カンボジア率いる本田圭佑が会見「ミッションが2つあります」

カンボジア率いる本田圭佑が会見「2つの使命」掲げ

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表MFで、オーストラリアの強豪メルボルン・ビクトリー入りする本田圭佑(32)が、サッカー・カンボジア代表の実質的な監督に就任した。

 12日、首都プノンペンでカンボジア・サッカー連盟(FFC)と本田が会見した。指導者ライセンスを持たず、何より現役選手であるため、本田は同国代表チームのゼネラルマネジャー(GM)的な立場でA代表の強化を取り仕切ることになる。

 本田の所属事務所によると、会見での本田のスピーチの一部は次の通り。

 「みなさん。こんにちは。会長、副会長、みなさん、このような場を用意していただきありがとうございます。

 先日、メルボルン・ビクトリーFCというチームと新しい契約を結んだばかりで現役サッカー選手は続けます。

 そんな中でカンボジアサッカー連盟に『現役を続けながらカンボジア代表監督をやることは可能か』と質問したところ、『本気で言っているならオファーをする』と言っていただき、この場に至りました。

 こういった形の契約は世界どこをみても、はじめての契約だと思います。そういった普通ではないやり方を受け入れてくれたことに感謝しています。

 私にとって初めての監督業になります。実際にはメルボルンでプレーするので、すべての試合に関われない可能性がありますが、可能な限りでカンボジアのサッカーに関わっていきたい。

 ミッションが2つあります。

 1つは、カンボジア・サッカー連盟、各チーム、育成年代のすべてが同じサッカースタイルをつくること。つまり、カンボジアのサッカーのスタイルを確立すること。それがミッションの1つです。

 これは日本でもすごく苦労していることです。目指すものがバラバラだと、みんなが違う方向に向かって、強いサッカーチームができあがりません。

 サッカーというのは今日、明日では強くならないので、しっかり目標を掲げ、そこにみんなが我慢しながら一緒になって進んでいくことを今回のミッションの1つとして掲げます。

 2つ目は、サッカーを強くするだけではなく、サッカー以外のカンボジアの素晴らしいところを世界に伝えていくことも私の使命だと思っています。

 何度もカンボジアに足を運んでいて、カンボジアの素晴らしいところをいくつも目にしてきました。文化、世界遺産、農業、そういったところを世界にアピールをしていくつもりでいます。

 さらに、1番の特徴であるカンボジア人のまじめなところ。日本人と共通する部分でもあると思うが、そこをアピールしていきたい。

 もう1度繰り返しますが、1つはサッカーのスタイルと確立すること。2つめは、サッカー以外のカンボジアの魅力を世界にアピールすることです」

日刊スポーツ 2018年8月12日16時58分
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201808120000500.html

カンボジアで会見した本田(中央)(C)HONDA ESTILO
https://www.nikkansports.com/soccer/world/photonews/photonews_nsInc_201808120000500-0.html

 

15 :2018/08/12(日) 14:45:39.13

全て中途半端で終わりそう

 

26 :2018/08/12(日) 14:48:57.25

本気の監督業じゃないとこが卑怯だよなあ

 

55 :2018/08/12(日) 14:54:43.52

東南アジアでも弱小なので引き上げ余地はありそう
タイなんかになると、あと一歩が難しい

 

57 :2018/08/12(日) 14:55:00.50

こいつが語った目標で実現したことないよな
レアルで10番とかW杯優勝とか夢物語みたいなことばっか言って後はほったらかし

 

71 :2018/08/12(日) 14:57:45.30

片手間で監督するのか
W杯出場を目指すチームでもないしお気楽だな

 

97 :2018/08/12(日) 15:01:54.91

実質的カンボジア監督の本田右腕はフェリックス監督(日刊スポーツ) – Y!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00297420-nksports-socc

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表MFで、オーストラリアの強豪メルボルン・ビクトリー入りする本田圭佑(32)が、サッカー・カンボジア代表の実質的な監督に就任した。

 12日、首都プノンペンでカンボジア・サッカー連盟(FFC)と本田が会見した。指導者ライセンスを持たず、何より現役選手であるため、本田は同国代表チームのゼネラルマネジャー(GM)として、A代表の強化を取り仕切ることになる。

 同時に、監督にはアルゼンチン人で日本の佐川印刷SCなどでプレーしたフェリックス・アウグスティン・ゴンザレス・ダルマス氏が就任した。

 母国アルゼンチンの最高位の指導者ライセンスを持つフェリックス監督は、本田の個人アシスタントとして、長い時間をともにし共通のサッカー観を持つ。この形で、実質的に本田が指揮を執り強化にあたる。

セホロペ・システムかよ

 

111 :2018/08/12(日) 15:05:12.61

どんな戦術かな?

 

127 :2018/08/12(日) 15:09:30.92

身の程知らずにも俺達のサッカーやってカウンターサッカーにフルボッコされる未来しか見えないw

 

156 :2018/08/12(日) 15:17:13.29

ホルンでもグダグダになって地元から反感持たれてんだろ

 

170 :2018/08/12(日) 15:20:21.76

代表監督なんてすげー暇だから片手間でできるよ

 

175 :2018/08/12(日) 15:21:22.61

まぁでも優先順位は結局自分なんだよな

 

178 :2018/08/12(日) 15:22:08.91

本田さんの監督としての手腕は未知数だけど
ホルンでは調子良かった監督の首を切って、後半戦から日本人監督を据えて二部に上がったが
成績不振でまた三部に逆戻りしたりしてるし、微妙な気がする

 

179 :2018/08/12(日) 15:22:58.91

イタリア紙に戦術を理解できないとバカにされていた本田が監督かw

 

197 :2018/08/12(日) 15:30:32.13

指導者経験ゼロの監督にコーチされるカンボジア人

 

228 :2018/08/12(日) 15:44:58.49

早速親善試合やろうw

 

238 :2018/08/12(日) 15:50:38.57

代表監督と言いながら勝たせる事を第一命題とせず
スタイルを作る事という曖昧な夢物語を掲げるだけ
一方でカンボジアの観光大使がやる事も使命と言う
要するにマーケティングマン
こいつのやる事は万事コレ

 

285 :2018/08/12(日) 16:16:54.20

カンボジア代表通算成績
28勝14分106敗(157得点443失点)
W杯通算成績
出場なし

FIFAランキング166位

 

303 :2018/08/12(日) 16:30:47.01

>>1
海外でS級ライセンス相当の実積あれば
日本国内でも監督出来るからな

 

309 :2018/08/12(日) 16:34:44.95

カンボジア代表のワタナカ選手が去年までJ3の藤枝にいた。

ただ戦力的に言えばJ3でも使えなかったようで。藤枝スレでは降格ないんだからカンボジアに藤枝市を売り込む形で使ってやれよって声があった。

 

316 :2018/08/12(日) 16:38:24.45

アジアカップだと対戦しないだろ

予選敗退レベルだし

 

334 :2018/08/12(日) 17:06:19.93

中途半端で投げ出して、カンボジアのサッカーを10年停滞させる予感・・・

 

336 :2018/08/12(日) 17:07:39.29

>>334
今のカンボジアに停滞も糞もないだろ

 

341 :2018/08/12(日) 17:11:41.38

>>336
まだ始まっちゃいねーからね

 

394 :2018/08/12(日) 18:13:30.85

監督    指導者経験がないアルゼンチン人
実質監督  指導者経験がない日本人

FIFAランク166位とはいえこんな布陣で大丈夫なのかよ

 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534052230/