香川真司がベンチ外となった理由は?存在しない「10番」。ドルトムントでの定位置確保は困難か

香川がベンチ外となった理由は? 存在しない「10番」。ドルトムントでの定位置確保は困難か

ドルトムントは現地時間26日、ブンデスリーガ開幕戦においてRBライプツィヒを相手に4-1と快勝を収めた。同20日に行われたドイツカップ1回戦でベンチ外となっていた香川真司だが、この試合でも引き続きベンチに入ることはなかった。ルシアン・ファブレ新監督の戦術に香川はマッチしないのか? 現地在住記者が現状を読む。

中盤は守備的なトライアングルに

 8月26日に行われたブンデスリーガの開幕戦。ボルシア・ドルトムントは、RBライプツィヒに4-1で勝利した。香川真司は、20日に行われたDFBポカールの初戦に引き続き、2戦連続でベンチ外となった。

 24日に行われた会見で、ルシアン・ファブレ監督は、香川のポジションを「9.5番、10番として考えている」と語ったが、ライプツィヒ戦での背番号23の起用については明言しなかった。

 実際、対ライプツィヒ戦でファブレ監督が採用した[4-3-3]の布陣においては、香川のようなタイプの選手が居場所を確保するのは難しかったと言えるだろう。中盤は、アクセル・ヴィツエル、トーマス・ディレイニー、マフムート・ダフートの3枚で構成。

 基本的にはヴィツェルのワンボランチ、インサイドハーフにディレイニーとダフートが並ぶ逆三角形の形だが、試合中に3人の選手は流動的にポジションを取った。ダフートにボールを預けてヴィツェルが前に行くことがあれば、ダフートが下がってビルドアップに参加することもあった。

 もっともビルドアップの際に、例えばダフートがSBとCBの間に降りてきてボールを貰い、前を向いてパスを配給する、といったプレーが行われることはない。ディレイニーとダフートは、ゲームを作るインサイドハーフではなくて、前後の切り替えに長けた8番タイプとして起用されていた。

求められるのは創造性ではなく…

 ライプツィヒは、ボールを奪えば縦に縦に繋ぎ、ゴールを最短で狙ってくる。まずは縦に繋いでくる速攻を避けるために、ディレイニーとダフートは、相手のダブル・ボランチにフタをする役目を担っていた。

 また、ディレイニーとヴィツェルの正確なショートパスは、不用意なボールロストを避け、敵のカウンターを未然に防ぐことに繋がったと言えるだろう。

 ボールを奪えば、すぐにマルコ・ロイスやクリスティアン・プリシッチに素早くパスを送るなど、攻撃面でも素早い切り替えが求められている。そこで必要とされているのは、創造性というよりは、素早く前に攻撃を展開できる技術だった。

 このように、例えばトーマス・トゥヘル監督やピーター・ボス、ペーター・シュテーガー監督時代に採用された[4-3-3]と、見てくれは一緒かもしれないが、中身がまるで違う。中盤は守備に比重を置きながら、57分の場面のように、ボールを奪えば複数の選手がトップスピードに乗って敵のゴールに迫った。

 悪く言えば攻め方に緩急がないが、良く言えば相手の陣形が整わない内に攻め立てることができる。試合終了間際には、ダフートが敵のCBコナテからボールを奪い、そこからカウンターに出て、ジェイドン・サンチョとロイスの2人でダメ押し弾を決めた。

香川は残留でも出場機会は先に?

 ファブレ監督は、香川のポジションを「9.5番、10番として考えている」と語った。だが、そもそもライプツィヒ戦で採用した[4-3-3]に、「10番」のポジションは存在しなかった。「9.5番」は、ワントップに入ったロイスがこなしている。ワントップのポジションを香川がこなすことは難しい。

 また、決して香川が切り替えが遅く、守備意識が低いということではないが、そうしたディフェンシブな持ち味については、先発の3人の方が上回ってしまう、ということだろう。

 こうした理由で、対ライプツィヒ戦でファブレ監督が採用した[4-3-3]の布陣においては、香川が居場所を確保するのは難しかったと言えるのではないか。

 ファブレ監督は、戦術のバリエーションを広げることも示唆している。それが「10番」を活用するものであり、また、ワントップではなく違った形で「9.5番」を活用するものであれば、香川にもチャンスが巡ってくるはずだが・・・ただ、チームが戦術の幅を広げるには時間が掛かる。香川が8月中に他のクラブに移籍しなかったとしても、試合でプレーの機会が巡ってくるのは、しばらく先のことになってしまうかもしれない。

取材・文:本田千尋【ドルトムント】

フットボールチャンネル 2018年08月27日(Mon)11時46分配信
https://www.footballchannel.jp/2018/08/27/post286910/

 

2 :2018/08/27(月) 15:33:07.19

セットプレーとキーパーが確変しただけの試合でもあるけどねぇ

 

3 :2018/08/27(月) 15:33:32.93

言うほど10番のプレーはしなくね?

