柴崎岳が開幕戦フル出場 ヘタフェはレアル・マドリーに敗戦

柴崎岳が先発フル出場のヘタフェ、レアル・マドリーに0−2敗戦…カルバハル&ベイルのゴール許す/リーガ第1節

19日のリーガ・エスパニョーラ開幕節、サンティアゴ・ベルナベウを舞台としたレアル・マドリー対ヘタフェは2−0でレアル・マドリーの勝利に終わった。ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳は、先発フル出場を果たしている。

チームをチャンピオンズリーグ3連覇に導いたジネディーヌ・ジダン、そしてクラブ史上最多得点者クリスティアーノ・ロナウドも去ったR・マドリーが、ベルナベウで初めて臨む公式戦。R・マドリーの紹介アナウンスで、約9年にわたって続けられてきた「背番号7はクリスティアーノ……」「ロナウド!」というスピーカーと観客の熱いかけ合いがなくなり、スタジアムは時代の節目にあることを感じさせたが、その一方ヘタフェの紹介アナウンスでは「10番、ガク・シバサキ」と日本代表MFの名がスタメンで呼ばれている。

アウェーに乗り込んだヘタフェのシステムは、普段使用している4−4−2ではなく4−1−4−1。予想を覆して先発を果たした柴崎は左インサイドハーフとしてピッチに立った。対するR・マドリーも4−3−3で中盤には右からセバジョス、クロース、イスコを並べ、前線をベイル、ベンゼマ、アセンシオの新トリデンテ“BBA”としている。

試合は予想通りにR・マドリーがボールを保持して、ヘタフェが激しいプレッシングで応戦する展開に。柴崎はR・マドリーのビルドアップの起点となるクロース、セバジョスを潰す役割を担い、積極的に相手自陣まで走ってチェイシングをしていた。しかしながらヘタフェにとって、地力で勝るR・マドリーを抑えることはやはり難しい。C・ロナウドの代わりチームのエースとなったベイルが、ボレーやヘディングシュートと立ち上がりから決定機を迎えた。

R・マドリーがヘタフェの守備を破り、スコアを動かしたのは20分のこと。左サイドのベイルがクロスを送ると、D・ソリアが左手で中途半端に弾いてしまい、ボールはペナルティーエリア内のカルバハルの方へ飛んでいく。カルバハルがこのボールを頭で直接叩くと、ソリアが慌てて上にかざした右手を越えて枠内に収まっている。

ビハインドを負ったヘタフェは、ここからシステムを4−4−2のようにして反撃を図る。昨季のように2トップの一角として最前線でプレーするようになった柴崎は、激しいプレッシングはもちろんのこと、ボールを保持した場合にはスルーパスを狙ったが、R・マドリー守備陣にあえなくカットされた。前半は1−0のまま終了している。

後半、ヘタフェは攻勢を強めて積極的にR・マドリー陣地に押し入るが、ゴールを決めたのはまたもホームチームだった。51分、アセンシオがジェネのボールを奪って左サイドを突破。折り返したボールをベイルが押し込んでいる。リードを2点に広げられたヘタフェのボルダラス監督は、58分に左サイドのアマトとの交代でストライカーのマタを投入。これに伴い柴崎は、1列下がって左サイドにポジションを変更している。一方R・マドリーのロペテギ監督はイスコをカセミロに代えて中盤の守備を強化している。

レアル・マドリーはその後、危なげなくパスを回しながらあわよくば追加点を狙うといった姿勢を見せ、ヘタフェは懸命にボールを追いかけ続ける。ボルダラス監督は65分に右サイドのポルティージョをイバン・アレホ、71分にストライカーのホルヘ・モリーナをアンヘルと、同じポジションの選手と代えて交代カードを使い切った。これに対してロペテギ監督は71分にセバジョスを下げてモドリッチを投入。ロシア・ワールドカップMVPで、今夏に移籍の噂もあったクロアチア代表MFは、ベルナベウから温かい拍手を送られている。

ヘタフェは75分、フル出場が確定した柴崎のパスカットを起点にカウンターを仕掛けたが、I・アレホの折り返しはアンヘルにわずかに合わず。それ以降はベイルをルーカス・バスケスに代えて、中盤の守備をさらに厚くしたR・マドリーを前に攻め手を欠くことになった。

