終わりかと思うとまだキープする。
あれでラストパスがあると本当にいいんだけどな。



198 :2021/10/03(日) 01:07:27.22

ヴェルナーとかいう毎回トレンド入りするスーパースター



203 :2021/10/03(日) 01:08:06.70

チークはあのサイズであんな動き出来るとなるとそりゃ使いたくなる、楽しみ



205 :2021/10/03(日) 01:09:03.27

ルカク、点も欲しかっただろうけどポストで貢献出来たしまだまだこれからでしょう



210 :2021/10/03(日) 01:10:21.25

バークリーのフィード神がかってたな



221 :2021/10/03(日) 01:11:48.19

バークリーガチャは稀にデブルイネやセスクが出る



228 :2021/10/03(日) 01:12:49.04

ジョルジって途中から入ると際立つよね
スタートからいると分かりにくいけど、ボールの貰い方とか細かいところが上手くて展開変えられるのはやっぱりすげーですよ



240 :2021/10/03(日) 01:16:23.66

忘れないでくれ、今日もコバチがすんごかったぞ。



241 :2021/10/03(日) 01:16:43.36

チークはもう一皮剥けてほしいね
ラストパスとか守備とか



255 :2021/10/03(日) 01:19:53.11

コヴァはあとシュートさえ上手ければね



257 :2021/10/03(日) 01:20:05.66

オドイも後半いきなりバテた感じだけど前半は良かったかと



264 :2021/10/03(日) 01:22:21.47

チークの守備なんてずっと改善しないしもうどうにもならん気がするわ
運ぶのとサイズがあるのは良いんだがな



271 :2021/10/03(日) 01:23:58.14

チーク浮き玉に対するポジショニング今日かなり良かった
ほとんど頭でカットして繋げてた



278 :2021/10/03(日) 01:27:27.98

前半のテンションで試合するとオドイとかは60分でバテちゃうからスタミナ付けないとな



288 :2021/10/03(日) 01:30:07.25

アロンソは攻撃参加し過ぎてバテるし穴にな有り得る。リスク管理も甘い。
でもここぞってときになにかやってくれるのがアロンソ。



290 :2021/10/03(日) 01:30:51.35

今日もリュディガーの特攻を見たから良かった。



291 :2021/10/03(日) 01:31:21.99

チルウェルやらかしもあったけどやっぱスピード感がいいね
自信取り戻してほしいな



294 :2021/10/03(日) 01:33:27.99

出場しなさすぎて心配してたけど失点シーン以外は普通にやれてたなチルウェル



302 :2021/10/03(日) 01:45:27.09

ルカクヴェルナーの2トップにマウントトップ下の3-4-1-2はすごく良かったね
これまた試してみて良いと思う

 

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1633189552/

記事のタイトルとURLをコピー