 

8 :2018/08/27(月) 15:53:59.12

>>3
10番的なパスもできるセカンドトップだった

 

4 :2018/08/27(月) 15:38:56.80

ファブレって決まりごとが多すぎてがちがちに固めるから選手が嫌になっちゃうんだよな
解任されて自由を手に入れたって選手がめちゃ喜んでたろボルシアMGだったか

 

5 :2018/08/27(月) 15:39:22.59

インサイドハーフ寄りだよね、今の香川は
あまり勝負しないし

 

6 :2018/08/27(月) 15:50:42.40

10番というのはアザールみたいな選手のことだぞ
香川とは圧倒的に違う

 

20 :2018/08/27(月) 16:22:26.83

>>6
あれこそ特殊だぞ得点数からみても9.5番よりの10番
普通の10番は大体8.5番より

アザールみたいな選手はカカとかみたいで稀有

 

61 :2018/08/27(月) 18:58:48.41

>>6
アザールってアタッカーじゃね?

 

12 :2018/08/27(月) 16:10:45.67

香川みたいなタイプはもはや時代遅れだよな

 

17 :2018/08/27(月) 16:19:55.60

>>1
昨シーズンはドルでは8番で結果出してたのにその分析はさすがにねーわw

 

19 :2018/08/27(月) 16:22:19.62

今年30だからな
ドルトムントみたいな若手育てて売るチームは合わないわ
年金獲得も視野に入れる年齢

 

22 :2018/08/27(月) 16:23:20.99

ディレイニーはW杯で良いプレーしてたからな
香川なんて敵じゃないだろ

 

24 :2018/08/27(月) 16:23:34.93

ちっこいアジア人じゃ使いたくないだろ
クロップが例外だっただけ
リーガ池さっさと

 

32 :2018/08/27(月) 16:28:28.77

得点力のあるシャドーストライカーみたいに言われてたが生涯で二桁得点一度だけ

 

35 :2018/08/27(月) 16:33:23.97

結局ドル戻ってもゴール前のトラップやシュートのドタバタさは治らず、シャドーでは輝けなくて、ポジション下げたら、ただのリンク役でしかなくなったからね
基本どのチームでも必要性はあるが、不可欠ではないって評価が香川には付き纏うよな

 

37 :2018/08/27(月) 16:47:18.64

いやシステムの問題じゃないだろ
わりとどこでも使えるし

 

38 :2018/08/27(月) 16:52:45.13

香川だけじゃなくゲッツェも戦力外だからなー
この2人はレギュラー争いどころか、争うべくポジションがそもそも存在しない
厳しいな

 

41 :2018/08/27(月) 16:58:19.28

デラネイ、ヴィツェル来たのはデカイよ
どっちもデカイし動けるしテクニックも悪くない
スタイル的に香川きつい

 

43 :2018/08/27(月) 17:06:49.20

ESPNに香川のこと聞かれて動揺してたらしいな 監督w
ポジの話でお茶を濁したとか

 

45 :2018/08/27(月) 17:08:38.14

そもそも10番のプレー出来てないけどな
ただパス散らずだけ

 

59 :2018/08/27(月) 18:41:47.89

ドルとしてはさっさと売りたいんだろうけどなかなか交渉が進まないね

 

64 :2018/08/27(月) 19:13:49.91

>>59
特に得点力がある訳でも無い30のオッサンの割りに移籍金も年俸も高すぎる
こんな物件、門前払いやろ

 

60 :2018/08/27(月) 18:52:56.29

ベシクタシュはリャイッチレンタルで埋まった
マルセイユはかぶるのかどうかわからんけどストロートマン取った
ドラさんがセビージャ行く可能性が激減
なのでセビージャ行く雰囲気上がってるよね

 

62 :2018/08/27(月) 19:08:11.42

今季のドルはまじで泥舟だから出て行くなら早いほうが良いぞ
EL圏すらやばいと見てる

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1535351397/