終盤に入ると、モドリッチを攻撃の起点とするR・マドリーが一方的にペースを握るようになり、ヘタフェは守勢に回り続けることに。試合終了間際、ヘタフェは左サイドでフリーキックを獲得し、キッカーの柴崎がペナルティーエリア内にボールを送ったものの、これは簡単に跳ね返されてチャンスにはつながらなかった。結局、R・マドリーが2点リードを維持したまま、エストラーダ・フェルナンデス主審による試合終了のホイッスルを聞いている。

なおこの一戦のベルナベウの観客数は4万8446人と、リーガの試合では2009年5月のマジョルカ戦(4万4270人)以来、5万人を切っている。夏のバケーションや試合開始時間(現地時間22時キックオフ)の影響もありそうだが、マジョルカ戦がC・ロナウド入団直前の試合で、このヘタフェ戦が退団直後と、やはり前エースの存在も関係していそうだ。

■試合結果

レアル・マドリー 2-0 ヘタフェ

■得点者
レアル・マドリー:カルバハル(20分)、ベイル(51分)

Goal 2018/08/20 07:03
http://www.goal.com/jp/試合/レアルマドリー-対-ヘタフェ/レポート/8btbfq5kn3gkjaiksnnbct7ca

 

 

337 :2018/08/20(月) 04:10:55.30

スタメン
https://i.imgur.com/nLQu1kx.jpg

モリーナ前線で去年の序盤と同じ役割っぽいかな
守るために中盤厚くしたい感じだろうか

 

338 :2018/08/20(月) 04:13:37.55

スタメンかよw
頑張れ!

 

339 :2018/08/20(月) 04:17:24.14

またレアルからゴールきめたれ

 

341 :2018/08/20(月) 04:23:09.79

スタメンじゃねーかw
なんやかんや言ってボルダラスは柴崎を評価しとるよ

 

342 :2018/08/20(月) 04:39:33.05

評価はずっとしてるよ
それが本人のやりたいボランチではないってだけの話で

 

343 :2018/08/20(月) 06:02:27.43

前半は無難にできたな
得点からめそう

 

344 :2018/08/20(月) 06:03:45.76

ヘタフェプレシーズンの試合ガンガン蹴りまくってたのに今日は地味に繋げる事も多いな

 

346 :2018/08/20(月) 06:09:32.36

大崩れはしてないけどビハインド
どのタイミングでカード切ってくるにしてもまずいの一番に代えられるだろうしガッとやっときたいな

 

347 :2018/08/20(月) 06:13:42.66

柴崎試合には入れてるな
ボールも運んでるし小さな成長を感じる

 

349 :2018/08/20(月) 06:17:33.36

ボールポゼッションが80.4-19.6
どうしても守ってからのカウンターになっちゃう
やっぱ岳のポジションもう1つ下で見たかったな・・・

 

350 :2018/08/20(月) 07:05:47.90

最後自分で行こうとしたな
いいことだ

 

351 :2018/08/20(月) 07:07:13.64

後半更に押し込まれたなあ…早々の失点が痛すぎた
しかし正直開幕スタメンでもびっくりしたのにフルで出るとは

 

353 :2018/08/20(月) 07:08:56.18

フルで出たのは良かったろ。
つなぎの部分はうまいとこみせれたと思う。マタヤアンヘルが前で柴崎その後ろのほうがいいな。

 

359 :2018/08/20(月) 07:17:12.68

途中から出てきた選手は3人とも悪くなかったかな
ただ=ライバル増なんだけど
できればやっぱりアランバリ辺りに勝って後ろめで出たい所

 

366 :2018/08/20(月) 09:57:35.56

https://i.imgur.com/fAnz3hY.png
柴崎パス成功率60%台でキーパス0って酷いな
これプロが出す数字じゃないぞ
今回はレアル戦だからマーケティング面考慮してスタメンになれたが次はもうないな

 

367 :2018/08/20(月) 10:10:33.29

前行けるならバンバンミドル打てば良いと思う
アンヘルとアマトがこぼれツッコんで来るだろ

 

373 :2018/08/20(月) 14:06:06.54

途中から2トップみたいなポジションとってたし、最後は左サイド
たしかに売り出すためのショウケース的な使われ方していたような感じはあった
でもヘタフェで踏ん張って欲しいんだよね、全然通用してるんだから

 

374 :2018/08/20(月) 14:15:40.33

普通にフル出場してたけど移籍しないのかな?
試合に出れるなら移籍しなくてもいいかなと思うけど

 

引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1533169447/